おっぱいを大きくする方法をはじめ、胸・おっぱいを大きくするクリームやブラ、サプリメントをご紹介しています。おっぱいを大きくするツボ・マッサージ、筋トレ、食べ物・飲み物・食事などバストアップのお役立ち情報が満載です。

バストアップマッサージは生理中はダメ?生理中の方が効果的?



 
生理中のバストアップマッサージ
この記事を書いている人 - WRITER -

バストアップマッサージといえば胸が大きくなる方法として女性の間で口コミが話題となっており、毎日実践しているという方も多いのではないでしょうか。

でもおっぱいを大きくするために毎日バストアップマッサージを行っていると気になってくるのが「生理中のバストアップマッサージはダメなの?それとも生理中のほうが効果的なの?」という疑問です。

せっかくバストアップマッサージをするなら効果的なタイミングで行いたいですよね。
そこで今回は生理中のバストアップマッサージの効果について詳しくご紹介します。

バストアップマッサージは生理中のほうが効果的?

生理中のバストアップマッサージ

胸が大きくなる方法として口コミでも話題のバストアップマッサージは毎日行うことで効果アップに繋げることができますが、生理中のバストアップマッサージはおすすめできません!

多くの女性は生理前になるとバストサイズがアップするため、このタイミングでバストアップマッサージを行えばより胸を大きくすることができるのでは?と考える方が少なくありませんが、生理中にバストアップマッサージを行ってもおっぱいが大きくなる効果は得られないので注意しましょう。

バストアップマッサージでおっぱいが大きくなるために最も重要なのが“タイミング”。生理中と生理前や生理後では同じようにバストアップマッサージを行ったとしても効果は段違いなんですよ!
そこでまずは生理中のバストアップマッサージがNGな理由からチェックしておきましょう。

バストアップの鍵はホルモンバランスにあり!

女性の体は約1ヶ月の間に「排卵前→排卵→排卵後→生理前→生理→生理後→排卵前」というサイクルに合わせて女性ホルモンの分泌量が経変化しますが、生理前・生理中・生理後の期間は女性ホルモンのバランスが乱れやすい時期となっています。

女性ホルモンは主に「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があり、バストアップマッサージでおっぱいを大きくするには乳腺の発達促進や血流促進、バストの皮下脂肪増加作用などがあるエストロゲンの分泌量が増加するタイミングで行うことが重要です。

しかし生理前から生理中にかけて分泌量が増加するのはプロゲステロンのほうで、このプロゲステロンには血液やリンパの流れを停滞させてむくみを引き起こす作用があり、このプロゲステロンの働きにより生理前から生理中は一時的にバストサイズが大きくなります。

しかし生理が終わるとプロゲステロンの分泌量は減少するため、血流やリンパの流れが改善することでむくみも解消し、一時的だったバストアップも元に戻ってしまいます。
つまりバストアップマッサージでおっぱいが大きくなるためには生理周期を把握し、バストアップ作用のあるエストロゲンの分泌量が増加するタイミングで行う必要があるということです。

バストアップマッサージに効果的なタイミングはいつ?

生理中のバストアップマッサージ

生理中のバストアップマッサージは効果が得られませんが、生理が終わるとバストアップに欠かせない女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が増加するため胸を大きくする絶好のタイミングです!

特に生理が終わった直後から排卵期までの約1週間はエストロゲンの分泌量が最も多い時期であり、この期間のバストアップマッサージは排卵後から生理前の時期よりも高いバストアップ効果が得られるのでぜひ積極的にバストアップマッサージを行いましょう。

バストアップマッサージは入浴中・入浴後がおすすめ

バストアップマッサージを行うベストタイミングは入浴中か入浴後です。
バストアップに欠かせない女性ホルモンのエストロゲンはリンパや血液の流れよって胸全体へと行き渡るため、リンパや血液の流れを促進させることが重要なポイントとなっており、体が温まっている時にバストアップマッサージを行うとリンパや血液の流れがより促進されてバストアップ効果をさらにアップさせることができます。

リンパの流れを促進させるバストアップマッサージ方法

生理中のバストアップマッサージ

ワキの下のリンパマッサージ

  1. 右ワキの下に左手をあて、手をクルクル回しながら腰に向かって5回さする。
  2. 反対側も同様に行う。

胸の内側のリンパマッサージ

  1. 左右の胸の間で両手の甲をくっつける。
  2. 胸の膨らみの下ラインに沿って両手を開きながら外側へと5回さする。

鎖骨のリンパマッサージ

  1. 両手の人差し指と中指の2本で鎖骨上部の窪みを5秒間押す。
  2. 薬指を加えた3本で顎下から鎖骨の窪みに向かって5回さする。

血流を促進させるバストアップマッサージ方法

バスト横のマッサージ

  1. 右手を胸の前を通して左側の背中まで伸ばし、左の肩甲骨を軽く押さえる。
  2. 肩甲骨から左胸へと手を滑らせて優しくマッサージする。
  3. 片側を20回、左右両方行う。

※背中の肉を胸に流すイメージで行います。

バスト下からのマッサージ

  1. 左右の手で左右それぞれの胸を持ち上げる。
  2. そのまま5秒間キープ。
  3. 20回繰り返す。

※お腹の肉を上に引っ張り上げるイメージで行います。

バストの柔らかさをUPさせるマッサージ

  1. 右手で右胸の斜め下から手を滑らせながら右胸を持ち上げる。
  2. 胸を外側から内側へと円を描くようにマッサージする。
  3. 持ち上げた状態で手を振動させ、斜め上方向に胸を揺らす。
  4. 左側も同様に行う。

※痛くない程度に揺らしましょう。

肩甲骨ストレッチ

肩甲骨周辺の筋肉は固まりやすいため、肩甲骨ストレッチで解すと血流が促進されてバストアップマッサージ効果をアップさせることができます。

  1. 両手を背中の後ろで繋ぎ、後方へと引っ張って左右の肩甲骨をギュッとくっ付ける。
  2. 姿勢を10秒間キープし、緩める。
  3. 10回繰り返す。

バストアップマッサージの注意点

生理中のバストアップマッサージ

生理中、特に1~2日目は控えること

生理中は厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちて経血として排出される期間であるほか、バストアップに必要な女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が少ない時期であるためバストアップマッサージを行ったとしても胸が大きくなる効果が得にくい時期でもありますが、中にはバストアップマッサージを普段より控えめに行う方もいらっしゃいます。

ただし生理1~2日目にバストアップマッサージを行い胸に刺激を与えると子宮内膜の剥がれ落ちを阻害するだけでなく生理中の出血量を増加させてしまう可能性があるため、生理中もバストアップマッサージを行う場合は生理1~2日目は控えるようにして下さい。

やりすぎはNG!

バストアップマッサージは揉めば揉むほど胸が大きくなると思う方が少なくありませんが、やりすぎると胸の脂肪燃焼が促進されて逆に小さくなってしまったり、バスト全体をリフトアップしているクーパー靭帯が傷付いてバストラインが崩れる危険性があるので、血液やリンパの流れを促進させることを意識して優しく撫でるだけでOKです。

マッサージの際はクリーム・ジェルを使うこと

バストアップマッサージは肌を優しく撫でるとはいえ摩擦によって肌ダメージを与えてしまうリスクがあります。せっかくバストアップマッサージで胸が大きくなったとしても肌が荒れていると魅力が半減しますよね。そこでバストアップマッサージを行う際はクリームやジェルを使って肌ダメージを防ぎましょう。お気に入りの香りがするクリームやジェルを使用すればリラックス効果も得られます。

バストアップマッサージ効果が得られない時、考えられる原因は?

生理中のバストアップマッサージ

生理中のバストアップマッサージは控え、生理後からバストアップマッサージを行っているにも関わらずおっぱいが大きくなる効果が得られない場合、考えられる原因として「月経不順・生理不順」や「生活習慣の乱れ」が挙げられます。

原因①月経不順・生理不順

上記でも紹介したように、胸を大きくするためには女性ホルモンの「エストロゲン」が重要な鍵となっており、生理周期を把握してエストロゲンの分泌量が増加するタイミングでバストアップマッサージを行う必要があります。

エストロゲンの分泌量は生理終了後から排卵期にかけての約1週間が最も多いですが、月経不順や生理不順の方の場合はエストロゲンの分泌量が安定しないうえに排卵時期も遅かったり毎回バラバラだったりするため、バストアップマッサージを行ったとしてもおっぱいが大きくなる効果が得にくいとされています。

また生理中の生理痛が酷い方も女性ホルモンの分泌バランスが乱れている場合が多く、本来絶好のタイミングであるはずの生理終了後約1週間の間にバストアップマッサージを行ったとしても効果が得にくいとされています。

原因②生活習慣の乱れ

食生活が乱れている、毎日夜更かしをする、冷え性である、ストレスが溜まっているなど、生活習慣が乱れていると女性ホルモンのバランスが乱れやすく、たとえ月経不順や生理不順でない場合でも生理終了後のエストロゲンの分泌量が少なく、バストアップマッサージを行っても胸を大きくする効果が十分に得られないことがあります。

また生活習慣の乱れは月経不順や生理不順を招いたり、生理痛の悪化させたりする原因にもなり、バストアップマッサージの効果が得られない負のスパイラルに陥るリスクもあるので、日頃から規則正しい生活習慣を心掛けることが重要です。

生理周期に合わせればバストアップ効果がグンとUP!

生理中のバストアップマッサージ

胸が大きくなる方法として口コミでも話題のバストアップマッサージは生理中に行っても十分な効果は得られませんが、生理終了後から排卵までの約1週間の間はバストアップに欠かせない女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が最も多くなるためこの時期にバストアップマッサージを行えば高い効果が得られます。

今回は生理中のバストアップマッサージの効果をはじめ、効果的なバストアップマッサージ方法やリンパマッサージ方法、注意点などについてご紹介しました。

ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、生理周期をしっかり把握してベストタイミングでのバストアップマッサージを実践してみて下さいね。

この記事を書いている人 - WRITER -