おっぱいを大きくする方法をはじめ、胸・おっぱいを大きくするクリームやブラ、サプリメントをご紹介しています。おっぱいを大きくするツボ・マッサージ、筋トレ、食べ物・飲み物・食事などバストアップのお役立ち情報が満載です。

足裏ツボでバストアップ出来るのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

バストアップには様々の方法があります。

今回は、足の裏にあるツボを押すことによってバストアップに繋がるかどうかを調べてみました。

そもそもツボとは何なのか

ツボ,バストアップ,足裏ツボとは漢方医学で経穴とも呼ばれており、大きく分けると種類は二種類ありますが体の中に350個以上も点在するものです。

ツボと呼ばれていますが、体に何らかの不具合が現れた時にその部分が見つけやすくなります。

簡単に言うと健康な人のツボを押しても何も痛くないのですが、何かしら体に不調がある人のツボを押すと痛いです。

ツボを優しくマッサージすることによって、体の機能を正常に保つことができます。

バストアップと足裏ツボの関係について

ツボ,バストアップ,足裏胸が大きくなる方法と足裏のツボは何か関係があるのでしょうか?

実は足の裏に直接バストアップに関係するツボはありません。

それならバストアップと何も関係がないじゃないかと怒るかもしれません。

直接関係はないのですが、バストアップに重要な働きをしてくれる手助けをしてくれます

なぜ女性ホルモンの他に温かい体温が必要なのか?

ツボ,バストアップ,足裏バストアップといえば女性ホルモンと似たような成分のサプリメントを飲む人が多いでしょう。

プエラリアなどが人気なのですが、月経のリズムが狂ってしまうなどの副作用もあります。

副作用の心配がほとんどないのがツボ押しです。

サプリメントの料金もかかりませんし、月経が狂ってしまうというリスクもありません。

自分のバストのことで悩んでいる人のほとんどが、体温が低いです。

極端に言うとバストで悩んでいて平熱が36℃以上ある人はあまりいないでしょう。

低体温の人は体の手足が冷たく、女性ホルモンをうまく作り出すことができず、体の中のゴミである老廃物を外に出せません。

女性ホルモンがうまくできないと、どんなにバストの周りをマッサージしても、足裏のツボを押してもバストアップは成功しません。

女性は暖かい体温がないと正常に妊娠することも、正常に女性ホルモンを作り続けることもできないのです。

バストアップに必要なのは女性ホルモン健康的で温かい体温老廃物を体に押し出す力、この三つがとても重要になります。

この三つともが足裏のツボを刺激することによって、バストアップを手助けしてくれるんですよ。

足裏のおっぱいが大きくなるツボとは

ツボ,バストアップ,足裏胸を大きくする方法で、先ほど直接のツボは足裏にないと言いました。

けれども私の体の体温を上げてくれるツボが無数にあります。

右足の部分には特に冷えを改善してくれる場所がたくさんあるので、初めての人は右足の足の付け根から始めてみましょう。

右足の足の指の間に、手の指を一本ずつ差し込んで行きます。

簡単に言うと足の指の間に手の指を一本ずつ入れて間隔を広げるだけです。

慣れない人には少し痛いのですが、慣れてくるととても心地よく痛みが少なくなってきます。

初日は痛いと思うのであまり手を動かすことなく、足の指の間に手の指を交互に入れて、血流が良くなるよう温めるだけで大丈夫です。

気がつくと思いますが、ツボの上に手を置くだけで暖かくて気持ちよくとても心が安らぐと思います。

できれば反対側の左足にも同じことをします。

痛みがあったり気分が悪くなったらすぐに中止して、横になって血流が落ち着くのを待ちます。

【足裏ツボ実践】

左足の親指を使ってバストアップをしてみよう

左足の親指の裏には、ホルモンバランスを上手に保ってくれるツボがあります。

押しすぎると逆効果なのですが、左足の親指の裏を温めるように気持ちよくなるように押すのはバストアップにつながります。

足の指の裏をきちんと温めて、老廃物を取り除くことによって女性ホルモンを正常に分泌させるのが狙いです。

足裏のツボをマッサージすることで、バストアップ以外にも老廃物を正常に体外に出すという利点もあります。

老廃物を正常にリズムよく出せるようになると、足の指先や手の先の冷えが改善されるので健康にもいいです。

足裏のツボがよく分からない初心者の方へ

ツボ,バストアップ,足裏おっぱいが大きくなるツボを探してもよくわからない人は、初心者でもできる簡単な方法を試しましょう。

ツボは人によっては押しても変化がない、どこが都合なのかがそもそもわからないという人もいます。

分からない人はとりあえず、足の裏を手のひら全体を使って摩擦熱でスリスリスリスリ温めます。

少し強めに撫でることで、足全体のツボを刺激して冷えを改善することができます。

実際にこの方法をやると顔からも汗が吹き出して、自分の体温が上がっていることにすぐに気がつきます。

この足の裏の撫でる行為は、ヨガをやったことがある人なら行ったことがあると気がつく人もいるでしょう。

簡単にできる冷え性改善と、足全体のツボの刺激方法なので間違えようがありません。

足全体を刺激することによって、老廃物を体外に出すことや、体の冷えを改善する狙いがあります。

簡単な方法なのですが、意外に毎日継続するのは難しいです。

朝体が冷えているときや、着替える前とか、夜眠る前など体を温めたい時にこの方法をやるのもいいです。

とにかく体が冷えすぎるとバストアップにはよくないし、他のすべての病気に対しても良い事は一つもありません。

足裏のツボを刺激する時の注意点

ツボ,バストアップ,足裏胸を大きくする方法で、足裏のツボを刺激する時には注意することがあります。

手のひらと足の裏には、思ったよりもたくさんのツボが点在しています。

ツボは静脈の上にあったり血流の上にあったりするので、刺激することによって血液の流れが激しく変化することもあります。

心地よい変化ならいいのですが、気分が悪くなってしまったり吐きたいような気持ちになってしまう人も中にはいます。

そうならないように食事をした後はやりません

食後は血糖値が著しく上がり、血液の量もいつもより増えます。

そんな時にツボを刺激すると、気分が悪くなってしまうのでこの時はやりません。

目安としては食後30分くらい過ぎて、血糖値が落ち着いたときにやり始めます。

プロのもみほぐしの店舗でやってもらった方が効果があるのか?

ツボ,バストアップ,足裏

バストアップを目的に足裏のツボを押すなら、プロの人にやってもらった方がいいのでしょうか?

答えは<span class=どちらも効果があります。

どちらかと言うとプロの人に足裏ツボでバストアップと言うと、そういうのは期待できませんと言われることもあります。

どうしてもお客さんに対しては正しいことを言わなくてはならないので、足裏ツボはサポートになりますが直接バストに響くわけではありません。

女性ホルモンの正常な分泌を促したり、正常な体温を保つ働きは足裏ツボのマッサージでできます。

サポート的な役割になるので、店の人に理解してもらうのは難しいかもしれません。

もう一つ足裏ツボのマッサージは、一回きりではなく継続して行うことによって効果が現れます。

店に通うとなると時間を作ったり、お金がかかったり、予約を取らなくてはならないのでなかなか毎日は難しいです。

自分で自宅でやる足裏ツボ押しは、一人きりでできるので簡単です。

たまにプロの人のツボ押しをしてもらうのもいいですが、家でやるだけでも十分に効果があるでしょう

余裕がある人は定期的にもみほぐしなどに通うのもいいでしょう。

足裏ツボの青竹踏みは効果があるのか?

足裏ツボといえば、青竹踏みを思い浮かべる人もいるでしょう。

今は本物の竹ではなく、100均で手軽に買えるような突起がたくさん付いた青竹踏みが主流です。

実際に踏んで見ると、私にとっては悶絶するほど痛いです。

自分の体重ぶんのツボ押しの力になるので、人によっては耐えられない痛さになります。

足裏ツボを手で押す場合は調節できますが、青竹踏みの場合はその人の体重がもろにかかるので私はお勧めできません。

おすすめ云々の前に、とても痛くて耐えられません。

青竹踏みが心地よくて、作用があり体温を上げるのに役立つと感じるぐらい健康な人にはいいでしょう。

通常の人はそれなりに体重があるので、バストアップのために青竹踏みはあまり効果がないように思います。

足の右足と左足ではツボの種類が違う

ツボ,バストアップ,足裏足の右足と左足では、実は効果が違ってきます。

今回はバストアップを狙って足裏ツボのマッサージをするのですが、この場合は左と右は同じように同じことをして大丈夫です。

本来ならそのツボにあった押し方をするのですが、カープのためにリンパの流れを良くしたり血流を良くするのが狙いなのでそこまで難しく考えなくて大丈夫です。

それでも知りたいという人もいるでしょう。

具体的に右足の指の付け根には、身体全体の冷えを改善するツボが点在しています。

通常は右の部分だけを刺激すればいいのですが、同じように左足の同じ部分を刺激することで身体全体が温もります。

左足の方は冷えではなく、精神の安定を司る者が点在しています。

左側の指の部分をマッサージしていると心が落ち着き、リラックスする効果もあるんです。

冷え性改善とリラックスで、バストアップのサポートにつながります。

足の裏のツボを刺激してはいけない時

ツボ,バストアップ,足裏足の裏には様々な神経が集中していますが、ツボ押しをしてはいけないときがあります。

病気のときや、風邪をひいて熱がある時は触ってはいけません。

体の体調が悪い時は私たちの体の中では、私たちが手を出してはいけない戦いが行われています。

体の機能を邪魔するようなことを外からしてはいけません。

足の裏に怪我をしていたり、捻挫、骨折、筋肉痛などの痛みがある時も絶対にしてはいけません。

蕁麻疹などの湿疹があるときも駄目です。

ツボ押しはあくまでも元気で、怪我や病気がない時なら行っても構いません。

いつでもできるものなので、ご自分の体調が良い時にリラックスした状態で行うのがベストです。

やりすぎも禁物で、痛みが出るほど強く押しすぎるのもだめです。

少し痛いけれど気持ちいいと感じる状態が数秒で十分効果があります。

何十秒も押し続けたり、南分館も同じ場所を押し続けると逆効果なのでやりすぎないように注意しましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。