おっぱいを大きくする方法をはじめ、胸・おっぱいを大きくするクリームやブラ、サプリメントをご紹介しています。おっぱいを大きくするツボ・マッサージ、筋トレ、食べ物・飲み物・食事などバストアップのお役立ち情報が満載です。

胸を大きくする食べ物|納豆を食べてバストアップ?効果を徹底解説



 
胸を大きくする食べ物|納豆
この記事を書いている人 - WRITER -

バストアップに効果的な食べ物はいくつかありますが、有名な食品は「大豆製品」ですよね。

大豆製品に多く含まれている大豆イソフラボンが、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることから、胸を大きくする効果があると考えられているのです。

豆腐や豆乳などが効果的な食材として挙げられますが、今回は「納豆」に注目してお話していきたいと思います。

私たちが普段何気なく食べている「納豆」という食品には、おっぱいが大きくなる効果は本当にあるのでしょうか?

胸を大きくする食べ物である「納豆」について、詳しくご紹介していきますので、ぜひ、最後までご覧になってくださいね。

納豆が胸を大きくする食べ物だと言われる理由

胸を大きくする食べ物|納豆

バストアップには大豆製品が良いということは、ご存知の方も多いと思います。

納豆は、大豆製品の中でも大豆イソフラボンの量が多いということは、ご存知でしたか?

1パック(50g)あたり、65.0㎎の大豆イソフラボンが含有されています。

これは大豆飲料の69.0mgに次ぐ量なんですよ。

納豆にこれほど大豆イソフラボンが含有されているのは、発酵食品であるからと考えられています。

大豆を納豆にするための枯草菌の一種である納豆菌は、茹でた大豆に寄生し、猛スピードで発酵していきます。

この発酵の力が、納豆を胸を大きくする食べ物にするだけでなく、豊富な栄養素を作り出しているんですね。

納豆に含有されている栄養素には、何がある?

たんぱく質

納豆には豊富なたんぱく質が含有されており、私たちの皮膚や筋肉、髪、爪、臓器などを作るために欠かせない栄養素です。

たんぱく質が不足すると、体力が落ちてしまったり、子どもの成長に悪影響を及ぼす可能性がありますので、とても重要な栄養素だということがわかりますね。

バストアップにも欠かせないたんぱく質は、動物性と植物性の二種類に分けられますが、納豆は植物性たんぱく質を含む食べ物です。

胸を大きくするためだけでなく、健やかな身体作りに欠かせない成分なんですね。

脂質

脂質は、身体を動かすために必要なエネルギー源になります。

納豆に含有されている脂質は、多価不飽和脂肪酸と言われるもので、身体の中で作ることの出来ない必須脂肪酸が含まれています。

必須脂肪酸は血中コレステロールをの濃度を低下させる働きがありますので、動物性の脂質を一食でも納豆に置き換えるだけで、健康的な身体を作ることが出来るんですよ。

この必須脂肪酸が不足すると、皮膚の角化、発育不全、腎障害、脱毛など、様々な影響を及ぼします。

炭水化物

炭水化物=太るというイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、炭水化物が不足すると思考力が低下し、筋肉の減少や疲労蓄積など様々な影響を及ぼしてしまいます。

脳や筋肉を正常に働かせるためにも、炭水化物を適度に摂取することはとても大切です。

一日茶碗2杯ほどのご飯を食べることを目安にしてくださいね。

納豆は炭水化物だけでなくビタミンB1,B2を多く含む食品です。

ご飯に納豆をかけて食べる納豆ご飯は、とても効率が良い組み合わせだと言えるのです。

ビタミン

脂質やたんぱく質のように、身体のエネルギーになることはありませんが、ビタミンは三大栄養素がスムーズに働くために代謝を促す効果があります。

ビタミンが不足すると、肌の調子が悪くなるなど、美容面でも影響が出てきてしまいます。

身体の中にある消化酵素や代謝酵素、食物酵素の働きを活性化させるためにも、ビタミンは必要な栄養素だと言えますね。

ミネラル

納豆にはミネラル類も含有されていることをご存知でしたか?

カルシウムや鉄、亜鉛、カリウム、銅などがミネラルに含まれるんですよ。

現代の日本人に不足しがちな栄養素が含有されています。

ミネラル類もビタミン同様、不足すると酵素の働きが衰え、代謝が低下してしまいます。

疲れやすくなり、肌の調子も悪くなりますので、不足しないように納豆を食べてバランス良く摂取してくださいね。

食物繊維

食物繊維は、糖質や脂肪の吸収を抑制したり、整腸作用のある栄養素です。

水溶性、不溶性の2種類の食物繊維がありますが、芋類・豆類にはどちらも豊富に含有されています。

イソフラボン

納豆に含有されている大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることで有名ですね。

この成分が、納豆が胸を大きくする食べ物だと言われる理由なんですよ。

大豆イソフラボンが、エストロゲンと似た働きをすることで、乳腺が発達し、乳腺を守るために脂肪が付きやすくなるのです。

おっぱいを大きくするなら、乳腺の発達が欠かせませんので、大豆イソフラボンが豊富に含まれている納豆は、バストアップにぴったりな食べ物だと言えるんですね。

特別に料理をする必要もなく、そのまま食べられるので、毎日手軽に続けやすいと思います。

ナットウキナーゼ

納豆のネバネバ成分であるナットウキナーゼには、血管に出来る血栓を溶かす働きがあります。

血栓を溶かすことで、血液の流れを良くし、様々な栄養素が胸にまでしっかりと届けられます。

血管に血栓ができると、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞など、命に関わる病気を引き起こす危険性があります。

栄養素を身体に届けるためだけでなく、健康に長生きするためにも、積極的に納豆を食べてくださいね。

納豆の種類によって栄養素が違う?

胸を大きくする食べ物|納豆

納豆にはひきわり納豆と、粒納豆の2種類がありますよね。

粒納豆には大粒、小粒、超小粒などの種類が取り扱われています。

基本的には、どれも好みで選べば良いのですが、納豆の種類によって得られる栄養素が異なるということは、ご存知でしたか?

例えば、ミネラルですがカルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分が多いのは、粒納豆です。

しかし、リンやカリウムはひきわり納豆の方が多く含有されているんですよ。

また、ビタミンはビタミンB2は粒納豆の方に多く、ビタミンB1、ビタミンE、ビタミンKはひきわり納豆の方が多いんです。

特にビタミンKは、粒納豆が600μgに対し、ひきわり納豆は930μgと含有量に大きく違いがあるんですよ。

ビタミンKは骨を作るための栄養素ですから、どの年代の方でも、性別問わず、積極的に摂取したい栄養素ですよ。

ひきわり納豆は皮がないので、食物繊維は粒納豆の方が含有量が多いです。

ですが、消化が良いのはひきわり納豆の方ですので、高齢者の方や乳幼児に与える場合は、ひきわり納豆の方が良いでしょう。

納豆のバストアップ効果について

ここまで納豆に含有されている栄養素についてお話してきましたが、ここからは納豆を食べるとどのようなバストアップ効果が得られるのかについてお話ししていきたいと思います。

納豆は乳腺を発達させる!

胸を大きくする食べ物|納豆

納豆が胸を大きくする食べ物だと言われているのは、納豆に大豆イソフラボンという栄養素が含有されているからです。

上でも触れていますが、大豆イソフラボンという成分は、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをします。

エストロゲンは、乳腺を発達させる効果がありますので、大豆イソフラボンを摂取することで、同様の効果を得ることが出来るんですよ。

胸は脂肪が9割、乳腺が1割で構成されています。

乳腺は将来女性が子供を産んだとき、母乳を作る働きがあり、その乳腺を守るために脂肪が付くんですよ。

おっぱいを大きくするには、まず乳腺を発達させる必要があります。

女性ホルモンであるエストロゲンは、乳腺の発達を促しますが、ストレスや加齢、生活習慣の乱れなどが原因で分泌量が減少してしまいます。

納豆に含有されている大豆イソフラボンは「植物性エストロゲン」とも言われる栄養素です。

ですから、胸を大きくする食べ物である納豆を食べて、不足したエストロゲンの働きを補うんですね。

乳腺が発達すれば自然と乳腺を守るために脂肪が増え、おっぱいが大きくなることでしょう。

納豆を使ったバストアップレシピをご紹介

豆腐納豆グラタン

胸を大きくする食べ物|納豆

材料

豆腐…150g
チーズ…1枚
納豆…1パック
めんつゆ・マヨネーズ…小さじ1

作り方

  1. 耐熱容器に付属のタレを混ぜた納豆と崩した豆腐を入れ、600Wで1分30秒ほど、レンジにかける
  2. 取り出したらマヨネーズとめんつゆ、チーズを乗せ、焼き目がつくまで、オーブントースターで焼きます

たったこれだけで、大豆製品である納豆と豆腐を摂取することが出来ますし、発酵商品同士で相性の良いチーズがさらに旨味をアップさせてくれますよ。

納豆もチーズも豆腐も、どこでも手に入れることが出来る食材ですし、家にストックしているという方も多いのではないでしょうか?

あともう一品、メニューを増やしたいというときにもさっと作れるお手軽料理ですし、献立にも加えやすいのでおすすめですよ。

納豆とキャベツのバストアップサラダ

胸を大きくする食べ物|納豆

材料

千切りキャベツ…お好みの量(たっぷりと)
納豆…1パック
めんつゆ…大さじ1/2~1
のり
マヨネーズ…少々
卵黄or温泉卵…あれば

作り方

  1. 洗ったキャベツを千切りにして、さらに盛る
  2. タレを入れて混ぜた納豆をキャベツの上に乗せる
  3. めんつゆとマヨネーズを混ぜ、上からかける
  4. お好みで卵黄もしくは温泉卵を乗せ、最後にのりを散らして完成

実はキャベツにも「ボロン」という栄養素が含有されており、バストアップに効果的な成分として注目されているんですよ。

バストアップ食材であるキャベツと納豆を組み合わせることで、より効率良くバストアップすることが出来るのです。

ただし、ボロンは熱に弱いという特性がありますので、摂取するときは必ず「生」の状態で食べてくださいね。

キャベツも家に常備しているというご家庭も多いと思いますし、料理に使う頻度も高い食材ではないでしょうか。

食事をする前に納豆とキャベツのサラダを食べれば、食べ過ぎを防止することもできますから一石二鳥ですね。

鶏むね肉と納豆のキムチ添え

胸を大きくする食べ物|納豆

材料

鶏むね肉…2枚
塩・胡椒…少々
油…適量

【A】
納豆…1パック
キムチ…50g
オリーブオイル…小さじ2

ゴマ(白)…3g
刻みネギ…2g

作り方

  1. 鶏むね肉に塩・胡椒を振り、下味をつける
  2. フライパンに油をしき、中火で熱する
  3. 鶏むね肉をフライパンに乗せ、両面に焼き色が付くまで焼く
  4. フライパンに蓋をして、弱火で7分、蒸し焼きにする
  5. 焼きあがったら食べやすい大きさに切り、さらに盛る
  6. Aの食材を混ぜ合わせ、鶏むね肉に添える
  7. さらにゴマと刻みネギを散らせば完成

低カロリーで良質なたんぱく質を含む鶏むね肉は、バストアップに効果的な食材の一つです。

それに加えて、発酵食品同士で相性の良い、納豆とキムチを合わせれば、程よい辛さに箸が進むことでしょう。

まとめ

胸を大きくする食べ物|納豆

胸を大きくする食べ物である納豆について、詳しくお話ししてきましたが、いかがでしたか?

また、納豆を使ったレシピもご紹介させていただきました。

どれも身近な食材を使った献立ですので、毎日のメニューにぜひ加えてみてくださいね。

納豆はそのまま食べても美味しい食品ですし、ご飯との相性も抜群です。

色々と組み合わせを試してみて、あなただけのオリジナルレシピを完成させるのも、楽しみですね。

納豆は大豆イソフラボンを豊富に含む、優れた食品です。

しかし、納豆はバストアップを促す補助的な食べ物であると言うことを忘れないでくださいね。

胸を大きくするには、質の良い睡眠をとり、たくさん運動をすることも大切です。

女性ホルモンの分泌を促すためにも、規則正しい生活習慣や食生活が乱れないように注意してください。

バランスの取れた食事に納豆をプラスすれば、おっぱいを大きくすることは不可能ではありませんよ。

この記事を書いている人 - WRITER -