おっぱいを大きくする方法をはじめ、胸・おっぱいを大きくするクリームやブラ、サプリメントをご紹介しています。おっぱいを大きくするツボ・マッサージ、筋トレ、食べ物・飲み物・食事などバストアップのお役立ち情報が満載です。

胸が小さい女性のファッション【秋版】おすすめコーデを徹底解説



 
胸が小さい女性のファッション【秋版】
この記事を書いている人 - WRITER -

街中でおっぱいの大きい女性を見ると、ついつい自分のおっぱいの大きさを気にしてしまう、自分のバストは何でこんなに小さいんだろう?と頭を抱えてしまう!という女性も多いのではないでしょうか?
特に、夏の時期には水着になる機会や肌を露出する機会も多く、おっぱいの大きさが気になりがちですが、寒い季節でもそれは同じことが言えます。

冬ほどしっかり着込むこともできないものの、夏ほど露出もない微妙な季節である秋
胸が小さいことをカバーするために、どんなファッションをすれば良いのだろう?と悩んだことはありませんか?

バストが小さいことをカバーしながらコーディネートすれば、暖かい服装をしながらも色気や可愛らしさを出すことができます。
今回この記事では、中学生や高校生など、10代の学生でも取り入れやすいものから、20代や30代の大人の女性にも取り入れやすい胸が小さい女性の秋のファッションのテクニック・コツについて、徹底的に解説していきます。
子供のようなバストのサイズに悩んでいるという方、少しでも自分のコンプレックスを隠すファッションを知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

胸が小さい方の秋ファッションで気を付けること

胸が小さい方が、ファッションで自分のコンプレックスをカバーしたいという場合に、どのようなコツを意識すれば良いのでしょうか?
取り入れたい方法もあれば、反対に取り入れてはいけないNGテクニックもあります。

バストが大きい女性だからこそ似合う服装もあれば、胸が小さいからこそきれいに着られるデザインもあるものです。
では、胸が小さい人がファッションで、気をつけたいポイントとは何なのでしょうか?特に、秋の時期に気をつけたいコーディネートやファッションのポイントについて、まずはご紹介します。

大きく胸の開いたVネックは要注意

胸が小さい女性のファッション【秋版】

胸が小さいことがコンプレックスなら、胸の大きく開いたVネックのものは、避けた方が良いでしょう。胸が大きい方であれば、胸元が大きく開いたVネックは、セクシーさを出すのにピッタリです。
特に、シンプルなデザインのVネックを取り入れれば胸元に目線を集めることができるので、バストが自分のお気に入りの体のパーツだという方は、取り入れたいもの。
しかし、胸が小さいことがコンプレックスなら、その反対の効果になってしまいます。

痩せたデコルテや寂しい胸元が強調されてしまうので、コンプレックスをカバーするどころか、強調してしまうファッションに…。
綺麗なデコルテが強調できれば、セクシーさも出せるものですが、少し前かがみになったり、激しく動くシーンでは胸だけではなく、お腹まで見えてしまうという最悪の事態にもなりえます。

胸が小さいと悩んでいる方は、華奢な方が多く、デコルテも痩せているという方が多いんです。
それで、胸元をインナーでしっかりと隠したとしても、胸元が開いた大きなVネックは、どうしても貧相に見えてしまったり、胸元が強調されてしまいます。

寒さもまだ本格的になっていない秋は、大きな胸元の開いたVネックのセーターやベストなどを、取り入れたくなるかもしれません。
しかし、秋におすすめのそのようなアイテムは、胸元に注目を集めてしまうデザインですので、胸がコンプレックスの方は控えましょう。

ピッタリとしすぎたファッション

胸が小さい女性のファッション【秋版】

体のラインが強調されるファッションも、胸が小さい方にとっては、コンプレックスをカバーするどころか、目立たせてしまうことがあります。
胸が小さいことが悩みでも、体の全体のスタイルには自信があるというスレンダーさんは、ぴったりとした服を着がちです。

どんな服でも着こなせて、後ろから見るとスタイル抜群という方でも、胸が小さいと前から見たときに胸が強調されてしまうかも。
スタイルの良さをアピールするために、ボディラインがしっかりと出る体に密着した服を着ると、実は胸の小ささが目立ってしまうんです。

秋には、体にピタッと密着したニットのワンピースなど、可愛いアイテムがたくさんありますが、胸が小さいことを強調してしまうファッションですので、控えたほうがよいと言えそうです。

丈が長いアイテム

胸が小さい女性のファッション【秋版】

小さい胸がより小さく見えてしまうNGコーデは、丈が長いアイテムを取り入れたものです。
特に、秋には可愛いニットタイプのチュニックなどを、ついつい着たくなりますが、シルエットが縦に広がって見えやすい丈の長いアイテムを選ぶと、小さな体がより細く見えてしまうことがあります。
シルエットを全体的に縦に見せるため、チュニックなどの丈が長いアイテムは、着痩せ効果のあるアイテム。しかし、胸が小さいことをカバーする時には、逆効果になってしまいます。

胸のサイズも、横ではなく縦にまっすぐ伸びているように見えるので、胸が小さいことを強調してしまいます。

バックを肩にまっすぐかける

胸が小さい女性のファッション【秋版】

革製品が使いやすくなる秋のシーズンは、お気に入りのバッグを使って、外にお出かけしたくなりますよね。
小さな胸を強調したくないなら、バッグを肩に垂直にかけるのは、おすすめできません。実はこのバッグを肩に垂直にかけるという方法は、胸を小さく見せてしまうもの。
全体的に、シルエットが縦に向いてしまうからです。

細いベルトのバックを肩に垂直にかけて出かけると、どうしても体のラインが縦に強調されてしまい、小さな胸が強調されてしまいます。
それで、大切なのはバックを斜め掛けにすること。小さな胸でも、大きく見せることができるので胸が小さいとお悩みの方は、秋にお気に入りのバッグを斜め掛けにして、出かけましょう。

チャームが大きなネックレス

胸が小さい女性のファッション【秋版】

夏に引き続き、秋もアクセサリーが気になるシーズン。ファッションのアクセントとして、お気に入りのネックレスをコーディネートするのが好きだという女性も、少なくないでしょう。
ただ、小さな胸がコンプレックスだという方は、この秋のファッションコーデに注意が必要です。実は、チャームが大きめのネックレスを胸に首元につけることで、胸元に視線を集めてしまいます。

それで、小さな胸がより強調されてしまう可能性があるんです。
首元から大きなネックレスがのぞけば、お洒落な印象はありますが、胸が小さい事をカバーするという意味ではあまりおすすめできないと言えるでしょう。
胸元に視線や他の人の意識を集めないようにしたいなら、小ぶりのネックレスが秋のファッションのアクセントにおすすめです。

カシュクールは胸を小さく見せる

胸が小さい女性のファッション【秋版】

秋に人気のアイテムカシュクール、実は胸を目立たなくしてしまう秋のファッションアイテムの一つです。
カシュクールの良いところは、胸元をすっきり見せてくれたり、ウエストを細く見せるというもの。

胸が大きすぎることが、コンプレックスの方にはもってこいのコンプレックスカバーアイテムなのですが、胸が小さいことを隠したい方には、逆効果です。
このファッションアイテムは、胸やウエストを細く見せてくれる効果があるので、全体的に華奢な体型で、足に自信があるという貧乳さんには魅力的に見える秋のファッションアイテムでしょう。

しかし、スタイリッシュにキマりすぎて、全体的に寂しい印象を与えてしまうことがあります。
小さな胸がより目立たくなる可能性があるので、かわいいアイテムとはいえ、バストのコンプレックスを隠したい方に、カシュクールはおすすめできないファッションです。

胸が小さい方が意識したい秋のファッションテク

いかがだったでしょうか?ここまで、胸が小さい方が避けた方が良い秋のファッションについて、ご紹介しました。では、続いて胸が小さいことをコンプレックスに感じている女性が、どんなテクニックを意識すれば良いのか?をご紹介していきます。特に秋のおしゃれなファッションに取り入れたいポイントはもちろんのこと、1年を通して常に意識すると良いコンプレックスをカバーするファッションテクニックを紹介していきますので、参考にしてみてください。

フリルを積極的に取り入れよう

胸が小さい女性のファッション【秋版】

おしゃれの秋、男性ウケ抜群のファッションアイテムとして定番のフリルは、胸が小さいと悩んでいるあなたにこそピッタリの、強い味方です。
胸が大きい方が着ると、ついつい太って見えてしまいがちなフリル。

胸が小さく、身体全体に華奢な印象の強い貧乳さんなら、可愛く着こなしながらもコンプレックスを隠すことができてしまう秋のおすすめアイテムなんです。
特に、胸元にフリルがついたタイプのシャツは、胸にボリュームをだし、ほどよく盛ることができるので、秋にはもちろん、1年を通して積極的に取り入れたいファッションアイテムです。

胸元にアクセントが何もないと、小さな胸に視線が集まってしまうことがありますが、フリルを取り入れれば、視線はフリルに集まります。
胸が小さいという印象も弱まるので、秋に積極的に取り入れて行きましょう。寒さもそれほど厳しくない秋のシーズンは、フリルシャツ一枚で、パンツでもスカートでも可愛く着こなせてしまいます。

女性らしさを出しながら、小さい胸をカバーできる秋におすすめのファッションアイテムです。デートにもどんどん使いたいおすすめテクニックですよ。

柄物を大胆に取り入れよう

胸が小さい女性のファッション【秋版】

秋のファッションアイテムには、柄物を大胆に取り入れるのがおすすめです。胸が小さいことをカバーしながら、トレンド感やこなれ感を出しやすいのが、柄物の美味しいポイントと言えるでしょう。
特に、ドット柄や千鳥格子など、秋のアイテムにぴったりの可愛い柄がたくさんあります。

一年を通して、女の子らしさを出せるドット柄やチェック柄も、胸が小さいというお悩みを抱えるあなただからこそ、オシャレに着こなせるアイテムのひとつです。
女性らしさが抜群で、デートにも取り入れたい小花柄などもおすすめです。肌寒い日も出てくる秋のシーズンには、柄物のトレンチコートなどを、取り入れると良いでしょう。

女性らしさを演出し、柄物で印象をそちらに集めることで、胸の小ささが強調されません。
秋のファッションでは、羽織アイテムなどで、柄物を取り入れやすい時期でもあるので、お気に入りの柄を一つ見つけてみてはいかがでしょうか?
特に、チェック柄は、胸が小さいからこそ、きれいに着られるアイテムだと言われています。

秋が深まれば、様々なチェック柄のファッションアイテムが登場し、取り入れるだけでトレンド感を出すことができます。
ビッグチェックやグレンチェック、タータンチェックなど、様々な種類のチェック柄を取り入れるのは、胸が小さい方におすすめのファッション。
チェック柄というのは、規則正しい線で構成されています。それで、胸が小さく凹凸が少ないボディの女性にこそ、似合うパターンと言えるんです。

胸が大きく、凹凸がある体だとその柄を美しく見せることができないからです。
ニットやシャツ、ワンピース、羽織ものなど様々なファッションアイテムに、チェック柄が出る秋のシーズンは、胸が小さい方に嬉しいシーズンと言えるです。
反対に同じ柄物でも、ストライプ柄は縦のラインが強調されて、胸の小ささを引き出してしまうもの。ストライプ柄を避けながら、色使いにメリハリのあるチェックやドット柄を選びましょう。

明るい色を取り入れよう

胸が小さい女性のファッション【秋版】

秋は、グレーやカーキ、ベージュなど、どうしても暗めの色を取り入れたくなってしまいます。秋や冬物のクローゼットは、暗めの色が多いという女性も少なくないでしょう。
しかし、胸が小さいことを隠すファッションでは、明るめの色を選ぶのがオススメです。

特に、緑や青、グレーなどの寒色よりは、ピンクやオレンジなどの明るめの暖色を選んだ方が、胸が小さいことをカバーするファッションコーディネートを作りやすくなります。
特に、胸元にボリュームがないという方は、明るめの色を取り入れるのが、コンプレックス対策にかなり大切。
表情が明るく見えるだけではなく、秋で服がどうしても暗めの色になる時期に、周囲との差をつけることができるでしょう。

キレイめの色のトップスを取り入れることで、気分も上がります。濃い色を取り入れるのは、秋らしさと思うかもしれませんが、どうしても胸のラインが目立ってしまうファッションになります。
着痩せ効果のある色も、胸が小さい方にとっては大敵。一般的に、膨張色と言われている色を取り入れることで、胸にボリュームがあるように見せることができるんです。

胸が小さく、身体のラインがほっそりとした方だからこそ、素敵に着こなせる色を、秋のファッションに積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか?

女性らしさ抜群のワンピース

胸が小さい女性のファッション【秋版】

一年を通して着られ、女性らしさが抜群のワンピースは、胸が小さいことで悩んでいる方にこそ、おすすめしたいファッションアイテム。
ワンピースは、すっきりとしたラインを見せることで、より美しく着こなすことができるファッションアイテムです。

それで、体の凹凸が少ない、胸が小さいという悩みを抱えている方に、一番似合う最強のアイテムと言えるでしょう。
特に、胸が小さい方におすすめのデザインは、ウエストの周辺がキュッと引き締まっているものです。細身の体で、スタイルの良さを引き出すことが出来ます。
また、胸の下のあたりに切り替えがあるデザインを取り入れることで、子供っぽい印象を避けて、大人っぽさを出すことができるでしょう。

胸に切り替えがあることで、胸にボリュームがあるようにも見えるため、胸が小さい方には、もってこいです。
秋には、テロッとしたタイプのワンピースが増えますが、ふんわりとした素材を選ぶことで、より胸が小さいことをカバーしやすくなります。

また、ニット素材のワンピースは、ボリューム感があり、女性らしい体のラインを出すのにピッタリです。
秋におすすめの厚手のニット素材を取り入れれば、体のラインを強調せず、胸元にボリューム感を出すことができます。
秋にぴったりのニットワンピは、胸が小さい方に一番似合うアイテムです。

ハイウエストのコーデ

胸が小さい女性のファッション【秋版】

胸が小さい方が、コンプレックスをカバーするためには、ハイウエストのコーデを取り入れるのがおすすめです。
胸が小さいことをカバーするファッションで最も大切なのは、ファッション全体にメリハリをつけること。

コーデにメリハリをつけ、引き締め効果をアップしてくれるのが、ハイウエストのボトムスです。
足を長く見せるだけではなく、実は胸を大きく見せる効果も期待できてしまうのが、このアイテムのすごいところ。

胸が小さいことが、コンプレックスでも、スタイル全体には自信がある、足は比較的長いという方には、特におすすめのアイテムです。
ゆったりとしたトップスとの相性がとても良いので、秋に積極的に取り入れて行きましょう。胸が大きい方がハイウエストを着ると、必要以上に胸の大きさが強調されてしまい、違和感があります。

しかし、胸が小さいという方であれば、そのバランスがうまく整うんです。
ゆったりとしたニットなどを上半身に取り入れ、下半身はハイウエストで引き締めるなど、秋にぴったりのファッションコーデは、たくさんあります。

自分の体のラインにあったハイウエストのボトムスを、まずは一着購入してみてはいかがでしょうか?

マフラー・ストールを賢く使おう

秋や冬のシーズンに大活躍のマフラーやストールは、胸が小さいことがコンプレックスの方に、強い味方のファッションアイテムです。
フリルと同じように、小さな胸から視線を外させて、印象を薄める効果があるでしょう。どんなファッションしていても、さっと巻くことで、気軽に取り入れることができるのも、嬉しいポイントの一つです。

全体のファッションコーディネートでバランスを考える時間が無かった、ついつい自分の好きな服を着てしまったという日でも、マフラーやストールを賢く取り入れることで、胸が小さいことをカバーできます。

さっと首元に巻くだけで、胸元をふんわりとカバーしてくれ、ボリュームアップ効果が狙えるでしょう。
ついついデコルテが開いた服を着てしまったという日でも、ストールやマフラーで上手くカバーできます。

しっかりと胸元にボリュームを出すことで、顔も小さく見える効果があるので、まさに一石二鳥。
男性からもウケが良いマフラーやストールをふんわりと首元に巻いたスタイルは、秋冬におすすめのファッションコーディネートです。

マフラーなどは値段も手頃で、いくつかレパートリーを持つことができるファッションアイテムでもあるので、お気に入りのものを、秋に向けて今から集めてみてはいかがでしょうか?

パッドを使って重ね着もあり?

胸が小さい女性のファッション【秋版】

ある程度重ね着をしたり、肌の露出が少ない秋のファッションでは、胸のパッドを使ってしまうという手もありです。
春や夏の薄着のシーズンは、どうしてもパッドがばれやすかったり、あからさまになってしまうことがあります。

しかし、秋のファッションでは、胸が小さいことをカバーするのに、パッドを使うのは、一つの方法と言えるでしょう。
胸が小さいことが悩みだという方はもちろん、左右で胸の大きさが違うといったコンプレックスを抱えている方にも人気のパットは、女性の強い味方です。

特に、柔らかい素材の胸パッドを取り入れれば、体の動きにもフィットするので、スポーツシーンでも問題ありません。
ブラジャーの正確なサイズや自分のバストの正確なサイズを知ることで、どんなファッションコーデにも合う胸のボリュームアップが狙えます。
専門店などでプロにしっかりと計測してもらい、どのようなパットが自分の生活スタイルに合っているのかを見極めましょう。

どんなファッションをしていても、胸が小さいことをカバーできるパッドは、とにかくオールマイティのアイテム。
汗をかくことも減る秋の時期はパッドを試してみるのにぴったりのシーズンといえそうです。

秋に外せないファッションアイテム・コーデ

白シャツ

胸が小さい女性のファッション【秋版】

胸が小さいからこそ、綺麗に着ることのできる秋のファッションアイテムの一つは、白シャツです。
シンプルで、スタイリッシュにキマる白シャツは、人気かつ定番アイテムですが、胸が大きい方が着ると身体の凹凸が強調され、スタイルが良く見えないのが難点でもあります。
それで、胸が小さいというコンプレックスをプラスに変えるのにピッタリなアイテムと言えるでしょう。また、白シャツは胸が小さい方が悩みがちな色気を出すのにも、ぴったり。

少しテロっとした素材の物を選ぶと、女性らしさを増すことができ、男性の視線を釘付けにできます。
シンプルな白シャツにタイトなスカートなどを組み合わせれば、秋らしく大人っぽいセクシースタイルの出来上がり。

ファッション全体を少し外したいという方は、スニーカーなどを取り入れれば、着やすくなります。

ハイネックのトップス

胸が小さい女性のファッション【秋版】

首元がピタッとして閉じているトップスは、胸が小さいからこそ、綺麗なバストラインを出してくれる効果のある、見逃せない秋のファッションアイテムです。
バストラインが目立つから避けたい!と思うかもしれませんが、胸が小さいからこそ綺麗に着ることができるおすすめアイテム。

伸縮性のあるニット素材を選べば、女性らしいすっきりとした体のラインを出すことができます。
スッキリとしたパンツと合わせても良し、ふんわりとしたスカートと合わせても良しなバランスの取りやすいハイネックのトップスは、秋に是非とも取り入れたいファッションです。

胸が小さくてもファッションの秋を楽しもう

胸が小さいことをうまくカバーする方法さえ知っておけば、コンプレックスがあっても、秋のファッションを楽しむことができます。
どこに視線を集めるのか?どこでファッションコーデ全体のバランスを外していくのか?などを少し意識するだけでも、印象は変わってくるもの。

胸が小さいからと諦めていたセクシーさが出せるコツもあります。コンプレックスを隠しつつ、自分の良さを出せるファッションコーデで、お洒落を楽しんでくださいね。

なお、胸が小さい人におすすめの冬のファッションはこちらでご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
胸が小さい女性のファッション【冬版】おすすめコーデを徹底解説

この記事を書いている人 - WRITER -