おっぱいを大きくする方法をはじめ、胸・おっぱいを大きくするクリームやブラ、サプリメントをご紹介しています。おっぱいを大きくするツボ・マッサージ、筋トレ、食べ物・飲み物・食事などバストアップのお役立ち情報が満載です。

バストが小さい悩み・ストレスは?胸が小さいとモテない?



 
胸が小さいとモテない?
この記事を書いている人 - WRITER -

女性らしさを象徴する体のパーツの中で代表的なものがバストですよね。
ふっくらとしたバストは女性の憧れであり、同時にそれを魅力に感じる男性も多いとされています。

「胸が小さいとモテない」

このような話を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
それほどまでにバストは注目されやすく重要な部位なのです。

女性の魅力を際立たせてくれるバストですが、大きさや形は人それぞれ異なり悩みやストレスを生みやすいのも事実です。

いつかは大きなサイズになると信じていたものの、大人になっても変わらずバストが大きくならないと深い悩みに直結してしまいます。
周りの女性と比べて自分の胸が小さいことに気付くと落ち込んだり、恥ずかしくなったりもしてしまいますよね。

ですが、バストが小さい悩みやストレスはそれだけではありません。

実際にバストが小さい女性はどのような悩みやストレスを抱えているのでしょうか?
コンプレックスに繋がる悩みから日常生活でのストレスまで多岐に渡りますが、一つ一つに様々な思いや理由が存在しています。

こちらではバストが小さい悩みやストレスについて詳しくご紹介していきたいと思います。
胸が小さい方は共感出来ることも多くあると思います。日々どのような悩みを抱えているのかぜひ一度ご覧になってみてください。

バストが小さい悩み・ストレスについて

バストが小さい悩みやストレスとは?

胸が小さいとモテない?

バストが小さいことで生じる悩みやストレスは複数存在しています。

  • 男性からモテない
  • 可愛い下着が少ない
  • 海やプール、温泉で体を見せるのに抵抗がある
  • 恋愛で自信が持てない
  • ブラがフィットしない、ズレやすい
  • スタイルが悪く見える
  • 人からからかわれる
  • 洋服が綺麗に着こなせない
  • 幼く見られてしまう
  • ダイエットで胸が小さくなりやすい

このように気持ちの面だけでなく、普段の生活の中で支障が出てしまい困るものまで様々です。

そもそもバストが小さいというのは、何カップのことを指すのかご存知でしょうか?
女性の平均がCカップのため小さいと感じるのはA~Bカップまでのサイズとされていますが、遺伝や多数の要因が絡み合いバストが大きくならない女性は意外と多いものです。

では、バストが小さい女性は具体的にどのような状況・理由で悩みやストレスが起こり、どのように感じているのでしょうか?
バストが小さいという悩みをお持ちの方は共感出来るものもあるかもしれません。

バストが小さい悩みやストレスについて一つずつ詳しく見ていきましょう。

男性からモテない

胸が小さいとモテない?

男性からの反応が悪くモテないという悩みは、バストが小さい女性が多く抱えている傾向にあります。

男の人は大きなおっぱいが好きというのは有名な話ですよね。
好みは人によって異なりますが小さいよりは大きいおっぱいの方が良かったり、大きなカップの女性の方がモテるというのは事実のようです。

女性が高身長の男性に惹かれることがあるように、男性からしてみると胸の大きさは女性の好みを考える上で重要なパーツの一つと言えます。

合コンやパーティーなどで交流する機会があってもモテるのは胸の大きな女性ばかりで、小さい胸の方は男の人からのウケが悪くモテないことがあります。
モテないとそれだけチャンスが少なくなると考えられますよね。

不特定多数の人にモテないのは男女間のトラブルが起こりにくいといったメリットもありますが、それだけではなくバストが小さいと好きな男の人からもモテることが無いという残念な経験をすることもあるのです。

好意を寄せている男性からもモテないのは女性としての魅力が無いと言われているようで切なくなりますし、恋愛に発展しづらいのも悩みやストレスとなります。

男性が胸の大きさで女性を好きになることは少なく、中には小さい胸が好きという声もあります。
ですが、バストが小さい女性はCカップ以上の方よりモテない可能性は高く悩みやストレスを引き起こしやすいです。

可愛い下着が少ない

胸が小さいとモテない?

バストが小さいと可愛いデザインの下着が少ないという悩みを持つこともあります。。

日本人女性の平均バストサイズが大きくなってきていることも関係し、Cカップ以上のブラジャーはカラーもデザインの種類も豊富に展開されています。

それ以下のA~Bカップ用の下着は需要がやや少ないため販売されているデザインの展開数も限られてしまい、お気に入りのものがなかなか見つからないこともめずらしくありません。

好きなデザインの下着を発見しても肝心のサイズが合わず、選び直したり妥協したりして購入しなければならない苦労をしているのです。

また、バストが大きくならないため少しでも機能性に優れた盛れる下着に着目して選ぶと、必然的にシンプルなデザインのものになってしまうという悩みもあります。

素敵なデザインのブラジャーですと気分が上がりますし、毎日身に付ける下着はお洒落なものにこだわりたいと思いますよね。

好みのカラー・デザインとサイズや求めている着用感が合致するものが見つかりにくいのも、バストが小さい女性の悩みです。

海やプール、温泉で体を見せるのに抵抗がある

胸が小さいとモテない?

バストが小さい女性は海やプール、温泉など人前で体を見せなければならない場所に強い抵抗があることが多いです。

肌の露出が多い場面を苦手に感じる女性は少なくないですよね。
バストが小さい方は人一倍その感覚が強いのです。

海やプールでは水着を着用します。
普段は胸のサイズをどうにか洋服でカモフラージュすることが出来ていても、水着ではそう上手くいかないのが悩みです。

水着は大きく分けてビキニとワンピースの2タイプがありますよね。
バストが小さい方はビキニの方が似合うとされています。
ですが、サイズや谷間が強調されるビキニはバストが小さい女性にはハードルが高く、着用するのを躊躇しやすいのです。

ブラジャーと同様にパットをつければカバー出来るのでは?と思いますが泳いでいるうちにズレてきたり、ポロッと外れてしまったりする可能性があるため容易ではありません。

では、ワンピースタイプの水着はどうでしょう?
ワンピースの水着はピッタリとフィットしパッドがズレにくく誤魔化しやすい側面がある一方で、体のラインがはっきりと出てしまうため胸の小ささが際立ちやすいという難点があります。

慎重に合う水着を選んでも小さいバストを周囲に見られる恥ずかしさが勝ち、本来ならば楽しいはずの海やプールでもストレスを生みやすいのです。

また、温泉もバストが小さい女性にとっては抵抗を感じやすい場所になります。

水着の場合デザインやパットによってわずかに胸を大きく見せることが可能ですが、裸になる必要がある温泉はカバーしたり隠したりすることが出来ませんよね。
そのままで入らなければいけない温泉は、小さいバストを露呈することになりますので恥ずかしさやストレスを感じる方が多いです。

このように海やプール、温泉へのお誘いは他の女性と比べて何日も前からの悩みになります。
様々なケアを取り入れてもすぐにはバストが大きくならないため、気が乗らず避けてしまう場合もあります。

恋愛で自信が持てない

胸が小さいとモテない?

バストが小さい女性の多くは、恋愛に自信が持てないという悩みをよく口にします。
それには一体どのような理由が絡んでいるのでしょうか?

バストが小さいと女性ならではの魅力が無いように感じてしまうためです。
色気を感じるスタイルをイメージすると、バストが大きくほっそりとしたウエストと大きなヒップになりますよね。それは同性から見ても一緒です。

バストが小さいと色っぽさよりも健康的なヘルシーさが先行してしまい、女性として意識してもらえないのではという悩みが生じて自信が持てないのです。

また、せっかく彼氏が出来ても大きなカップが好みで、デート中やテレビで胸の大きな女性を見かけると視線がそちらに向けられているのを目撃してしまうこともあります。
いくら愛されていても他の女性のバストに興味を持たれると悲しく、ますます自信を消失してしまいそうですよね。

お泊まりをする際にも、バストが小さいと彼氏にガッカリされてしまうという不安が募りやすいです。
関係を持った時に戸惑うような表情をされたり、彼氏から元カノより胸が小さいことを指摘されたりし、コンプレックスが強まり自信を無くしてしまったという声も存在しています。

実際は彼女の胸が小さくても気にならないという意見が大半を占めていますが、もしも彼氏からこのような反応をされたらと考え込みどんどん自信を持てなくなる場合もあるのです。

女性としての魅力が劣っている、相手を満足させられないかもしれないという2つの理由からバストが小さいと恋愛に自信が持てず消極的になることが多いです。

ブラがフィットしない、ズレやすい

胸が小さいとモテない?

ブラジャーには着用することで胸を支え、垂れたり横に流れたりするという悩みを解消し美しい形に整えるという目的がありますよね。
バストが小さい女性はそれ以前に、ブラジャーがズレるという悩みを感じていることが多いです。

バストが小さいとなぜブラジャーがズレやすいのでしょうか?

通常はバージスラインと呼ばれるバスト下の曲線がふっくらと丸みを帯びているためブラジャーがそこでぴったりとフィットするようになっています。
胸が小さいとストッパーの役割を果たしているバージスラインの膨らみも大きくないため引っ掛かりが少なく、体を動かしているうちに上下にズレてしまうのです。

ほとんどは肩のストラップで引っ張られ上がってくることが多いです。
ブラジャーの位置が本来よりも上にきてしまっていることを知らず、バストに注がれる周りの視線で気付く・・・ということもしばしばです。

そのような気まずい思いをされた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

さらに胸が小さいとカップの形にピッタリと合わないために着用中もプカプカと浮いてしまい位置が変動しやすいのも一つの原因としてあげられます。
浮かないようにと着替えの際に念入りにパットを詰めてもブラジャーの中で動いてしまい、日中のお直しが必要なためストレスを感じやすいのです。

また、カップが浮いているとその隙間からチラッと乳首が見えてしまうこともあるため、さり気なく手で隠すなど配慮をしなくてはなりません。

このようにブラジャーのズレは違和感を感じるだけでなく、恥ずかしい思いをすることにも繋がりますので注意が必要なのです。

スタイルが悪く見える

バストが小さい女性はスタイルについても悩みを抱えていることがあります。

まず、スタイルが良いと聞くとどのような人を思い浮かべるでしょうか?
身長や足の長さ、体型などスタイルの良さには複数の条件が考えられますよね。

様々な条件の中でスタイルの良さを決めるのに欠かせないのがスリーサイズです。
ハリのある大きなバストにキュッとくびれたウエスト、そしてふっくらとしたヒップというようにその3点にメリハリがあるとスタイルが良いとされています。

そしてその3つのうちのどれかが理想のサイズより離れているとスタイルが悪く見える原因になるのです。
つまり、いくらウエストやヒップでバランスが取れていてもバストが小さいとそれだけでプロポーションが悪く見えてしまい悩みに繋がりやすいというわけです。

また、胸のボリュームが少ないと上半身は比較的スリムに見えますが、その分下半身が強調されることになり実際よりも太い印象をもたらしてしまいます。

胸が大きい場合は自然とそちらに視線がいきますよね。
そのため少しぐらい下半身が太くても気にならないことがほとんどですが、同じ太さであってもバストが小さいと全身のバランスが悪く見えてしまうのです。

スタイルが悪く見えるとあまり魅力的に感じられずモテないという困った悩みを招くことにもなります。

人からからかわれる

バストが小さいことをからかわれストレスに感じる女性は多いです。

悪気は無くてもコンプレックスを面白可笑しく言葉にされると誰でも嫌な思いをしますよね。
とくに胸は女性にとって大切なパーツです。
A~Bカップの女性は自分の胸のサイズが周りの女性と比較して小さい点を自覚していることが多く日頃から悩みに感じている場合もあります。

バストが小さい女性は、“まな板”などの言葉でいじられた経験が一度はあると思います。
軽い冗談のつもりでも男性からバストの小ささを指摘されたりからかわれてしまうと、さらにコンプレックスとなり傷ついてしまうことになるのです。

胸が小さいとモテない?

からかわれるのは男性からばかりではありません。

「ブラ必要ないんじゃない?」「肩こりしなさそうで良いよね」という同性からの何気ない一言にも落ち込んだり悔しい思いをしたりして密かに悩むことも。
その場では冗談で返したり空気を読んで明るく振舞っていても、ストレスを感じ内心は凹んでいるのです。

最初は聞き流していても、胸が小さい方は何度もからかわれることがあるため日常生活の中で気になる悩みになります。

洋服が綺麗に着こなせない

胸が小さいとモテない?

胸が小さいと似合う服が限られてしまったり、綺麗に着こなすことが出来ないという悩みを持ちます。

UネックやVネックなどの胸元が大きく開いたトップスを着用すると、生地が余ってダボダボになってしまいます。
洋服の胸元がたるむと小ささが目立ったり前かがみになった際に胸が見えたりしてしまいます。
さらに、だらしない印象をもたらしてしまうのが困るポイントです。

また、バストが小さい女性はドレスを綺麗に着こなすことが難しい悩みもあります。
ドレスは女性を華やかかつ美しく見せてくれるアイテムです。
パーティーや結婚式、特別な日のディナーなどでもドレスを着用するシーンはありますよね。

胸元が強調されるドレスをバストが小さい方が着用すると貧相に見えてしまうのです。
カップの大きな方ですとメリハリが出て美しいシルエットを叶えられますが、バストが小さい方は胸元がストンとしてしまいドレスがあまり映えません。

そのような悩みから結婚式でドレスを着用することを憂鬱に感じることや、ドレス選びに悩み決められないといったケースもあります。
一生に一度の大切な結婚式なのに憧れのウエディングドレスを綺麗に着こなせないと心が曇ってしまいそうですよね。

Tシャツやタートルネックなどバストが小さいことで似合う服装もありますが、もう少しバストサイズが大きかったら大胆なデザインやセクシーな装いにも挑戦出来ます。
バストが目立ったり視線を集めるようなデザインを避ける傾向が高く、新しく洋服を購入する際にもついついワンパターンになってしまうのも悩みの一つです。

幼く見られてしまう

若々しく見られるのは決して悪いことではありません。
ですが、若々しい以上に子供っぽく見られてしまうと複雑な気持ちになりますよね。
バストが小さい女性は幼く見られてしまうという悩みを抱えています。

大人の女性というとどのようなスタイルを想像するでしょうか?
思い浮かべたイメージの多くは大きなバストとヒップ、細いウエストを持ったくびれのある体型だと思います。

そのイメージから外れバストが大きくならないと、それだけで子供っぽい印象を人に与えてしまうのです。

魅力的な大人のスタイルに近づけるようにと努力を重ねウエストが細くなったとしても、バストが大きくならないことには残念ながらくびれは作られませんよね。
バストが小さくメリハリが無いと幼さを感じることが多いようです。

バストが小さい方は横から見た際にヒップにかけての凹凸が少なく、全体的に平べったくなってしまうのも幼く見られる要因になります。

一般的に胸が本格的に発達してくる中学生頃までは全体的に体のラインはなだらかですよね。
バストが大きく成長せずにその頃の体型に近いままだと同じ年齢の女性と比べてもどことなく幼く見えてしまうのです。

バストが小さいせいで幼く見えると女性として意識されづらく、大人っぽい装いをしてもあまり魅力的に感じられないという悩みも生じてきます。

バストが小さい方は日頃から比較的幼く見られてしまうことが多いため、年相応の女性的な魅力を手に入れたいという悩みを抱えがちです。

ダイエットで胸が小さくなりやすい

胸が小さいとモテない?

ダイエットに挑戦するとバストのボリュームがさらに減り小さくなりやすいといった悩みも存在しています。

“薄着になる季節に向けてシェイプアップしたい”、”憧れの体型に近づきたい”などという思いからダイエットに励みますよね。

バストが小さい悩みを持っている女性は、他の部位を絞って胸を少しでも大きく見せられたら・・・と期待を抱きながらスタートさせる場合もあるのです。

バストの90%は脂肪で作られています。
ダイエット時は、脂肪の量が多い箇所から優先的に燃焼され痩せていくのが特徴です。
そのため多くの脂肪で構成されているバストから徐々に痩せていってしまうのです。

また、ダイエットのためとランニングやジムなどで激しい運動を取り入れると、カロリーは消費されますがバストのボリュームまで減少してしまうことが多々あります。
運動で胸が揺れると脂肪が燃焼されやすい環境が自然に作られてしまい、落としたくないバストから痩せるという現象が起こりやすいのです。

美しい体のラインを手に入れたいと始めたダイエットで、さらにバストが小さくなってしまっては本末転倒ですよね。
胸が小さくなるとスリムな体型の方でもお腹が出ているように見えるため、新たな悩みも生まれやすいです。

では、バストが減らないように予め少し太って脂肪をつけてからダイエットを行うのはどうでしょうか?
それならばバストの脂肪が極端に落ちる心配が無く、他の部位をスリムに出来そうですよね。

そのような脂肪の落とし方が理想的ですが、実際に行ってみると上手くいかないことがほとんどです。
部分痩せが難しいように、特定のパーツのみに脂肪をつけることは狙い通りに出来るものではありません。
あえてダイエット前に脂肪をつけようとしても、胸ではなくお腹や太ももの方が太くなってしまうのです。

その状態でダイエットを続けていくと体重は落ちたとしても余分な脂肪がついてぽっこりとしたお腹やムチムチとした下半身の太さが目立つようになり、当初思い描いていた体のラインとかけ離れた仕上がりになることもあるため注意が必要です。

ダイエットで痩せて綺麗になりたいと思っても、胸のサイズダウンを考えると闇雲に挑戦出来ないのがバストが小さい方の悩みです。

バストが小さい悩みやストレス、モテないことについてのまとめ

胸が小さいとモテない?

バストが小さいことで生じる悩みやストレスは多岐にわたります。

バストの大きな女性はモテるのに、小さいと男性からモテないのが代表的な悩みです。
一概には言えませんが小さいよりは大きいおっぱいの方が魅力的に見えるという男性の意見が多く、女性として意識されにくいのが原因です。

バストが小さいのを周囲に知られたくないとの思いから水着や裸になる必要がある海や温泉などのシーンに強いストレスを感じ、誘いを避けてしまう場合もあります。
似た理由から恋愛に自信が持てなかったり、彼氏が出来ても女性としての魅力が無くガッカリされてしまうのではと思いどうしても不安が募りやすいという悩みを抱えてしまう方も少なくありません。

他にはバストが小さいとスタイルが悪く見える、ブラが上にズレてしまい直す手間がかかる、可愛い下着が少なく購入時に選びづらいといった悩みやストレスも存在しています。

このようにバストが小さい女性の多くはサイズにコンプレックスを感じ、胸を少しでも大きく見せる工夫を取り入れたりサイズが目立ちにくい服装をしたりしています。
それと同時に、ふっくらと大きなおっぱいに憧れを抱いているのです。

バストが大きくならない・小さい方は共感出来る悩みやストレスも多かったのではないでしょうか?
女性らしさを象徴する胸にコンプレックスを持っているとあらゆる場面で気になり大きな悩みになりやすいものです。

バストが小さい=魅力が無いということでは決してありませんので必要以上に考え込まず、気になる場合は胸を大きくするためのケアを試しながら自信に繋げていきましょう。

当サイトでも胸を大きくする方法をご紹介していますので、参考にしてみてください。
簡単におっぱいが大きくなる方法を知りたい方必見アイデア

この記事を書いている人 - WRITER -