おっぱいを大きくする方法をはじめ、胸・おっぱいを大きくするクリームやブラ、サプリメントをご紹介しています。おっぱいを大きくするツボ・マッサージ、筋トレ、食べ物・飲み物・食事などバストアップのお役立ち情報が満載です。

胸が小さい女性のファッション【夏版】おすすめコーデを徹底解説



 
胸が小さい女性のファッション【夏版】
この記事を書いている人 - WRITER -

女性のコンプレックスで多いのが“胸が小さい”というものです。
女性らしさを象徴するおっぱいが小さいと、自分のサイズについて恥ずかしさを感じ悩みを抱えてしまうことがあります。

そのため普段は洋服で目立たないように上手にカモフラージュしていますが、薄着になる夏場はどうしてもカバーすることが難しく憂鬱に思うこともしばしばです。

胸が小さい女性は大きい方と比較して似合う夏のコーディネートが限られているイメージがありませんか?

夏はサイズが目立ちやすくなるだけでなく、胸が小さいとスタイルにメリハリが無く貧相に見えてしまったり、大胆なデザインの服を着たいと思っても子供っぽい体型では似合わなかったりする悩みも生じます。

夏でも小さい胸を目立ちにくく出来たり、大きく見せられたりするファッションがあるのであれば積極的に取り入れていきたいですよね。

胸が小さい女性には一体どのようなファッションが似合うのでしょうか?
どのような点に気を付ければ小さい胸が目立たずに素敵なコーディネートが完成するのかも気になります。

こちらでは、胸が小さい女性におすすめの夏向けファッションを幅広くご紹介していきたいと思います。
小さいバストでもお洒落な着こなしがしたいと思っている方はぜひ参考にご覧になってください。

胸が小さい女性のおすすめ夏ファッションについて

胸が小さい女性の夏ファッションのポイントやアイテムとは?

胸が小さい女性のファッション【夏版】

胸が小さいとコーディネートをしてもなんだかぼやっとした感じに仕上がることがありますよね。
夏服は涼し気なものが多い一方で、バストが小さいとより目立ってしまうようなデザインが多いのが悩みです。

小さい胸を持つあらゆる年代の女性に共通する夏ファッションのポイントや、おすすめアイテムがあります。

《共通するポイント》

  • 胸元が大きく開かないデザインをチョイス
  • 胸や袖にボリューム感を出す
  • 柄デザインによる錯視を狙う

《おすすめアイテム》

  • ワンピース
  • ハイウエストボトムス
  • 浴衣

3つのポイントに気を付けたり、おすすめアイテムを用いたコーディネートをすることで小さいバストをカバーすることが出来ます。

夏ファッションのポイントやおすすめアイテムにはそれぞれどのような理由があり胸の小さい女性に向いているのでしょうか?
きちんと理解してコーディネートに応用していきたいものです。

それでは詳しくご説明していきたいと思います。

ポイント①胸元が大きく開かないデザインをチョイス

胸が小さい女性のファッション【夏版】

胸が小さい女性は、胸元が大きく開かない夏服を選ぶのがポイントです。

とくに相性が良いのがボートネックやラウンドネックです。
どちらもネックラインが程よく開いているため暑苦しい印象を与えずに品のある着こなしが出来るのが特徴です。

ボートネックとはその名の通りネックラインがボートの底のような形になったデザインのことです。
縦ではなく横に広く浅くデザインされているためバスト近くの露出が適度に抑えられ、小さい胸を目立ちにくくすることが可能ですよ。

ボートネックは胸が小さい女性が着用すると着膨れせずに、デコルテを綺麗に見せることが出来るとされています。
そのため自然とデコルテの方に視線が集まり小さいバストが気にならなくなるのです。
バストのカバーにプラスして、女性らしさを引き立てることも出来るのでおすすめです。

また、ラウンドネックは丸くデザインされているため全体的にふっくらと見せたり胸の凹凸を目立たなくさせる効果を狙えますよ。

反対にVネックやUネックのような首周りが大きく開いたトップスの着用は控えた方が無難でしょう。
膨らみの少ない胸を目立たせるだけでなく、前かがみになった際に服の間に大きな隙間が出来てしまいます。
その隙間からチラッと見えるとサイズ感やブラまでもが分かってしまいますので小さい胸の方には向いていません。

胸が小さい女性は、服の胸元の開き加減にも着目してお選びください。

ポイント②胸や袖にボリューム感を出す

胸が小さい女性のファッション【夏版】

胸元や袖にボリューム感を出すと小さい胸を目立たなくしたり、大きく見せたりすることが出来ます。
具体的には、立体的なフリルや存在感のあるリボンがあしらわれた洋服がおすすめです。

バストが小さいと正面はもちろん横から見た時にウエストまでのラインがなだらかでサイズがより強調されてしまいますよね。
胸元にフリルやリボンがデザインされているとその分膨らみが多くなりふんわりとして、実際のサイズよりも胸が大きく見えるようになるのです。

さらに胸元にワンポイントとなるものがあるとそちらに意識が向くため、胸に視線が集まったとしてもサイズ自体は気にならなくなります。
同様の理由からフリルやリボンなどの装飾で袖にボリューム感を出すと小さい胸でも目立たなくなります。

大きく盛ることが出来るのと同時に、サイズに注目が集まらなくなり胸が小さいと思われにくくなるのは嬉しいですよね。

フリルは春服に使われることが多くなっていますが、素材の質感やノースリーブなどの袖丈でバランスを取ると夏らしさを演出出来ます。

またフリルやリボンはガーリーなイメージがあるため好みのスタイルに合わせづらいと感じたり、子供のように幼く見えてしまうのではと心配になったりする場合もあるかもしれません。
ですが大きさやデザイン、カラーによっては大人っぽくもなりますので、バストをナチュラルに大きく見せられるようにワンポイントで取り入れるのがおすすめです。

ポイント③柄デザインによる錯視を狙う

胸が小さい女性のファッション【夏版】

胸が小さい女性は無地を避け、トップスには柄物を選ぶようにしましょう。
柄デザインは目視で体のラインを確認しづらいという特徴があるため、なだらかな胸の凹凸が目立たなくなります。

無地はあらゆるファッションに合わせやすく、コーディネートを考える際にもついつい選びがちですよね。
ですが無地は体のラインがはっきりと分かり、胸の小さい女性が着用すると胸元がストンと落ちている印象を増加させてしまうのです。

そのため柄物をトップスに取り入れることが小さい胸を目立たなくするポイントになります。

胸が小さい女性の夏ファッションにおすすめはチェック柄、ドット柄、花柄、ストライプ柄の4パターンです。
とくにギンガムチェックやドット柄はマリンテイストに仕上がりますので爽やかな夏のコーディネートが完成します。

花柄は春から秋にかけて洋服のパターンに用いられる機会が多くなっていますが、夏は一つ一つの花が大きなものやパキッとした明るいカラーだと季節感を出すことが出来ますよ。

すっきりとした印象のストライプ柄のトップスを着用すると、体が細くシャープになったように感じますよね。
そのため胸が小さいとますますボリュームが少なく見えてしまいそうだと思いませんか?
ですが実際に着用してみると真っ直ぐなストライプ柄が胸の膨らみに合わせてゆがみ、その錯視によって大きく見せられますよ。

柄物を取り入れる場合は、チェック柄、ドット柄、花柄、ストライプ柄を中心に検討しましょう。
最近人気のレモンなどをモチーフとしたフルーツ柄も夏はより映えます。

アイテム①ワンピース

胸が小さい女性のファッション【夏版】

胸が小さい方と相性が良いのがワンピースです。
とくに胸下で切り替えのあるデザインは小さいバストを大きく見せられるとされています。

胸を大きく見せるには、バストトップとアンダーとの差が必要になりますよね。
胸下に切り替えがありキュッと絞られたデザインのワンピースは、しっかりとその差を作ることが出来るため小さい胸でもふっくらと膨らんでいるように見せられるのです。

シフォンなどの柔らかな素材から仕立てられたワンピースだとさらなるボリュームアップが期待出来ます。

切り替えのないAラインワンピースも、ベルトを用いてウエストマークを作ることで自然な切り替えが出来ますよ。

元々ワンピースは大きなおっぱいだと太って見えたり強調され過ぎたりしてしまうため、胸が小さい女性の方がすっきりと上手に着こなせる服になります。

アイテム②ハイウエストボトムス

胸が小さい女性のファッション【夏版】

胸が小さいという悩みを抱えている方には、ハイウエストのボトムスがおすすめです。

ハイウエストデザインはファッション感度の高い女性の間で人気を博し、今やワードローブに欠かせないアイテムとなっています。
ハイウエストボトムスというと脚長効果を一番に思い浮かべると思いますが、小さい胸を大きく見せられる優秀なアイテムでもあるのです。

胸が小さいと全体的にのっぺりとしたシルエットに見えてしまいますよね。

ハイウエストボトムスを着用するとウエストが高い位置で作られ、小さい胸でもバストトップがくっきりと分かるようになりメリハリが出ます。
子供っぽさの残る体型から、程よいバストボリュームのあるスタイルになれますよ。

さらにウエストの位置が高く上がることで上半身の面積が少なくなり、いつもと同じバストサイズでも自然と大きく見えるようになるという嬉しい効果にも期待出来るのです。

数あるハイウエストボトムスの中でもとくに胸が小さい女性に合うのがフレアスカートです。
ウエストが高い位置でキュッと締まり、ヒップにかけてフレアがふんわりと広がるためモデルのような魅力的なシルエットに近づくことが出来ますよ。

短めの丈で肌見せをしたり、明るいカラーのハイウエストボトムスを選んだりすると夏らしいファッションに仕上がります。

アイテム③浴衣

胸が小さい女性のファッション【夏版】

夏になるとお祭りや花火大会が開催され、浴衣を着るシーンが多くありますよね。

浴衣は小さいカップでも目立たずに着用出来るため、胸にコンプレックスを抱えた女性向けの夏アイテムになります。
そして、10代(中学生~高校生)の学生から、20代・30代の大人の女性まで幅広い年代におすすめ出来るのが浴衣の特徴でもあります。

浴衣はメリハリのある体型より、カップが小さい方が良いと言われています。
つまり、胸が小さい女性こそが美しく着こなせるのです。

通常浴衣を着用する際は全身のラインをなだらかして綺麗なシルエットになるように、お腹の部分にタオルを当てて厚みを出し胸との差を少なくします。
胸が小さい方は元々浴衣に向いているため、着用時に補正をせずにそのまま着付けを行えます。

洋服であれば他の女性より胸の膨らみが少ないとサイズが小さいことが一目瞭然となり、恥ずかしく思うこともありますよね。

浴衣にはそのような心配がありません。
どんなに胸の大きな女性でも着用すると体のラインがほとんど均一になりますので、小さい胸だと目立ってしまうという状況が起こりにくいです。

胸が小さい女性はタオルをお腹に入れる必要が無いため、着崩れしにくくシワにもなりづらいというメリットまで存在していますよ。

普段は小さい胸を少しでも大きく見せたいと様々な工夫をしている女性が、そのままで色っぽく美しい佇まいになれるのが夏の浴衣の魅力です。

胸が小さい女性に似合う浴衣ですが、時には着用時にもう少し胸を大きく見せたいという願望が生まれることがあるかもしれません。
その場合には、お腹ではなく胸に4つ折りにしたタオルを当て調整してから着付けをすることで解決します。

胸が小さい女性におすすめの夏ファッション・年代別コーディネートとは?

胸が小さい女性のファッション【夏版】

胸が小さい女性向けの夏ファッションのポイントやアイテムをおさえた素敵なコーディネートは実はたくさんあります。

しっかりとした重ね着で隠すことが出来ない夏は小さいおっぱいが目立ちやすく、毎日のコーディネートが悩ましい季節ですよね。
胸が小さくてもマンネリ化せずに夏のファッションを楽しみたいものです。

実際にどのようなコーディネートがあるのでしょうか?

小さい胸を持つ女性向けのコーディネートと言っても、サイズを目立たなくするものや実際よりもカップ数を大きく見せるものまで様々です。
そして10代の学生(中学生~高校生)と、20代・30代の大人とではおすすめの夏のファッションが異なります。

胸が小さい女性に似合う年代別の夏ファッションとは一体どのようなものなのでしょうか?

具体的にどのようなアイテムを合わせてコーディネートしたら小さいバストが気にならずに洗練されたスタイルが完成するのでしょうか?

10代、20代、30代それぞれの魅力を引き立てられる夏ファッションを知ってコーディネートの幅をもっと広げていきたいですよね。

それではおすすめの夏のファッション・コーディネート例を詳しくご紹介していきたいと思います。

10代(中学生~高校生)向けの夏のコーディネート例

中学生や高校生などの学生さんの夏のコーディネートは、10代ならではの可愛い服のデザインや健康的な肌見せで他のパーツに視線を集め小さい胸を目立たなくするのがポイントです。

ギンガムチェック柄ブラウス×ショートパンツ

胸が小さい女性のファッション【夏版】

小さい胸を目立たなく見せることが出来るギンガムチェック柄のブラウスは、一点投入するだけで夏らしいコーディネートに早変わりします。
さらに胸元が開き過ぎないボートネックや、袖がふんわりと膨らんだパフスリーブになっていると、胸ではなくデコルテや袖に注目が集まりますよ。

可愛くも大人っぽいファッションを好む傾向がある10代の女性にはブラックやネイビーなどの落ち着いた色味のギンガムチェック柄ブラウスと、無地のハイウエストショートパンツを合わせたファッションがおすすめです。

足元はウエッジサンダルでカジュアルに仕上げてください。

フリルノースリーブカットソー×ハイウエストジーンズ

胸が小さい女性のファッション【夏版】

たっぷりとフリルがデザインされたノースリーブのカットソーで視線をずらし、ハイウエストジーンズでしっかりとくびれを作って小さい胸を大きく見せましょう。

トップスにボリュームがある分、ボトムスはスキニータイプにするとバランスが取れた夏スタイルが完成します。

フリルのノースリーブカットソーはヘルシーな肌見せが出来るだけじゃなく、合わせるアイテムによって甘めにも辛めにもコーディネートが可能なため1枚持っていると夏のファッションに重宝しますよ。

ハイウエストジーンズに細めのストラップサンダルを着用することで、カジュアル過ぎずレディライクな着こなしが叶えられます。

20代向けの夏のコーディネート例

20代女性の夏のコーディネートはボリューム感のあるアイテムで小さい胸をカバーして、程よい肌見せで抜け感を演出し涼し気なスタイルを目指すのがポイントです。

胸元フリルカットソー×フレアスカート

胸が小さい女性のファッション【夏版】

胸元に大きめのフリルがあしらわれたカットソーは、バストが小さい悩みを持つ女性の強い味方になってくれます。
存在感のあるフリルがデザインされていると、膨らみの少ない胸がふっくらとボリューミーになりサイズアップしたように見せられるのです。

夏は落ち着いたトーンよりも、ビタミンカラーのカットソーに挑戦してください。
大胆なカラーを取り入れるとあか抜けますよ。

そこに上品に揺れるフレアスカートを組み合わせるのがおすすめです。
ふんわりとしたシルエットのフレアスカートがウエストの細さを強調することで相対的に胸が大きく見えます。

足元にはシンプルでナチュラルなカラーのパンプスをチョイスすると洗練された夏のコーディネートが完成します。

花柄ブラウス×クロップドワイドパンツ

胸が小さい女性のファッション【夏版】

胸の凹凸が分かりにくくサイズをカモフラージュ出来る花柄のブラウスは、花の形がはっきりと大きく描かれているものだと夏のファッションと相性が良いです。

また、ブラウスはラッフルスリーブがおすすめです。
フリルよりボリューム感がありひだのようにヒラヒラとした袖になっているため胸に目がいかず、同時に二の腕の細見え効果も狙える優れたデザインなのです。

ボトムスにはクロップド丈のワイドパンツを合わせましょう。
花柄のブラウスとのバランスを考慮して甘過ぎないように生地はデニムが良いです。
足首の長さより短いクロップド丈で20代の程よい肌見せを意識しつつ、デニム生地も相まって軽やかな夏ファッションが叶えられますよ。

靴は厚底のミュールでスッキリとしたシルエットに仕上げてください。

30代向けの夏のコーディネート例

30代の大人の女性には、肩の力を抜いたようなシンプルなアイテムやナチュラルなカラーを用いて胸を大きく見せることがポイントです。

ストライプ柄シャツワンピース×ベルト

胸が小さい女性のファッション【夏版】

ストライプ柄のシャツワンピースは1枚でも夏らしく爽やかに決まります。
足が見えることに抵抗を感じる方はレギンスを合わせると楽ちんスタイルになりますよ。

シャツワンピースはきちんと感がありながらカジュアルに着こなすことが出来るアイテムです。
様々なカラーや柄で展開されていますが、線のゆがみから起こる錯覚を利用してサイズを大きく見せることが可能なストライプ柄が胸の小さい女性には向いています。

シャツワンピースで胸を大きく見せるのにはもう一つポイントがあります。
それはベルトでウエストマークを作ることです。

元々体のラインが分かりづらいワンピースは胸の小さい女性がそのまま着用するとストンと下に落ちているような印象を与えてしまうため、ベルトでウエストを絞りメリハリを出すのが重要なのです。

シャツワンピースと同じ生地で仕立てられたベルトが付属しているものも多く存在していますが、無い場合は太めのベルトを用意してしっかりとウエストマークしましょう。
太さがあるとベルトを締めた際にヒップにかけてフレアのシルエットになり、全身を通して美しい体の凹凸が作られ胸が大きく見えるようになりますよ。

夏の定番のブルーストライプには、対照的なブラウンやキャメルカラーのベルトでアクセントをつけると素敵です。

足元はスニーカーやスポーツサンダルで、スポーティーに仕上げるのがおすすめです。

フレンチスリーブブラウス×ハイウエストワイドパンツ

胸が小さい女性のファッション【夏版】

肩から袖にかけて緩やかなデザインになっているフレンチスリーブのブラウスと、ハイウエストワイドパンツでスタイリングをすると夏のリゾートファッションが完成します。
フレンチスリーブは気になる二の腕をカバーすることも可能です。

フレンチスリーブのブラウスだけでは小さいバストの膨らみを強調させづらいため、ハイウエストのワイドパンツでバストトップとアンダー、ウエストの差を表すのがポイントですよ。

ハイウエストワイドパンツは、体のラインに沿って揺れるプリーツ入りのデザインだとリラックス感をより高められます。

靴はトレンド感のあるメタリックのフラットサンダルを合わせると、ハイセンスな30代の夏ファッションが実現します。

胸が小さい女性の夏ファッションまとめ

胸が小さい女性のファッション【夏版】

薄着になる季節でも洋服の着こなし方やアイテム選びを工夫することによって、胸が小さいという悩みを解消し夏ファッションを楽しむことが出来ます。

胸が小さいと平坦な体のラインになりやすいだけじゃなく、幼い印象をもたらして似合う服が偏ってしまうのも悩みですよね。
コンプレックスに感じるとそれをカバーすることで頭がいっぱいになってしまい、コーディネートもワンパターンになるためもっとファッションを楽しめたら良いのに・・・と思うことも多々あります。

バストが小さい場合は、メリハリを作ることを意識してコーディネートをすることが大切です。
胸や袖にボリュームのあるデザインのトップスを持ってきたり、ハイウエストボトムスでバストラインとウエストの差をはっきりと出したりするとふっくらとサイズが大きく見え憧れの魅惑的なスタイルに近付けられるのです。

胸元の開きが少ない服や、柄デザインによって起こる目の錯覚を利用してサイズ感を目立たなくするテクニックも胸が小さい女性にはおすすめですよ。

胸が小さい女性だからこそ似合う夏ファッションやコーディネートもたくさんあります。
ワンピースは胸の小ささを目立たせずに様々なジャンルに合わせた着こなしが出来る上に、夏らしい季節感も演出可能な万能アイテムです。

ご紹介しましたアイテムやコーディネートのポイントを参考に、小さい胸を上手にカバーしながら夏のファッションをお洒落にきめて自信に繋げていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -