おっぱいを大きくする方法をはじめ、胸・おっぱいを大きくするクリームやブラ、サプリメントをご紹介しています。おっぱいを大きくするツボ・マッサージ、筋トレ、食べ物・飲み物・食事などバストアップのお役立ち情報が満載です。

バストアップに効く女性ホルモン剤は?市販や病院から処方される製品

 
バストアップに効く女性ホルモン剤は?
この記事を書いている人 - WRITER -

胸を大きくする方法、胸が大きくなる方法を知りたいと思っている女性は多いのではないでしょうか?
スリムなスタイルというのもとても魅力的ではありますが、やはり胸が大きいメリハリのあるスタイルはとても女性的で素敵だと感じる方が多いと思います。
ただ、大人になってからバストアップをするというのは中々簡単ではありません。

そこで最近バストアップに効果があるのでは?と考える人が増えてきているのが女性ホルモン剤となります。
市販の女性ホルモン剤や病院から処方される製品などがあるのですが、このような女性ホルモン剤の商品を購入して使う事で、おっぱいが大きくなる、おっぱいを大きくする効果が得られるのではないかと言われているのです。

では実際に女性ホルモン剤を使用する事で、バストアップに効果はあるのでしょうか?
病院で処方されたもの、市販で購入をした商品などを利用をしてバストアップに効果を得る事は可能です。
しかし、その効果はかなりの危険性を伴い副作用は大変重篤なものとなる為、ほぼお勧め出来ないと言えます。

唯一安全にバストアップに効く女性ホルモン剤と言えるのが、低用量ピルと言えるでしょう。
しかし、この低用量ピルも月経周期を整える、また避妊の為といった本来の目的の為に使うのが望ましく、その嬉しい副作用としてバストアップがあると考えるべきでしょう。
安易に個人輸入などで、おっぱいを大きくする為だけに低用量ピルを使うといった飲み方、使い方はお勧めが出来ません。

女性ホルモン剤はどんなものがあるの?

女性ホルモン剤と言っても何があるの?と思われるかと思います。
バストアップに効果があった!と言われて手を出してみたら、女性ホルモン剤だったというのは避けたいものです。
そこで、有名な女性ホルモン剤にはどう言った商品があるのか、紹介をしていきましょう。

病院で処方されるタイプの女性ホルモン剤

バストアップに効く女性ホルモン剤は?

病院で処方される女性ホルモン剤にはいろいろな種類があります。
黄体ホルモン剤や、卵胞ホルモンなど、どういった目的で使われるのかという事によっても全く違うタイプ、効果の女性ホルモン剤となっています。

  • プロベラ
  • オルガメッド
  • モードス(プロベラジェネリック)
  • プロギノバ
  • セラゼッタ
  • シテロン
  • オエストロジェル
  • エストロフェム
  • ブレストコントアー
  • リノラル
  • プレマリン
  • エストロモン
  • プレモン

このような女性ホルモン剤があり、それがどのような効果を持ち、副作用、危険性があるのかを素人が把握をするのは困難と言えます。
そのため、こう言った名前の商品が「バストアップ製品」として紹介をされていても使わないようにするのが良いでしょう。

市販で販売されている女性ホルモン剤

薬局やドラッグストアなどで購入をする事が可能な女性ホルモン剤もあります。
更年期障害の際にサポートをしてもらう、妊活のサポートの目的などで購入をする方が多いようです。
クリームタイプのものでヒメロス、バストミンと言った製品になります。

これらは購入がしやすい事から、バストアップの助けになるのではないか、おっぱいを大きくするのに良いのではないかと思われるかもしれません。
しかしさほど向いていないと言えるでしょう。

公式サイトでFAQが用意されており、そういった質問に対する答えも掲載されておりますが、一時的なハリを得る事はできるが継続するものではない、と言われています。
さらに重要なポイントとして、長期的な継続使用を前提とした商品ではない、とも言われていますので、長期間において挑戦をするバストアップには向いていないという事が出来ます。

低用量ピルの種類

バストアップに効く女性ホルモン剤は?

ピルには中容量ピルと低用量ピルがありますが、最近ではほぼ低用量ピルが使われています。
低用量ピルにはいくつかの種類、分類があります。

世代

低用量ピルには、1~4までの世代があり、それぞれが有効成分が違ってきます。
黄体ホルモンの種類が違い、第1世代がノルエチステロン、第2世代がレボノルゲストレル、第3世代がデソゲストレル、第4世代はドロスピレノンが使われています。
第4世代は超低用量ピルとも呼ばれており、世代が後になるほど副作用などが少ない傾向にあります。

相性

・1相性

1相性はピルに配合されているホルモンの量が同じになります。
21錠のホルモン剤すべてが同じという事になりますので、順番などを気にする必要がなく、飲みやすいと言えます。
代表的なピルとしてマーベロン、ルナベルがあります。

・2相性

前半と後半で配合されているホルモンの量が変化するのが2相性のピルとなります。
2倍以上配合されているホルモン量が違っており、服用する際には注意が必要です。
ただ、最近では3相性のピルが出てきており、そのためほとんど2相性のピルはないようです。

・3相性

3相性ピルは21錠のピルのホルモン配合量が3パターンに分かれています。
2相性のピルは増えるものだけだったのですが、3相性のものは最初が少なく増えていくもの、最初が多く減っていくものとタイプも違ってきます。
ホルモン量が段階ごとに増えていくのは漸増型、途中までは増えて最後はへるタイプが中間増量型と呼ばれています。

代表的な3相性のピルとしてトリキュラーがあります。

低用量ピルでバストアップ効果を狙うポイントとは

バストアップに効く女性ホルモン剤は?

上で述べましたように、基本的には女性ホルモン剤でバストアップを狙う、おっぱいを大きくすると言うのはするべきではないと言えるでしょう。
安易に女性ホルモン剤を使うと肝臓へのダメージも大きく、エストロゲンだけを摂取するなどの使い方をした場合は乳がんなどの不安要素も若干ではありますが上がってしまいます。
そのため、使う場合は低用量ピルで、そしてお医者さんに通いながら使うのが望ましいとなります。

低用量ピルをお勧めできる方

低用量ピルをおっぱいを大きくする為の方法としてお勧めできる方はいくつかのパターンがあります。

生理不順などのトラブルがある方

若い方の場合などは特に生理不順などの悩みを抱えている方も多いようです。
胸が大きくなる、バストアップに効くサプリなどを服用しても全く効果がないと言う方も少なくないのですが、生理不順などがある場合はそちらを先に解決するのがお勧めとなります。

女性ホルモンのバランスが乱れている場合は、本来胸が大きくなる要素があったとしてもそれどころではない状態の可能性もあります。
そして同時に絶対に女性ホルモン剤を使ってほしくないのもこう言った生理不順がある方と言えます。
低用量ピルを使う事で、生理不順が改善されておっぱいが大きくなる、女性らしい体つきになる方もおられますので、試してみる価値があるといえるでしょう。

避妊方法としても考えている方

避妊の1つとして低用量ピルを使おうと考えている方はバストアップに効果的に働くかもしれません。
本来バストアップ目的で使うものではないのですが、嬉しい副作用として胸が大きくなる人も少なくありません。
個人差はありますが、避妊方法として使うという理由がある上に、嬉しい副作用があるならこれ以上の事はありません。

低用量ピルを始める場合の注意点、飲み方や使い方

低用量ピルは個人輸入で購入をする事ができるのですが、まずは婦人科を受診した上で使うようにしましょう。
受診をし、相談をした上でピルの種類を決めていくのが良いと思います。

いくつか種類もありますし、効果はきちんと出ていたとしても自分と相性が悪いピルもあります。
ただ、頻繁に取り替えたり、休止して開始したりすると血栓のリスクなどが増えますのであまり始めたりやめたりはしないようにしましょう。
安定をしたら婦人科にかかれないようなときの為に個人輸入などを取り入れてコスパよくしていくのも良いと思いますが、婦人科は定期的にかかるようにしてください。

また、胸を大きくする方法、おっぱいを多くくする方法としてバストアップに効くサプリなどを取り入れている方もおられるかと思います。
しかしピルを使う場合は基本的にはそちらは使わないようにしましょう。

エストロゲンに近い働きをするサプリを経口摂取しているというのは、低用量ピルの成分と同じような物質を摂取しているのと同じ状態になります。
過剰摂取となり、不正出血をしたり、月経不順などの危険性があります。
またバストに異常を感じたというものもあるようです。

そして嘔吐や下痢、腹痛、頭痛、蕁麻疹や発疹などの症状が出てしまったというケースもあります。
参考までに女性ホルモン様作用をすると言われている成分サプリを簡単に紹介しておきます。

  • プエラリアミリフィカ
  • ワイルドヤム
  • ブラックコホシュ
  • チェストツリー
  • ボロン

これらの成分が配合されているサプリはエストロゲン様作用など、女性ホルモンに関係する働きをしてくるサプリとなりますので、併用をするの基本的にはやめておいたほうが安全となります。

バストアップに効く女性ホルモン剤のまとめ

バストアップに効く女性ホルモン剤は?

女性ホルモン剤というとおっぱいを大きくするバストアップに効く製品のように思えるかもしれませんが、安易に飲むと将来的に後悔をする事にもなりかねません。
下着や、健全な生活習慣を心がけた上でバストアップに効くサプリ、また飲む必要性を感じているなら低用量ピルなどを使い、副作用や危険性、リスクを減らしていくようにしましょう。
効果が大きな製品はそれだけ副作用やリスクが高いと言う事、まずは健康があっての事だと言うことを忘れないようにして、バストアップに頑張っていきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -