おっぱいを大きくする方法をはじめ、胸・おっぱいを大きくするクリームやブラ、サプリメントをご紹介しています。おっぱいを大きくするツボ・マッサージ、筋トレ、食べ物・飲み物・食事などバストアップのお役立ち情報が満載です。

バストアップ方法|小学生・小6におすすめの胸を大きくする方法



 
小学生・小6におすすめのバストアップ方法
この記事を書いている人 - WRITER -

小学生と言えど、小6にもなると周りの女の子と比べて、胸の大きさが気になる年ごろです。

この記事を読んでいるあなたも、胸を大きくする方法が知りたい小学生・小6の女の子かもしれませんね。

成長期真っただ中の小学生は、身体に負担をかけるようなバストアップ方法は厳禁です。

そこで今回は、小学生・小6の女の子を中心に、胸が大きくなる方法を7つご紹介していきたいと思います。

胸が大きくなる7つの方法vc

  1. おっぱいを大きくする食材を積極的に食べる
  2. 正しい方法で下着をつける
  3. 睡眠をたっぷりとる
  4. たくさん身体を動かす
  5. 姿勢を正しくする
  6. ストレスを溜めこみすぎない
  7. バストアップサプリメントは服用しない

生活習慣を少し変えるだけで、おっぱいが大きくなるので、ぜひ最後まで読んくださいね。

また、最後にはバストアップに繋がるエクササイズもご紹介しています。

自宅で簡単にできるものばかりですので、実践してみてくださいね。

小学生・小6におすすめなバストアップ方法(生活習慣編)

おっぱいを大きくする食材を積極的に食べる

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

成長期の小学生・小6の女の子が、胸を大きくするには「しっかりと栄養を摂る」ということが大切です。

胸が大きくなる栄養素を豊富に含んだ食材を積極的に摂取し、一日三食しっかりと食べることが、バストアップ方法に繋がるのです。

油分や糖分を多く含むお菓子や、ファストフードばかりを食べていては、おっぱいが大きくなるための栄養が足りなくなってしまいます。

おっぱいを大きくするなら、バストアップに良い食材をたくさん食べるようにしましょうね。

では、具体的にどんな食材が良いのでしょうか?

大豆イソフラボン

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

小学生・小6のあなたでも、大豆製品がバストアップ方法に良いということは聞いたことがあるかもしれませんね。

納豆や豆腐、豆乳、きなこ、もやし、味噌汁に豊富に含まれている「大豆イソフラボン」は女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることで知られています。

大豆イソフラボンを摂取することで、乳腺細胞を増やし、胸の形成を促進してくれるんですよ。

エストロゲンは本来、女性の卵巣で分泌される女性ホルモンで、髪にツヤを与えたり、ハリのあるバストを作り出す働きがあります。

大豆イソフラボンは1日あたり50mg~60㎎の摂取が良いと言われています。

豆腐なら1/2丁(150g)でおよそ40㎎、納豆なら1パックでおよそ35㎎です。

納豆や豆乳、豆腐はいつも冷蔵庫に入っているというご家庭も多いと思いますので、毎日積極的に食べるようにしてくださいね。

ボロン

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

聞き馴染みのない栄養素ですが、私たちの身近な食材に多く含まれているんですよ。

ボロンはミネラルの一種で、エストロゲンの分泌を増やし、濃度も高めてくれる栄養素です。

胸を大きくするにはまさにぴったりな栄養素だと言えますね。

豊富に含まれているのはキャベツやぶどう、りんご、生ナッツ類、海藻類などです。

ボロンの嬉しいところは、胸の脂肪だけを増やしてくれるというところなので、たくさん食べて太ってしまわないか心配な子も、安心してくださいね。

ただし、ボロンは熱に弱いという性質があるので、摂取するなら生の状態で摂取してください。

アーモンドなら1日あたり20粒、りんごなら1個~2個が摂取目安量となりますので、毎日のお菓子をりんごやアーモンドに変えてみるのも、おすすめです。

サラダや揚げ物と一緒に出てきたキャベツは食べるようにしたり、サラダに海藻類をプラスしたり、手軽に食べる方法はたくさんありますので、ぜひ試してみてください。

質の良いたんぱく質

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

五大栄養素の一つであるたんぱく質は、私たちの血や骨、筋肉を作り出す、必要不可欠な栄養素です。

たんぱく質には女性ホルモンの分泌を促す働きもあるので、胸が大きくなるためにおすすめの食材ですよ。

動物性、植物性と2種類のたんぱく質がありますが、どちらもバランス良く食べるようにしましょう。

質の良いたんぱく質を多く含むのは、豚ヒレ肉や鶏ささみ、さんま、紅鮭、マグロの刺身などです。

特に鮭はアンチエイジングにも効果的なので、女の子から食べておきたいですね。

アミノ酸

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

たんぱく質を合成するために欠かせないのが、アミノ酸です。

特にアルギニン、オルニチン、リジンという成分は、成長ホルモンにアプローチしてくれるので、バストアップ方法として有効なんですよ。

小学生・小6のあなたには、ぜひ摂取してほしい成分です。

それぞれの成分を多く含む食材は以下の通りです。

  • アルギニン…大豆類(特に湯葉)、豚肉の皮の部分
  • オルニチン…マグロ、シジミ
  • リジン…大豆類(特に湯葉)、マグロ、カツオ

大豆製品を積極的に摂取すれば、大豆イソフラボンだけでなく、アミノ酸も同時に摂取することが出来るんですね。

ビタミンE

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

ここまで胸が大きくなる栄養素をいくつかご紹介してきましたが、これらをどれだけ摂取しても、胸まで栄養が行き渡らなければ意味がありません。

そのためにも、身体の血行促進を促すビタミンEも欠かさずに摂取してくださいね。

血行促進効果だけでなく、女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌も促す働きがありますよ。

ビタミンEを多く含む食材は、アボカドやカボチャ、モロヘイヤ、アーモンド、赤ピーマンなどです。

正しい方法で下着をつける

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

小学生・小6ですと、もしかしたら下着はスポーツブラだ、という子もいるかもしれませんね。

しかし、スポーツブラは本来、胸を支えるために作られている下着ではありません。

美しい形のバストを作り出し、成長を促すバストアップ方法として、正しい方法で下着をつけることはとても大切です。

少し恥ずかしいかもしれませんが、お母さんやお姉さんなど身近な年上の女性に相談してみてくださいね。

お店に行き、店員さんにサイズを測ってもらうことも、とても大切です。

正しいサイズの下着を、正しい方法でつけることで、バストアップ方法に繋がるんですよ。

小学生・小6にもなると、胸はどんどん成長していきます。

年に1回くらいは、お店で測ってもらうことをおすすめします。

正しい下着のつけ方

  1. ストラップを肩にかける
  2. ブラジャーを下側から持ち、身体を少し前に倒す
  3. カップの中にバストを入れたら、身体を倒した状態のまま、ホックを留める
  4. 左手で左のストラップの根元を持ち、右手をカップの中に入れて、バストを中心に引き上げる
  5. 反対側も同様に行う
  6. バストがカップの中に収まったら、身体を起こしてストラップを調節する
  7. 鏡でブラジャーが水平になっているか確認すれば完了

睡眠をたっぷりとる

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

成長期である小学生・小6のあなたにとって、質のいい睡眠をとることも、バストアップ方法に繋がるんですよ。

22時~深夜2時までの間成長ホルモンや女性ホルモンの分泌が、最も活発に行われます。

このゴールデンタイムの30分前には、布団に入り、眠りにつくのが理想です。

おっぱいを大きくするには、質の良い睡眠をとることを心掛けてくださいね。

スマートフォンでゲームをしたり、SNSで友達とやりとりをしていると、ついつい夜更かししてしまいがちです。

しかし、胸を大きくする方法の妨げになるだけでなく、身長にも影響を与えてしまいます。

成長期のあなたにとって、しっかり眠ることは、とても大切だということを忘れないでくださいね。

たくさん身体を動かす

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

近年の小学生・小6の子たちは、塾や習い事で忙しく、また、ゲームやスマートフォンを触っている時間が長くなっています。

子供でも運動不足になっている子たちが、増えているんですよ。

しかし、身体をたくさん動かすことで、代謝が良くなり、血行促進に繋がります。

血行が良くなれば、バストアップ方法に必要な栄養素や女性ホルモンがしっかりと胸まで行き渡り、胸を大きくすることが出来るのです。

運動不足のままですと、代謝も上がらず、身体が冷えた状態が続いてしまいます。

すると、血行の流れも良くありませんし、バストアップに必要な栄養素や女性ホルモンが行き渡らなくなってしまうのです。

いくら、バストアップに効果的な食事をしていても、これでは意味がありませんね。

運動をすることと、バストアップは深く関わっているということを覚えておいてください。

姿勢を正しくする

ゲームやスマートフォンをしているとき、ついつい猫背になることはありませんか?

猫背の姿勢が長時間続くと、バストアップに悪影響を及ぼしてしまうので、注意が必要です。

姿勢が猫背になると、首から肩にかけての筋肉が凝り固まってしまいます。

すると、身体が冷えた状態と同じく、血行が悪くなり、バストアップに必要な栄養素や女性ホルモンが、バストまで届けられなくなるのです。

勉強の息抜きにゲームやスマートフォンを触るのは良いですが、長時間にならないよう、猫背にならないように気を付けてくださいね。

正しい姿勢は、美しくスタイルが良く見えますし、バストアップ方法としてとても手軽に行えるものです。

小学生・小6のあなたでもすぐに始められますので、おすすめですよ。

ストレスを溜めこみすぎない

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

思春期に差し掛かった小学生・小6のあなたにとって、バストアップ方法以外にもなにか悩みはありませんか?

好きな男の子のこと、友達関係のこと、勉強のこと、家族のことなど、多くのことで悩んでいるのではないでしょうか。

しかし、悩みすぎてストレスを溜めてしまうと、女性ホルモンの分泌が乱れる原因となってしまいます。

女性ホルモンの分泌が乱れると、バストアップが妨げられるだけでなく、心や身体のバランスも崩れてしまう可能性もあります。

たくさんのことで悩んでしまう時期ではありますが、上手にストレスを解消しながら、過ごしてくださいね。

バストアップサプリメントは服用しない

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

女性ホルモンに働きかけるバストアップサプリメントが、数多く販売されていますが、成長期で不安定な時期の小学生・小6のあなたには危険なバストアップ方法です。

ホルモンバランスが不安定にも関わらず、バストアップサプリメントを飲むと、情緒不安定になり、思いがけないトラブルを引き落とす可能性があるのです。

また、バストアップサプリメントを飲まなくても、10代の女の子は自らの力で女性ホルモンを作り出すことが出来ます。

サプリメントによって、外部から補ってしまうと、自らの力で女性ホルモンを作り出す力が弱まってしまう危険性があります。

バストアップ方法としてサプリメントを飲むのも、一つの手段であると言えますが、小学生・小6のあなたにはまだ早いアイテムです。

20歳を過ぎても、胸が大きくなる方法を探していたら、試してみるのも良いかもしれませんね。

小学生・小6におすすめなバストアップ方法(エクササイズ編)

合掌ポーズ

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

胸を大きくするエクササイズで、最も有名なのが、合掌ポーズです。

器具が必要ありませんし、気が付いたときにすぐに行えます。

合掌ポーズをとることで、大胸筋という胸を支える筋肉が鍛えられます。

大胸筋を鍛えることで、バストを支えることが出来ますので、美しい形のバストを作り上げることが可能になるのです。

合掌ポーズのやり方

  1. 椅子に座っていても、立っていても、正座していても良いが、背筋を伸ばして姿勢を正す
  2. 胸の前で手を合わせ、合掌のポーズをとる
  3. 両手を押し合い、力を入れる
  4. この状態を15秒ほどキープする

小学生・小6におすすめなバストアップ方法(マッサージ編)

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

マッサージをすることで、血流が良くなり、バストアップに必要な栄養素や女性ホルモンが胸まで行き渡りやすくなります。

お風呂で保湿クリームを使いながら、マッサージすると、とっても気持ちいいですよ。

強い力でこすると、肌を痛めてしまいますので、優しい力で行うことがポイントです。

さするだけマッサージ

  1. 片腕を伸ばし、反対の手で腕から胸に向かってさする
  2. 胸を寄せるように、手を流していく
  3. 脇から鎖骨に向かって、余分なぜい肉を寄せるようにさする
  4. 腕を伸ばしていた方の胸を、下から上に持ち上げる
  5. 反対側も同様に行う
  6. 最後に胸の中央から上をさすり、鎖骨から肩に向かってさする

もむだけマッサージ

  1. 右の胸の周囲を円を描くように、外から内側に回す
  2. 背中から胸に向けて、余分な肉を移動させるように引っ張る
  3. 胸を上に持ち上げる
  4. 左の胸も同様に行う
  5. 最後に胸の上下をひねる(特に下は念入りに)

小学生・小6におすすめなバストアップ方法(ツボ押し編)

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

ツボを押すことで、おっぱいが大きくなるということを知っていますか?

マッサージやエクササイズよりもさらに手軽で、押すだけで効果が得られるツボ押しは、ぜひ生活の中に取り入れてみてくださいね。

膺窓(ようそう)

鎖骨と乳首の間にあるツボで、乳首の真上、肋間の位置にあります。

膺窓を押すと痛い、と感じる女性が多いツボです。

しかし、膺窓を刺激することで乳腺を発達させたり、女性ホルモンの分泌を促すことが出来るんですよ。

血行促進効果もあります。

おっぱいを大きくするには、乳腺を発達させることが大切です。

なぜなら、乳房の90%を占める脂肪は、乳腺の周囲に付くからなんですよ。

発達した乳腺を守るために、脂肪が付き、おっぱいが大きくなっていきます。

壇中(だんちゅう)

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

壇中はトップバストの真ん中にあるツボで、バストアップに効果的なツボとして有名です。

乳腺の発達や女性ホルモンの分泌を促すツボですが、鎮痛効果や安心を与える作用もあるんですよ。

精神的に不安を感じているときや、気持ちが沈んだときに押すのも効果的です。

痛くなりすぎないくらいの力で、5秒ほど押してくださいね。

まとめ

小学生・小6におすすめのバストアップ方法

ここまで小学生・小6におすすめなバストアップ方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

成長期の大切な時期を過ごしているあなたにとって大切なことは「良く食べる」「良く寝る」「良く運動する」の3つです。

まずは、この3つを実践することから初めてみてくださいね。

胸を大きくする栄養素を含んだ食材や、バストアップに効果的なエクササイズなど、胸が大きくなる方法は様々あります。

しかし、規則正しい生活が送れていなければ、その効果を十分に得ることはできないのです。

また、健やかな身体を作っていくためにも、とても大切なことなんですよ。

クラスメイトの女の子で、もう胸が大きい子もいると思います。

その子と自分の胸を比べて、思い悩んでしまうこともあるかもしれませんが、あなたはまだまだ成長途中であるということを忘れないでくださいね。

諦めず、規則正しい生活を送っていれば、自然と胸が大きくなっていきますよ。

女の子の魅力は胸の大きさだけで決まるものではありません。

胸の大小にとらわれ過ぎず、「良く食べる」「良く寝る」「良く運動する」ことを守り、健やかに成長してくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -