おっぱいを大きくする方法をはじめ、胸・おっぱいを大きくするクリームやブラ、サプリメントをご紹介しています。おっぱいを大きくするツボ・マッサージ、筋トレ、食べ物・飲み物・食事などバストアップのお役立ち情報が満載です。

胸が小さい悩みについて|中学生・高校生別でご紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -

中学生や高校生で胸が小さい理由

中学生,悩み,胸が小さい,高校生女性は、中学生から高校生になる時期が、もっとも胸が大きくなると言われています。年齢で言うと、約10歳から15歳の間。初経後おおよそ3年ほどかけて丸みを帯び大きくなる傾向があります。

この中学生の時期に胸が小さいのには他にも理由・原因があります。
胸の大きさは遺伝もありますので、もちろん皆が大きくなるわけではありませんが、改善できる原因であるならきちんと改善して、胸が小さい理由をひとつひとつ取り除いていきましょう。

まず、胸が小さい理由に大きく4つが挙げられます。
それは「食事」「睡眠」「運動」「ストレス」です。

1.食事

特にナイーブな時期が多い思春期である中学生・高校生にとって、胸の大きさと同じように大きなテーマとなるのが「体形」「ダイエット」です。
あまりに体形を気にし過ぎてしまい、過度なダイエット、食事制限をした結果、栄養不足になり、結果的に胸が小さい原因のひとつになってしまいます。

胸の発育には、食事をとおして十分な栄養を取れていることがとても大切です。

バストアップ成分として、よく言われているイソフラボンプエラリアなどももちろん重要ですが、それ以上に、一般的な家庭の食生活で栄養を十分に摂る事も大事なんですね。
胸が小さい理由にもなるため、無理なダイエット・食事制限は止めて、毎日の食事をしっかりと摂ることが大切です。

2.睡眠

食事と同様に、成長期に十分な睡眠をとっているかどうかも、胸の大きさには大きく関わってきます。
スマホなどの普及によって、中学生でもスマホ・電子機器を持っている子は少なくありません。
スマホのせいで夜中まで起きている子も多く、結果的に睡眠不足になってしまい、胸が小さい理由の一つになっています。

人間、特に中学生や高校生など成長期の女性にとって、22時から3時までのシンデレラタイムは、成長ホルモンが分泌されるとても大切な時間帯です。
この時間帯に寝ていないと、成長不足、結果胸が小さい大きな原因になってしまいます。

スマホを通じて、ゲームやSNSなど魅力のあるツールに誘惑される気持ちもとてもよく分かりますが、大切な中学生・高校生の時期に健やかに成長するために、胸の小さい理由を無くすためにも、睡眠不足を極力なくすようにしましょう。

3.運動

食事と睡眠ほどではありませんが、運動不足も胸が小さい理由のひとつとなりえます。
成長期である中学生・高校生の間に、適度な運動を行う事で、体はもちろん、胸の発育にも影響すると言われています。

十分な栄養を摂り、十分な睡眠をとった状態で、しっかりと体を動かすことで、それらの効果を十分に発揮することができます。
よく食べ、よく寝ることはもちろん、それだけでまったく動かない生活を続けてしまうと、逆に不健康になる可能性もあります。

激しい部活動を毎日続ける必要はありませんが、外で遊ぶ程度でも、適度に体を動かすことで胸の発育にも良い影響を与えます。
食べることも寝ることも好きで、栄養不足も睡眠不足も無関係なのに胸が小さい…とお悩みの女性は、一度、ご自身の運動状況、体を動かしているか?にも意識を向けてみてください。

4.ストレス

胸が小さい原因のひとつとして侮れないのが、このストレスです。中学生・高校生にとっては、学校・友達間の人間関係というのは大きなストレスとなりやすい環境です。
友達、恋人、先輩後輩、先生、家族との人間関係によって、あまりに大きなストレスを受け続けることで、当然体の成長にも悪影響が出てしまいます。
結果的に、胸の発育が遅れ、胸が小さい理由にもなってしまうんですね。

学校に行き、家庭で生活をする以上、人間関係から離れることはできません。
まったくストレスフリーな生活を続けることは難しいですが、避けられるストレスは極力触れないようにして、できるだけストレスの少ない生活をするよう意識しましょう

また、ストレスをゼロにすることは難しくても、それらを遊びや運動、食事や睡眠などで緩和・解消することは可能です。
ストレスを受けるのを極力避ける努力をすると同時に、ストレスを少しでも発散できるよう意識することも、胸が小さい原因を取り除くためにとても大切です。

胸が小さいとお悩みの中学生でも、大きくする方法はあるの?

中学生,悩み,胸が小さい,高校生思春期の女の子が、自分の身体のことで悩むことは、
決して珍しいことではありません。

ニキビが出来やすい、髪がクセっ毛である…などなど、
たくさんのことに悩んでいると思います。

思春期真っただ中の中学生の悩みの一つに、
胸が小さいということもあるんですよ。

年々、初潮を迎える平均年齢が低くなっているため、
中学生でも大人と同じくらい胸が大きな子も珍しくありません。

多感な中学生という時期ですから、
友達と比べて胸が小さいという悩みを抱えている子が多いんです。

体育の前や修学旅行など、
友達と同じ場所で着替えるシーンも多く、
そのたびにコンプレックスが刺激されて辛い…と、
真剣に思い悩む子もいるそうです。

では、胸が小さいと悩みを抱える中学生でも、
胸を大きくすることは出来るのでしょうか?

それは身体の成長を妨げるものにはならないのでしょうか?

そこで今回は、胸が小さいと悩みを抱える中学生でも
胸を大きくする方法があるのかどうか、ご紹介いたします。

ぜひ、最後までご覧になってくださいね。

バストサイズをアップさせる、正しい方法とは?

良質な睡眠をたっぷりと

中学生は身体が大きく変化する成長期です。

胸が小さいという悩みを抱えている子でも、
身体が成長する大切な時期なんですよ。

成長ホルモンや胸大きくするための女性ホルモンは、
睡眠によって促され、分泌されると考えられています。

ゴールデンタイムと言われる深夜0時〜2時の間に
ぐっすりと眠ることで、胸の成長が促されますよ。

身体にフィットするブラジャーを

胸が膨らみ、大きくなるという自分の身体の変化に
戸惑ってしまう中学生は少なくありません。

そろそろブラジャーが欲しくても、
恥ずかしくて母親に中々相談出来ないという子も、
多くいることでしょう。

しかし、身体にフィットする正しいサイズのブラジャーは、
胸が小さいという悩みを解決するには必要なことなんですよ。

中学生のうちはどんどん大きくなりますので、
すぐにサイズが合わなくなりますが、大きくなることを見越して、
身体に合わない大きなブラジャーを付けることは厳禁です。

胸のラインを支えることが出来ないだけでなく、
サイズの大きいブラジャーは胸が小さいという悩みを
より目立たせてしまいます。

中学生という多感な年ごろでは、
ブラジャーが欲しいと言ったり、サイズを測ってもらうことが
恥ずかしいと感じてしまうかもしれませんが、
自分の正しいサイズを知ることは、恥ずかしいことではありません。

きちんと、身体にフィットするものを選んでくださいね。

胸が小さいという悩みを抱える高校生に、オススメの対策方法は?

中学生,悩み,胸が小さい,高校生高校生活のうち、クラスメイトの前で服を着替えるという機会は、
思っているよりも多くあります。

体育の授業や部活、修学旅行などがありますよね。

その時、クラスメイトと比べて、
自分の胸が小さいという悩みを抱えている高校生は、
少なくありません。

少しでも大きく見せられるようにと、
盛りブラを使っている子も多いそうですよ。

中学生のころと比べて、身体付きが大人に近付く高校生ですが、
その成長速度には個人差があります。

ですから、胸が小さいと悩みを抱え込み過ぎず、
成長を促す生活習慣を実践してみませんか?

まだまだ成長する可能性を秘めている高校生の時期に、
正しい生活習慣を取り入れることで、
胸が小さいという悩みが解決するかもしれませんよ。

そこで今回は、胸が小さいと悩みを抱える高校生に
オススメの対策方法についてご紹介していきたいと思います。

ぜひ、最後までご覧になってくださいね。

胸が小さいと悩みを抱える高校生の方へ

バランスの良い食事を心掛けよう

高校生の頃は、自分の体型が非常に気になる時期でもありますよね。

友達と比べて自分の方が太っているのでは?と、
そんな悩みを持つ女の子は少なくありません。

自分の理想とする体型に近付くため、
ダイエットに挑戦することは悪いことではありません。

しかし、ダイエット中だからと極端に食事を減らしたり、
○○しか食べないというような偏ったメニューは厳禁です。

バランスの良い食事が摂れていないと、
身体に十分な栄養が回らず、栄養不足の状態に陥ります。

これは胸の成長にとっても、大きなマイナスになってしまいます。

食事から摂取する栄養素は、
胸だけでなく筋肉や臓器、骨の成長を促すためにも必要です。

三大栄養素を意識したバランスの良い食事を摂ることを、
いつも心掛けてくださいね。

ぐっすり眠ることが大切

高校生と言えど、学校生活以外に部活や塾、習い事などで、
毎日忙しく過ごしている子も多いと思います。

学校の課題などをこなすためだったり、
友達や彼氏と夜遅くまで電話をしていたりと、
睡眠時間が短いという子も珍しくありません。

しかし、胸が小さいと悩みを抱える高校生にとって、
睡眠不足は大敵なんですよ。

成長ホルモンを分泌するためのゴールデンタイムは、
22時〜深夜2時までだと言われています。

この時間に深い眠りについていることで、
胸の成長も促されるんですよ。

さすがに22時に就寝は難しいかもしれませんが、
遅くても0時ごろまでには就寝出来るように、
生活習慣を見直してみてください。

さいごに〜中学生・高校生で胸が小さいとお悩みの方へ〜

中学生から高校生にかけては、もっとも胸が大きくなるとされている時期ですが、この時期に周りの子と比べて胸が小さいからといって悲観する必要はありません。

胸が大きくなるのは個人差が大きく影響していますので、中学生・高校生の間に胸が小さくてもその後成長する方もいらっしゃいます。

特に、胸が多きなるために必要な受容体(ホルモンバランスなど)が完成するのが、人よりも遅い女性は、高校生になってから、20代を超えてから大人になってからの方も普通にいます。

特に、ホルモンバランスはストレスによって崩しやすいので、中学生・高校生の間に胸が小さいからといって気にし過ぎず、ドンと大きく構えて、むしろ開き直って、「私の胸は大器晩成タイプなんだから、大人になったらきっと大きくなる♪」と思っているくらいがおすすめです。

大切なことは、小さなことでクヨクヨ悩んで、自分でストレスの種をまいて育ててしまったり、睡眠や栄養、運動不足など、胸が小さい原因を作ってしまう事です。それら胸が小さい原因を一つずつ取り除いていけば、きっと中学生や高校生のうちに胸が小さかったとしても、いつの日か満足できる旨の大きさを手に入れられる日がきますよ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。