おっぱいを大きくする方法をはじめ、胸・おっぱいを大きくするクリームやブラ、サプリメントをご紹介しています。おっぱいを大きくするツボ・マッサージ、筋トレ、食べ物・飲み物・食事などバストアップのお役立ち情報が満載です。

バストアップは女性ホルモンを増やす食べ物で効果あり?詳しく解説!

 
女性ホルモンを増やす食べ物
この記事を書いている人 - WRITER -

バストアップをしたいと考えている女性は最近とても多いようです。
最近はスタイルが良い人も増えていますし、女性ホルモン剤、豊胸といった身体に負担が考えられるような方法ではなく、自然にバストアップをしていきたい、おっぱいを大きくする方法がないかなと思っている方もおられるのではないでしょうか?

そう言った場合にお勧めなのが、女性ホルモンを増やす食べ物、飲み物、レシピなどを利用しておっぱいを大きくすると言う方法になります。
豊胸などと比べておっぱいが大きくなる、胸が大きくなるスピードはゆっくりとなりますが、食材の栄養素、成分などによって女性ホルモンを増やす、または整えていく事でゆっくりと胸を大きくすることが期待できるのです。

では実際にどういった食べ物が女性ホルモンを増やす食べ物、食品なのかというと、大豆製品、山芋類、ザクロ、亜麻仁油、脂質を含んだ食品となります。
ただ、どうしてこのような食べ物が女性ホルモン増やす、胸を大きくする方法となるのか不思議に思われる方も多いと思いますので、この後説明をしていきたいと思います。

女性ホルモン増やす大豆製品とは

女性ホルモンを増やす食べ物

女性ホルモン増やす役割をしてくれると言う事で、とても良く知られているのが大豆製品となります。
大豆製品のイソフラボンがエストロゲン様作用をしてくれるからです。

イソフラボンの効能とは

イソフラボンは女性に良い、更年期に良いらしい、バストアップに効果があるらしいといろいろな良い噂を聞く成分であり栄養素であると言えるでしょう。
しかし具体的な事は意外に知らないと言う方も多いかもしれません。

何故イソフラボンがこのように人気になったのかと言うと、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造となっており、エストロゲン様作用、卵胞ホルモンに似た働きをしてくれるからです。
このエストロゲンはまさに女性の為のホルモンと言う事ができ、若々しさ、美しさなどを維持していくのに必要な成分となります。
ここではバストアップの為の食品、胸を大きくする方法や食事として紹介をしていますが、更年期障害と言う女性ホルモンの減少、バランスの乱れなども助ける事ができる成分となります。

そしてエストロゲンをしっかりと作用される事で、おっぱいが大きくなる効果を得ることが可能です。

イソフラボンの過剰摂取について

そして最近ではイソフラボンの過剰摂取について注意、なんて情報も聞いたことがあるのではないでしょうか?
しかし、これは実はサプリについての注意喚起となっています。

日本人は大豆を日々摂取しながら生活をしてきていますが、それによって健康被害が出たと言う報告はないかと思います。
食べ物として摂取できる量には限りがありますし、毎日3食豆腐だけを食べるというのも現実的ではありません。
現実的、常識的な範囲で積極的に摂取をする程度ではまず問題がないと言えます。

ただ、婦人科の病気などの治療中の場合は医師の指示に従って控えたりする場合はあるかと思いますが、バストアップを考えることが出来る状態であれば問題ないと言えるでしょう。
ざっくりとした簡単な1日の摂取量の目安としては1日50mg程度と言われています。
納豆であれば1パック程度、豆腐であれば半丁程度となり、摂取しやすくかつ現実的な量と言えるのではないでしょうか。

バストアップに効果的なイソフラボンの食べ物や献立

では具体的にはイソフラボンはどのような形で摂取していくのが良いでしょうか?

豆乳

女性ホルモンを増やす食べ物
忙しい時や、大豆製品が食べられない時などに一番お勧めなのが豆乳になります。
無調整豆乳、調整豆乳、味付きなどの豆乳といった順番に栄養価が高くなりますので、飲める方は無調整豆乳が良いでしょう。
ただ、胸を大きくする方法を実行する際に重要なのはストレスになりますので、マズイ、飲めないと感じるなら自分で飲みやすいものを選ぶと良いでしょう。

豆腐のレンチンチーズ

150g程度の小さいパックの豆腐を耐熱皿に入れて、とろけるチーズ、もしくはピザチーズなどを豆腐がかるく隠れる程度にのせます。
その後チーズがとけて温まる程度にレンジにかけて、その後醤油などをたらして食べましょう。
上にかけるのは醤油以外にもコショウや、ソース、チリソースなどもあるようです。

枝豆ミルクスープ

女性ホルモンを増やす食べ物

枝豆100gを茹でた後中の豆と豆乳250ml~を一緒にミキサーにかけ、沸騰させた後に塩コショウで味を整えます。
ミキサーが面倒な場合は、豆乳の中に豆を入れた後潰しながら作るのでも構わないでしょう。
好みによってめんつゆを少し足したり、粉チーズをかけても美味しいです。

バストアップに効果的な山芋類とは

女性ホルモンを増やす食べ物

山芋類というと、滋養強壮、精力アップなどのイメージが非常に強い山芋類になりますが、バストアップにも効果的になります。
以前より胸を大きくする栄養素として知られている食品にワイルドヤムがありますが、あのワイルドヤムも山芋の一種と言う事が可能です。
そんなバストアップに効く女性ホルモンに影響を及ぼす食品の山芋類の紹介をしていきましょう。

バストアップに効果的な山芋類の種類

何故山芋類がバストアップに効果的と言われているのかというと、あのネバネバした部分にその答えがあります。
山芋類のネバネバしている部分はジオスゲニンという栄養素、成分を含有しており、それがエストロゲン様作用をしてくれる成分へと変化していきます。

そんな山芋類の種類は以下のようなものがあります。

  • ヤムイモ
  • 山芋
  • 大和芋
  • 長芋

などがあります。

ヤムイモはあまり馴染みがないと思いますが、ほかはとろろご飯などで知られていたりするのではないでしょうか?
手が痒くなるという人も少なくないと思いますが、そういった症状がない人の場合は積極的に摂取をしていきたいところです。

ジオスゲニンとはどういったもの?

ジオスニゲンはDHEAに科学的に類似した成分と言うことが出来、一般的に配糖体という糖が結合した状態で体内に存在しています。
ではこのDHEAがどういった働きをするものなのかというと、ホルモンに変換されます。
男性ホルモンのテストステロン、そして女性ホルモンのエストラジオールなどです。

そのため、今までは精がつくなどといって男性的な面ばかりが注目をされていましたが、最近ではエストジオールについても注目されており、女性ホルモンをだす食品としても注目されています。
男性ホルモンも出しはしますが、主にバランスをとってくれる効果が期待出来る食材と言えるでしょう。

ちなみにDHEAは日本では医薬品の成分として認定されている栄養素です。
そのため、大量に食べてバストアップしよう!という使い方は望ましくないと言えます。

バストアップに効果的な山芋類の食べ方

山芋類を食べる上で1つ確認をしておきたいのが、自分自身が山芋類のアレルギーがないか、と言う事です。
よく勘違いされているのが、とろろを作る際に痒くなるというのはシュウ酸ナトリウムの働きでありアレルギーではありません。
食べた後に、身体の他の部分にじんましんが出たり、呼吸が苦しくなるという症状がアレルギーになります。

普段かゆくなるので、あまり気にせず食べていたら実はアレルギーだったという事もたまにありますので、かゆくなるのが当たり前だとは思わずに症状が出た場合には注意をして下さい。

また、長芋などの特徴として栄養素が加熱に弱いと言うものがあります。
そのため、加熱をしない食べ方がお勧めです。

長芋の海苔和え

長芋250g前後を短冊切り、もしくは太めの千切りにします。
醤油大さじ1、砂糖小さじ2であえてなじませます。
食べる前に海苔をあえて完成です。

海苔を炙ったり、卵黄をのせて食べても美味しいようです。

山芋類は実は加熱せずに食べられるレシピとなるとさほど多くはありません。
さらに、とろろご飯は実は案外面倒くさいレシピとも言えますので、毎日食べるというよりも、和え物などで定期的に食べるようにするのがお勧めです。

バストアップに効果的なザクロとは?

女性ホルモンを増やす食べ物

バストアップに効果的といわれているのがザクロになります。
以前はより注目をされていましたが、最近はプエラリアミリフィカなどが登場した事で注目度は下がったと言えるでしょう。

ザクロはなぜバストアップに効果的?

何故胸が大きくなる効果がある食品と言われているのかというと、それはザクロにもエストロゲン様作用があるからです。
といっても実はザクロの果実にその効果があるわけではありません。

ザクロの種子の部分に植物性ホルモンが含まれておりそれによってエストロゲン様作用が得られます。
そのため、ザクロを食べてもバストアップには効果がないのでは、と最近言われるようになったのは効率が悪いからと言えるでしょう。
ザクロの実全体に植物性ホルモンがあるわけではないと言う事です。

バストアップに効果的なザクロのとり方は?

上で述べたように毎日1個ザクロを食べてバストアップなどはちょっと現実的ではないようです。
ではどうするのが良いのかと言うと、ザクロジュースなどがお勧めです。
その際は種子もしっかりと入っているものを選ぶようにしましょう。

毎日コーヒーを飲んでいるなら1杯だけザクロジュースに変えてみるなどの取り入れ方も良いかもしれません。

バストアップに効く亜麻仁油・脂質とは?

亜麻仁油というのは最近とても人気になっています。
かつては脂質というのは徹底的に排除をしていきたい栄養素とも考えられていましたが、最近では良質な脂質はきちんと摂取すべきだという考え方になっています。
バストアップにおいても、脂質はある程度必要となり、特に亜麻仁油の場合はリグナンという成分が含まれている為おっぱいが大きくなる食品と考える事が可能です。

リグナンのバストアップ効果とは?

亜麻仁油はリグナンという成分が含まれている事でバストアップに効果的であり、女性ホルモンを増やす食品ということが出来ますが、リグナンとは具体的にどういった働きをする成分となるのでしょうか。
リグナンはポリフェノールの1種と言えます。
エストロゲンを作る際の材料となりますので、女性ホルモンを増やすためにはとても良い食材となります。

さらに血液をサラサラにする効果もありますので、健康によく、摂取した栄養素を効率よく運んでいく効果も期待出来ます。

バストアップに効果的な亜麻仁油の摂取方法とは

亜麻仁油は摂取をする上で絶対に守るべきことがあります。
それは加熱をしない事です。
さらに保管をする際には光を通さないような入れものにいれて保管をする必要があります。

そして加熱をせずに摂取をすると言う事で、一般的にはスプーンで1杯程度そのまま飲む、またはドレッシングに混ぜるという方法があります。
手作りドレッシングに利用をしても良いですが、面倒くさい場合はそのまま追加するというのでもOKです。

バストアップに効果的な食品、食材についてのまとめ

女性ホルモンを増やす食べ物

上記で述べたものはエストロゲン様作用などを持つ食材になりますので、すでにバストアップサプリを利用している人はそこまで毎日このような食材ばかりで献立を考える必要もありません。
ただ、美容効果も高いものが多く、健康的な食材も多いですので、積極的に取り入れていくのはお勧めとなります。

また、脂質の他にタンパク質を摂取する事でよりバストアップが効率的になり、スムーズに胸を大きくする事が可能となるでしょう。
そのため、鶏胸肉や牛乳、チーズなども積極的に献立やメニューに取り入れていきたいところとなります。

さらに、せっかく食事でじっくりとおっぱいを大きくする為の努力をするのであれば下着なども気をつけていきたいところです。
日常的につける育乳ブラ、そしてナイトブラなどでしっかりと1日中サポートしてあげるのも重要となります。
ナイトブラは普通のゆるめのスポブラなどをつける方もいますが、出来たらシーオーメディカルのようなきちんと考えて作られているナイトブラがお勧めと言えます。

この記事を書いている人 - WRITER -