おっぱいを大きくする方法をはじめ、胸・おっぱいを大きくするクリームやブラ、サプリメントをご紹介しています。おっぱいを大きくするツボ・マッサージ、筋トレ、食べ物・飲み物・食事などバストアップのお役立ち情報が満載です。

バストが大きくならない理由・女性の胸が小さい原因を徹底解説



 
バストが大きくならない理由
この記事を書いている人 - WRITER -

ふと鏡を見た時に、自分のバストの大きさでがっかりすることありますよね。
また、ビーチで水着になった時、他の女性の胸を見て、自分とついつい比べてしまうこともあるでしょう。

そのように、胸が小さいことで悩んでいるという女性は、非常に多いと思います。

バストが大きくならない、おっぱいが他の女の子と比べるとかなり小さい!と悩んでいる女性は、多いもの。
バストが大きくならない原因は、いったいなんだろう?と頭を抱えている方は、あなただけではありません。

バストのお悩みは女性共通

バストが大きくならない理由

多くの女性は、胸の形、バストのサイズで頭を悩ませているもの。
マッサージは、筋肉トレーニング、食事療法など、様々な対策を試してはいるけれど、どうすればバストが大きくなるのか、いまだにはっきりしないという方も少なくありません。

バストが大きくならない、バストを大きくするためには、バストが大きくならない理由・バストが小さい原因について、しっかりと知っておくことが大切です。
あなたが知っているような基本的なことだけでなく、考えたことのなかったような要素が原因になっていることも、ありえます。

では、バストが大きくならない理由・バストが小さい原因とは何なのでしょうか?今回この記事では、そのような点について、調べてまとめてみました。
胸の大きさで悩んでいるという女性、バストを大きくしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

バストが大きくならない原因とは?

では、多くの女性が悩んでいる胸のサイズ、つまりバストが小さい原因とは何なのでしょうか?
具体的に一つずつ、代表的なものからあまり知られていないものまで、取り上げていきます。
自分に当てはまるかどうか考えながら、是非参考にしてみてくださいね。

女性ホルモンの分泌量

バストが大きくならない理由

女性の胸のサイズバストが大きくならない理由として考えられるのは、女性ホルモンの分泌量やバランスです。
女性の体は、年齢やホルモンバランスによって、変化すると言われています。

年齢を重ねても美しい人の秘密は、女性ホルモンと言われている程、女性の体と女性ホルモンには深い関係があるのです。

女性ホルモンの働き

エストロゲンは、女性らしさの特徴とも言われていますが、それにはどのような働きがあるのでしょうか?
女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという二つの種類があります。プロゲステロンとは、子宮内膜を厚く保ったり妊娠状態を維持するために必要なホルモン。

その反面、エストロゲンと言われるもうひとつの女性ホルモンには、髪や肌のハリ、おっぱいを大きくするなど女性らしさを生んでくれるという特徴があるんです。
この二つのホルモンは、生理前後に低下するものですが、1年を通しても、大きく変動するものです。

実は、女性ホルモンは多く分泌されると思いがちなのですが、一生のうちに分泌されている女性ホルモンの量は、なんとティースプーン一杯程度とごくわずか。
それでも、その少しの量の増減が体調に大きな影響を与えるのですから、この女性ホルモンのパワーというのは非常に強いと言えるでしょう。

この女性ホルモンがガクンと減ってしまうタイミングで、体の不調を感じるのが、更年期障害です。

バストが大きくならない理由、バストが小さい原因として考えられるのは、女性ホルモンが少ないということです。
女性ホルモンの量が多ければ多いほど良いというわけではなく、二つのバランスが整っている事が大切

女性ホルモンのエストロゲンは、主に脂肪組織の中で作られるので、太っている人の方が分泌量が多いといえるでしょう。
しかし、バストが大きくならない原因・女性の胸が小さい原因として大きく影響しているのが、思春期から成人期にかけて分泌される女性ホルモンの量です。

この時期に、女性ホルモンが大きく分泌されればされるほど、バストサイズがアップすると言えるんです。
人によって、もちろんホルモンの分泌量は違ってきますが、ストレスや生活習慣・食事の習慣などによっても、女性ホルモンの分泌は妨げられてしまいます。

日本人の女性に多いバストが大きくならない理由としては、そんな大切な時期に、大きなストレスを抱え、ホルモンバランスが乱れがちだということ。
思春期は、女性ホルモンの分泌をしっかりとを促し、胸を大きくさせる大切な時期ですが、部活動や受験などでプレッシャーを感じることで、女性ホルモンの分泌が妨げられてしまうケースが多いようです。

バストが大きくならない理由

バストのサイズを決めているのは、30%ほどの遺伝要素と、70%ほどの生活習慣要素
様々な食事や眠り、ストレスの習慣が女性ホルモンの分泌・バランスに影響を与えるのです。

18歳から20歳辺りが、女性ホルモンの分泌量のピークとなり、その後は、徐々に分泌量が減っていきます。
成長期に女性ホルモンの分泌が妨げられてしまうことが、胸が小さい原因・バストが大きくならない理由と言えそうです。

反対に言えば、女性ホルモンがきちんと分泌され、バランスよく働くことで、誰でもある程度おっぱいを大きくすることができるというわけです。

姿勢の悪さ

バストが大きくならない理由

実は姿勢が悪いことが、バストが大きくならない原因・胸が小さい原因といわれています。
ぱっと聞いただけでは、姿勢とバストの大きさに深い関係はなさそうなのですが、実は姿勢の悪さは、バストに様々な悪影響を与えるんです。

反対に言うと、バストアップという目標を達成するためには、普段の姿勢を意識改善していく必要があるというわけです。
では、姿勢はどのようにバストへの悪影響があるのでしょうか?正しい姿勢はどのようにして、作ることができるのでしょうか?

姿勢の悪さがバストに与える影響

姿勢の悪さがバストに与える影響の一つは、血行が悪くなることで、胸に栄養が行き届かなくなるということです。
姿勢が悪いと、体の様々なところに不調を感じるものですが、その理由の一つは、血管が圧迫されること。

そして、内臓が正しい位置に収まらなくなるということです。体全体の血液の流れも悪くなるため、バストに必要な栄養が行き届きにくくなるんです。
血液の働きの一つは、老廃物を排出することと、栄養、そして酸素を体の中で運ぶ役割。

姿勢が悪くなってしまうと、バストに必要な栄養酸素が行き届かないため、必要な成長が滞ってしまい、バストが大きくならない理由となります。
また、猫背になってしまうと、大胸筋という筋肉が使われなくなり、どんどんと衰えていってしまいます。

バストが大きくならない理由

猫背まではいかなくても、少し姿勢が悪くなるだけで、大胸筋というバストの土台、つまりバスト全体を支えてくれている筋肉が、少しずつ衰えていきます。
バストは、とっても重いもの。筋肉が弱ると脂肪や皮膚を支えきれなくなるため、バストが小さい原因になるだけではなく、バストが垂れ下がり、形まで崩れてしまうんです。

背筋や腹筋など、身体全体の体幹も弱ってしまいますので、アンダーバストに脂肪がつきやすくなってしまい、バストサイズ全体が下がってしまいます。
スタイルが良く見えなくなり、良いことは何もありませんので、姿勢の悪さは女性にとって大敵と言えるでしょう。

下っ腹がぽっこりと出てしまっている方や、バストが小さいと悩んでいる女性は、まず姿勢を見直してみることが大切です。

サイズの合っていないブラの使用

バストが大きくならない理由

これを強く意識しているという方は少ないのですが、サイズの合っていないブラを使用すると、バストが大きくならない理由、バストが小さい原因となってしまいます。

女性の胸を支えてくれる大切な役割をしているのが、ブラジャー。
正しいサイズのブラを正しい方法で使用すれば効果がありますが、正しい使い方をしなければ、逆効果にもなってしまうということがいえます。

女性にとっては、このサイズ選びがとても大切なアイテム・ブラジャーは、バストアップに欠かせないアイテムです。
実は、なんと、約70%を超える女性が正しいブラのサイズを知らないと言われています。

下着の正しいサイズについて知らない女性が多いため、それがバストが大きくならない理由の大きな側面といえそうです。
では、ブラのサイズが合っていないと具体的に何が起こるのでしょうか?

見た目年齢が老けちゃうかも

サイズの合わないブラを着けていると、バストが大きくならない理由になるだけではなく、見た目年齢が老けてしまいます。
それは、トップの位置が下がること、胸自体が開いて見えてしまうことなどが関係しています。

実はバストのトップの位置を高く見せること、そして胸をふっくらと整えるだけで、見た目年齢が4歳ほど若くなるという調査結果が出ているほどです。
サイズの合わないブラをつけることは、バストが大きくならない理由、胸が小さい原因となるだけではなく、見た目年齢にも影響すると言えそうです。

背中に段差が生まれる

他の人のブラを見ていて、一番気になるポイントのひとつとも言われているのが、背中の段差
ブラが透けている時に、背中の段差が見えると、太って見えたり、やはりキレイには見えませんよね。

カップのサイズが小さいと、ブラの全体が前に寄ってしまうため、脇や背中の段差の原因になってしまうことがあります。
脇に段差が生まれる、背中に段差が生まれるということは、バストが正しい位置に保たれていないということです。それは、バストが小さい原因と言えます。

胸の形が崩れる

胸が大きくならない原因、バストが小さい原因の一つは、間違ったサイズのブラジャーを着用していること。
しかし、その他にも形が崩れるというデメリットがあります。

形を作り、垂れてしまうその状況から守ってくれるはずのブラジャーが、本来の働きを発揮できず、逆に胸の崩れの原因になってしまうことがあるんです。

合わないブラジャーのせいで本来綺麗に保たれるべき胸の形が崩れてしまっている人は、意外と多いもの。
本来つけるべき大きさよりも小さなブラジャーを着用している場合、必要以上に組織を押さえつけてしまい、中の組織が壊れてしまいます。
血液の流れリンパの流れも悪くなってしまうため、胸に必要な栄養や酸素が行き届かなくなり、ハリを失うだけではなく、形全体も崩れてしまうんです。

反対に大きなブラジャーを着けていると、本来胸についていたはずの脂肪が背中・お腹・脇などに流れてしまうでしょう。
本来胸であるべき脂肪が、体の他のパーツに流れてしまって胸が小さくなる原因にもなるんです。

血行不良から胸に栄養や酸素が行き届かず、バストが大きくならない理由・胸が小さい原因ともなるんです。

栄養不足

バストが大きくならない理由

バストが小さい原因、バストが大きくならない理由としては、栄養不足が考えられます。
バストの大きさ・形で悩んでいる人の食生活には、ある共通点があるとも言われているほどですが、その答えは栄養不足。

美しいおっぱいを育てるためには、肋骨を整えたあと、質の良い食事をとることが大切です。
おっぱいの主な材料は、もちろん脂肪。脂肪の摂取はもちろん必要ですが、それだけではなくそれを支える筋肉なども大切です。

体に歪みがある状態で食べると、胸が大きくなるどころか太ってしまうだけの結果になるかもしれません。それで、体の歪みを取ることはもちろん大切です。
体の歪みを取った後は、質の良い食事が非常に大切。一つの物に執着して、それだけを偏って摂取するのではなく、バランスよく食べることが大切です。

身体は食べたものからできている

バストが大きくならない理由、女性のバストが小さい原因について考えるとき、覚えておきたいのは体は全て繋がりあっているということです。人間の体は、食べたものからできています。
それで、おっぱいを大きくするためには、きちんとした栄養バランスの整った食習慣をもつことが大切です。

それで、第1に、何でもバランスよく食べるということが大切です。食習慣というのは、薬ではありません。
一般的に、これを食べれば胸が大きくなると言われている食材を取り入れることは大切ですが、その一つの食材だけを食べていれば、栄養バランスが乱れてしまうのは目に見えていますよね。

バストが大きくならない理由について考えすぎてしまうと、偏った食習慣に走ってしまうことが考えられますが、バランスよく食べることが一番重要だと覚えておきましょう。

また、これを食べていれば必ずバストアップするという食べ物は、まず存在しません。
サプリメントなどでそれらを補っていたとしても、きちんとそれが吸収できる体の状態でなければ、意味がありません。

あくまでも、バランスの良い食習慣を保ち、食べたものを無駄なく体内に吸収できる状態にしておくことが大切なんです。
具体的に、食材であれば、大豆イソフラボンなどがおすすめされています。

バストが大きくならない理由

ただ、大豆イソフラボンを女性ホルモンとして働く形に変化させる酵素を、日本人の半分ほどが持っていないと言われているのです。
ですから、大豆イソフラボンだけを摂取していれば、大丈夫とは言えなさそう。

良質なたんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく摂っていくことが必要です。
コラーゲンを含んでいる食材やビタミンを摂取できる野菜なども、積極的に摂りましょう。

また、海藻類やキノコ類も大切。良質なオイル、亜麻仁オイルやエゴマオイルなどを積極的に摂取することで、肌のハリも保つことができるでしょう。

なお、バストを大きくする食事についてはこちらでもご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
おっぱいを大きくする食事・メニュー・レシピ

栄養素を吸収できる身体に

バストが大きくならない理由

また、バストが大きくならない理由、バストが小さい原因の一つとして、発酵食品が摂取できていないことが考えられます。
栄養摂取しても、腸内の環境が整っていないと、その栄養素を体の中で吸収できないからです。

バストアップの為に摂取する様々な栄養素を身体のなかに吸収するためには、発酵食品で腸内環境を整えることがおすすめ。キムチや味噌、納豆、ヨーグルト、チーズなどが身近で効果的です。

睡眠不足はバストアップの大敵

バストが大きくならない理由

睡眠をとることが、体の健康や美肌を保つために必要だということは、よく知られていますよね。
しかし、睡眠が不足しているとバストが大きくならない理由、バストが小さい原因になってしまうということをご存知でしたか?

反対に言うと、質の良い睡眠をしっかりと取ることができれば、バストが育ちやすい環境を作ることができるんです。
では、睡眠とバストアップには、どのような関係があるのでしょうか?大切なのは、成長ホルモンです。

睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌され、背が伸びるということを、小さい時によく言われたという方も多いでしょう。

成長ホルモンの分泌

バストアップを考える上で、女性ホルモンと同じほど大切だと言われているのが、成長ホルモンです。
この成長ホルモンが、十分に分泌されないと、バストが大きくならない理由・バストが小さい原因となります。

実は、成長ホルモンを増加させることによって、バストアップができる効果が期待できます。
実は、25歳くらいまでは女性ホルモンと成長ホルモンの分泌が多い時期
この年齢の時期に、遅くまで起きていたり、睡眠不足が続いていると、女性ホルモンの量だけではなく成長ホルモンの量も少なくなるため、バストが大きくならない理由となってしまうのです。

実は、この成長ホルモンは、乳腺に働きかけるという特徴があります。乳腺は、おっぱい全体に張り巡らされているもの。
成長ホルモンが、乳腺にあるラクトゲン受容体というものに作用すると、バストの張りが改善され、胸が大きくなる効果が期待できます。

胸が小さいという人は、ラクトゲン受容体が成長していないため、おっぱいの成長がまだ終わっておらず、バストが小さい原因となっているという可能性もあります。
大切なのは、7時間以上の睡眠をとること。バストアップを目指しているなら、最低でも7時間は確保したいものです。

 

バストが大きくならない理由

特に、夜の睡眠時間の中でも、バストが小さい原因、バストが大きくならない理由になっているのが、夜更かし。
女性にとってのゴールデンタイムと言われているのは、夜の10時から夜中の2時までです。このゴールデンタイムと言われている4時間のうちに、質の良い睡眠をとることで、バストアップが期待できます。

ただ寝るのではなく、寝る時間も、とても大切なんですね。この時間帯は、成長ホルモンが一般的に活発に出る時間帯と言われています。
寝る時にうつ伏せで寝てしまうと、体重のせいでバストが潰れてしまうので、仰向けで寝るようにも意識しましょう。

過度なダイエット

バストが大きくならない理由

女性に多い、過度なダイエットが原因でバストが大きくならない事があります。
また、大きかったバストが小さくなってしまったのも、ダイエットがきっかけだという方は少なくありません。
バストが大きくならない理由、バストが小さい原因は、間違ったダイエットのせいです。

ダイエットをすると、胸から痩せるということを、よく耳にするという方は多いでしょう。
それは、胸が柔らかい脂肪でできているからです。

柔らかい脂肪ではなく、凝り固まった太ももなどの脂肪は、セルライトにもなっているため、単純なダイエットでは落ちにくいのですが、柔らかい脂肪でできている胸は落ちやすいと言われています。
しかし、ダイエットによって栄養不足や女性ホルモンの減少が起こることも、原因となっているんです。

では、ダイエットがバストが大きくならない理由、バストが小さい原因となってしまうのには、どのような要素が関係しているのでしょうか?

筋力の不足

ダイエットは、脂肪より早く筋肉を分解することが特徴です。筋肉が落ちてくると、胸に張りがなくなるだけではなく、支えきれなくなった胸を早く落とそうと体が反応してしまうのです。
また、筋肉不足は代謝も落ちてしまうので、リバウンドしやすいダイエットと言えるでしょう。

筋肉を落として、体重が減っても長続きしませんし、バストが大きくならない理由にもなってしまいます。
胸を維持しながら、ダイエットしたいという女性は、筋肉を落とさないようにするダイエット方法がおすすめです。

タンパク質の不足

ダイエット中に、たんぱく質が不足してしまうことも、胸が大きくならない原因・バストが小さい原因となってしまいます。
たんぱく質が不足してしまうことで、大胸筋などの胸をサポートしている筋肉が維持できなくなるため、胸の形が崩れたり、小さくなってしまいます。

特に、糖質制限ダイエットを取り入れていると、エネルギー源である糖質が不足してしまうので、その代わりに筋肉を分解してエネルギーに変えてしまいます。

すると、筋肉が落ちるようになり、バストが大きくならない原因になります。

糖質不足

バストが大きくならない理由

手っ取り早くダイエットをしようと思うと、ご飯などの糖質をカットすることがありますよね。しかし、糖質は脳のエネルギーとしても使われています。
この脳への栄養が足りないと、女性ホルモンの分泌が低下し、胸の状態が良くなりません。

バストが小さい原因、バストが大きくならない理由の一つは、女性ホルモンや成長ホルモンの分泌量の低下です。
糖質不足は、脳の疲れを招き、女性ホルモンの分泌を遅らせるため、バストアップにはお勧めできません。

生活のあらゆる側面が関係している

バストが大きくならない理由

いかがだったでしょうか?バストが大きくならない理由や女性のバストが小さい原因には、思っているよりも生活のさまざまな側面が関係していることにお気づきになったでしょう。
栄養摂取・睡眠習慣・正しいブラジャーの着用など、今すぐ改善できるポイントが見つかったという方も少なくないでしょう。

バストが大きくならない理由やバストが小さい原因を正しく知ることで、正しいバストアップケアを取り入れることが出来ます。
今回見つかったポイントをぜひ意識して、改善してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -