おっぱいを大きくする方法をはじめ、胸・おっぱいを大きくするクリームやブラ、サプリメントをご紹介しています。おっぱいを大きくするツボ・マッサージ、筋トレ、食べ物・飲み物・食事などバストアップのお役立ち情報が満載です。

胸を大きくする方法|成長期におすすめのバストアップ方法



 
成長期の胸を大きくする方法
この記事を書いている人 - WRITER -

小学生、中学生、高校生の10代の女の子たちは、たくさんの悩み事があるのではないでしょうか。

友達と比べて胸の大きさが小さく、それがコンプレックスになっているという子も少なくないと思います。

そこで今回は、そんな成長期の子供たちにおすすめしたい胸を大きくする方法をご紹介していきますね。

どんなやり方で胸が大きくなるのか、気になりませんか?

この記事では、自宅で簡単にできるエクササイズや運動方法、バストアップに効果的な食事、食べ物、睡眠とバストアップの関係性についてもお話ししていきます。

成長期の女の子が胸を大きくする方法

  1. 睡眠とバストアップの関係性
  2. どんな食事がバストアップをサポートしてくれるのか
  3. エクササイズで胸を大きくする方法など

おっぱいが大きくなる方法を探している小学生、中学生、高校生の10代の女の子たちは、ぜひ最後まで読んでくださいね。

成長期の子供たちにおすすめ!胸を大きくする方法<生活編>

睡眠を十分にとる

成長期の胸を大きくする方法

成長期である小学生、中学生、高校生の10代の女の子たちが、おっぱいを大きくするには、たっぷり睡眠をとることが大切です。

日ごろから睡眠不足だと、心も身体も疲れてしまいますし、肌荒れを起こしたり、様々なトラブルに繋がりますよね。

胸も身体の一部ですから、睡眠不足によって影響を受けてもおかしくありませんよね。

ただ、眠るだけでなく、胸を大きくする方法に繋がるのは「質の良い睡眠」をとることです。

入眠してから90分で深い眠りにつければ、質の良い睡眠だと言えるでしょう。

そのためにも、就寝前に暗い部屋でスマートフォンを見たり、ゲームをするのは厳禁です。

他にも夜食を食べるということも、寝つきを悪くしてしまいます。

胸が大きくなるためにも、質の良い睡眠をとれるように、夜更かしをしないようにしましょうね。

22時~深夜2時までが睡眠のゴールデンタイムと言われています。

小学生の子なら眠りやすいかもしれませんが、中学生、高校生の10代の女の子たちは塾やバイトで22時に眠るのは難しいかもしれません。

しかし、どんなに遅くても24時には眠れるようにスケジュールを調節してくださいね。

そもそも、胸は9割が脂肪で出来ています。

胸には脂肪以外に、乳腺という組織があり、乳腺を守るように脂肪がついています。

さらに、クーパー靱帯と言われる組織の束を大胸筋が胸を支えているんですよ。

胸の大きさを左右するのは、乳腺が発達しているかどうかです。

乳腺は「エストロゲン」と「プロゲステロン」という二つの女性ホルモンの分泌により、発達するんですよ。

この二つの女性ホルモンが正常に働き、分泌されていることが、おっぱいを大きくする近道なのです。

そして女性ホルモンを正常に分泌させるためにも、質の良い睡眠をとることが大切なんですよ。

バランスのとれた食事をする

成長期の胸を大きくする方法

小学生、中学生、高校生の10代の女の子たちは、胸を大きくする方法以外にも二の腕を細くする方法や、脚を細くする方法などを調べているかもしれません。

成長期真っただ中のあなたにとって、毎日三食しっかりとご飯を食べるということはとても大切です。

ダイエットが気になる年頃ですが、無理なダイエットは厳禁ですよ。

また、お菓子など間食のしすぎにも要注意です。

栄養バランスが偏ってしまうと、胸が大きくなるのを妨げてしまいます。

毎日の食事や口にする食べ物には、気を遣うようにしましょうね。

ここからは、おっぱいが大きくなる食べ物についてご紹介していきます。

毎日の食事に取り入れて、積極的に食べてくださいね。

ホルモン分泌を促すたんぱく質

成長期の胸を大きくする方法

植物性たんぱく質と動物性たんぱく質と二種類ありますが、どちらもバランス良く摂取するように心がけてください。

乳腺の発達を促進し、バストの脂肪を増やすために欠かせない栄養素の一つなんですよ。

植物性たんぱく質の代表的な食べ物は、大豆イソフラボンを多く含む大豆製品です。

納豆や豆乳、豆腐などが有名ですね。

どれも身近な食材ですから、毎日の食事に取り入れやすいのではないでしょうか。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることが分かっています。

つまり、大豆製品を積極的に食べることで、女性ホルモンが活発に分泌されるということなのです。

<たんぱく質を多く含む食べ物>

大豆、納豆、豆乳、豆腐などの大豆製品
肉類(ささみ、赤身)、魚類、乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルトなど)、卵

ハリのあるバストへ導くビタミンA

成長期の胸を大きくする方法

新陳代謝を向上させるビタミンAは、バストにハリとうるおいを与えてくれます。

ホルモンと深い関係を持つ栄養素で、生殖機能の維持にも役立つんですよ。

他にも、皮膚や髪、粘膜の機能を正常にし、美しさだけでなく、健康を維持するためにも必要な栄養素の一つです。

<ビタミンAを多く含む食べ物>

大葉、にんじん、ほうれん草、魚卵、春菊、モロヘイヤ、ピーマン、ニラ、レバー

美しいバストをキープするビタミンB群

成長期の胸を大きくする方法

ホルモンバランスを整え、バストにハリやツヤを与えるビタミンB群は、美しいバスト作りに欠かせません。

ビタミンB2はたんぱく質の代謝をサポートし、血流を促す働きがありますので、女性ホルモンや栄養素を胸まで届ける役割があります。

バストが下に垂れないように予防する役割もあるんですよ。

<ビタミンB群を多く含む食べ物>

豚肉、レバー、卵黄、ウナギ、魚卵、緑黄色野菜

コラーゲンを再構築するビタミンC

成長期の胸を大きくする方法

身体の中でコラーゲンを生成するために必要な栄養素が、ビタミンCです。

胸を支えているクーパー靱帯という組織は、コラーゲンの束繊維で出来ていますが、一度切れたり伸びたりすると元に戻ることはありません。

ですから、ビタミンCを積極的に摂取することで、バストが将来的に垂れないように予防してくれるんですよ。

また、疲労回復効果やストレスを緩和する働きもあります。

<ビタミンCを多く含む食べ物>

グレープフルーツ、レモン、オレンジなどの柑橘類
パセリ、ピーマン、アセロラ、ブロッコリー、ホウレン草

女性ホルモンを活発にするミネラル

成長期の胸を大きくする方法

鉄分、ナトリウム、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラル類は、私たちが生命を維持するために欠かせない栄養素です。

ミネラルがおっぱいを大きくするわけではありませんが、たんぱく質を合成したり、ビタミン類の働きをサポートしたりと、他の栄養素の働きをサポートしてくれるんですよ。

身体の中で作られないミネラルは、不足すると代謝が低下し、栄養素や女性ホルモンを胸まで行き渡らなくなってしいまいます。

<ミネラルを多く含む食べ物>

わかめやひじきなどの海藻類、魚貝類

バランス良く食べることが一番大切です

成長期の小学生、中学生、高校生の女の子が胸を大きくする方法は、バランス良く三食きちんと食べるということです。

ここまで胸が大きくなる食べ物をご紹介してきましたが、どれも身近なものでしたよね。

日々の食事に取り入れやすいものばかりですので、お家の方に相談して食卓に並べてもらうようにしましょう。

これをきっかけに、一緒にご飯を作るというのも良い方法ですね。

普段何気なく口にしている食事でも、お家の方が心を込めて作ってくれているものです。

どんな食べ物がどんな風に調理されているのかを知るためにも、家族のコミュニケーションをとるためにも、一緒に台所に立つのもおすすめですよ。

バストアップはしたいけれど、ダイエットもしたい!と思う方も多いと思います。

しかし、成長期のあなたは、三食しっかり食べて、健やかに成長することが何よりも大切です。

バストアップに繋がる食事をしながら、楽しい時間を過ごしてくださいね。

成長期の子供たちにおすすめ!胸を大きくする方法<運動編>

ここまで睡眠や食事についてお話してきましたが、ここからは胸が大きくなることと、運動がどのように関係しているのか、また、どんな運動がおすすめなのかについてお話していきたいと思います。

自宅で簡単にできる方法をご紹介していきますので、すぐに実践できますよ。

バストアップの定番!合掌のポーズ

成長期の胸を大きくする方法

成長期である小学生、中学生、高校生の10代の女の子にオススメなエクササイズが、合掌のポーズです。

特別な器具も必要ないので、お金もかかりませんし、自宅で簡単にできる運動ですよ。

おっぱいを大きくするための大胸筋を鍛えてくれるだけでなく、将来的に胸が垂れないように予防してくれます。

いつまでも美しく、形の良いバストを維持するためにも、合掌のポーズはぜひ試してほしい運動です。

合掌のポーズのやり方

  1. 背筋を伸ばし、姿勢を正します
  2. 胸の前で手を合わせ、合掌のポーズをします
  3. 両手を押し合うように、手に力を入れます
  4. 15秒ほどキープしてください
  5. 1セット15秒として、3セット行います

膝をついてもOK!腕立て伏せ

腕立て伏せも、特別な器具が要りませんし、自宅で簡単に行える運動の一つです。

バストアップだけでなく、二の腕を細くする効果もありますので、身体が引き締まって見えるようになりますよ。

ここでは通常の腕立て伏せのやり方をご紹介しますが、きつくて無理!という子は、膝をついた状態での腕立て伏せもOKですよ。

腕立て伏せのやり方

  1. 肩幅より少し広めにして、手を付いてください
  2. 頭から足まで、一直線になるように意識します
  3. 肘をゆっくり曲げます(反動をつけないように注意してください)
  4. ゆっくり肘を伸ばし、元の状態に戻ります
  5. 10回1セットとして、2セット~3セット行います

猫背を解消するストレッチ

ゲームやスマートフォン、長時間の勉強で身体が猫背になっていませんか?

猫背は姿勢が悪くなるだけでなく、血流が悪くなりますので、バストアップに効果的な栄養素を摂取しても、バストまで行き渡らなくなってしまうのです。

血流やリンパの流れを良くすることで、女性ホルモンや栄養素がバストまで行き渡り、おっぱいを大きくすることが出来るんですよ。

この猫背を解消するストレッチは、胸を開くので、とても気持ちが良いんですよ。

勉強などの合間に行えば、気分転換にもなるので、おすすめです。

猫背を解消するストレッチのやり方

  1. 両手を身体の後ろで組み、肘を伸ばします
  2. 両方の肩甲骨を寄せ、グーっと背筋を伸ばし、胸を開いてください
  3. 胸の筋肉が伸びているか、しっかり確認してください
  4. そのまま30秒間、キープします
  5. 30秒を1セットとして、2セット行います

バストアップと運動にはどんな関係性があるの?

成長期の胸を大きくする方法

運動には有酸素運動と無酸素運動の二種類がありますが、どちらもバストアップに欠かせない運動です。

それぞれ役割が違いますので、バランス良く運動をして、バストアップにつなげてくださいね。

有酸素運動

有酸素運動は、ウォーキングやジョギング、縄跳び、自転車などが代表的な運動ですね。

長時間続けられる運動が、有酸素運動だと覚えてください。

有酸素運動をすると、身体の中の血流が良くなり、リンパもスムーズに流れるようになります。

また、代謝が向上しますので、冷え性の改善にも繋がります。

上記で胸を大きくする食べ物をご紹介しましたが、それらを積極的に摂取すれば、栄養素や女性ホルモンが胸までしっかりと届けられるというわけなんですね。

成長期ですから、運動をたくさんすると健やかな身体作りにもなります。

胸を大きくする方法としてだけでなく、元気な身体を作るためにも、しっかりと運動をしてくださいね。

無酸素運動

無酸素運動は、瞬発的な運動のことを指して言います。

筋トレや全力ダッシュなど、すぐに息が上がり、力尽きる運動のことですね。

無酸素運動をすることでバストを支える大切な大胸筋や、バストを吊り上げる小胸筋が鍛えられます。

また、筋トレをすることでおっぱいが大きくなる成長ホルモンが活発に分泌されるんですよ。

なぜ、負荷の高い筋トレをすると成長ホルモンが分泌されるのかと言うと、乳酸の存在が鍵を握っています。

乳酸が発生すると、脳の下垂体が、筋肉細胞が傷付いたことに気付き、早く治すようにと成長ホルモンの分泌を促進するのです。

さらに胸を支えるベースとなるのは、大胸筋です。

大胸筋の上にクーパー靱帯や脂肪組織が乗っているので、大胸筋を鍛えることで胸が垂れないように支える力が増すんですよ。

1日10分の無酸素運動を3回行うだけでも、成長ホルモンの分泌が促されるという研究結果があるほど、バストアップに欠かせない運動だと言えるのです。

無酸素運動を行い、筋肉を発達させるには、毎日の運動は必要ありません。

大胸筋のような大きな筋肉を鍛える場合、48時間の休息が大切です。

ですから、無酸素運動は毎日頑張らなくても成長ホルモンを促すことが出来るんですよ。

バストアップを目的とするのなら、先に無酸素運動で成長ホルモンを促し、有酸素運動で血液やリンパの流れを促進するという順番が効率的です。

成長期の子供たちにおすすめ!胸を大きくする方法<アイテム編>

バストアップクリームを使う

成長期の胸を大きくする方法

上記でご紹介したバストアップ方法を試しても、思うような効果が得られない場合は、バストアップクリームを使うという方法もあります。

しかし、バストアップクリームを小学生、中学生、高校生の10代の女の子が使うには、注意が必要です。

まず、配合されている成分に「プエラリア」と言われるものが含まれているバストアップクリームは「使用しない」でください。

バストアップクリームやバストアップサプリメントに良く配合されているプエラリアという成分は、未成年の子供とピルを飲んでいる方は、使用してはいけない成分です。

副作用のことを考えると、胸を大きくする方法だからといって、成長期の子供が使用するのは危険です。

胸を大きくするサポートをする役割として、バストアップクリームを使うのは良いですが、配合されている成分をしっかりと調べて、本当に10代でも使っても大丈夫かどうか確認してから使用してください。

プエラリアの変わりに「ボルフィリン」という成分が配合されている、バストアップクリームなら使用しても大丈夫ですよ。

バストアップクリームはあくまで補助的なアイテムとして、使用するということを忘れないでくださいね。

まとめ

成長期の胸を大きくする方法

ここまで小学生、中学生、高校生の成長期の女の子の、胸を大きくする方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

10代はまだ身体が成長しきっていない子供の身体です。

まずは、栄養バランスの取れた食事を一日三食しっかりと食べて、ぐっすり眠ることが大切です。

そして運動不足にならないように、たくさん身体を動かしてくださいね。

そうするだけで、胸を大きくすることが出来るはずですよ。

この記事を書いている人 - WRITER -