おっぱいを大きくする方法をはじめ、胸・おっぱいを大きくするクリームやブラ、サプリメントをご紹介しています。おっぱいを大きくするツボ・マッサージ、筋トレ、食べ物・飲み物・食事などバストアップのお役立ち情報が満載です。

バストアップマッサージはやりすぎると逆効果?危険性や注意点など



 
バストアップマッサージはやりすぎると逆効果
この記事を書いている人 - WRITER -

憧れのふわふわおっぱいを手に入れたい!という女性の間で“胸が大きくなる方法”として口コミでも人気のバストアップマッサージ。
バストアップマッサージは自宅でも簡単手軽に行うことができるため、ついついやりすぎてしまう方が少なくありません。

でもせっかく胸を大きくするためにバストアップマッサージをしたのに逆効果になってしまったら嫌ですよね?バストアップマッサージを行うならきちんと効果を実感したいですよね。そのためにはバストアップマッサージの危険性や注意点をしっかり頭に入れておきましょう。

そこで今回はバストアップマッサージを行ううえで知っておきたい“やりすぎ”の危険性や注意点などを詳しくご紹介します。

バストアップマッサージはやりすぎると逆効果って本当?

バストアップマッサージはやりすぎると逆効果

バストアップマッサージといえば自宅での簡単セルフケアで胸を大きくすることができる方法として口コミでも話題ですが、「やればやるほどおっぱいが大きくなるのでは?」と期待してついつい頑張ってやりすぎてしまう方がいらっしゃいます。

でも待って下さい!バストアップマッサージはやりすぎると“逆効果”なんです!!
実はバストアップマッサージをやりすぎるとおっぱいを大きくすることができないだけでなく、様々な危険や副作用が伴います。

やりすぎると逆効果になるのはナゼ?

バストアップマッサージはやりすぎると逆効果

そもそもバストアップマッサージでおっぱいが大きくなるには「乳腺の発達」が重要な鍵となっています。おっぱいが大きい人と小さい人の最大の違いが「乳腺の発達具合」。

乳腺の発達は女性ホルモンが分泌されることで促されますが、この女性ホルモンの分泌を促すのがバストアップマッサージです。
バストアップマッサージをすると胸の周りの血液やリンパの流れが促進され、女性ホルモンの分泌量も増加します。女性ホルモンが増加すると乳腺の発達も促され、そこに脂肪が付くことでおっぱいが大きくなります。

このバストアップマッサージ方法の効果は即効性が高く、人によっては1回のバストアップマッサージで効果を実感できるほど!
ただしやりすぎると乳腺そのものを傷つけ、さらに「クーパー靭帯」も傷つけてしまいます。クーパー靭帯とはおっぱい全体を上向きに吊り上げている線維組織のことで、一度壊れてしまうと元に戻りにくいうえに伸びてしまうと短くならないという特徴があります。

つまりクーパー靭帯を傷つけるとおっぱいを大きくするどころかおっぱいの形そのものが崩れてしまうということです。このクーパー靭帯はとても繊細であり強い力を加えることで簡単に傷ついてしまうので、胸を強い力で揉んだり、1日に何十分も揉み続けるなどバストアップマッサージをやりすぎるとおっぱいを大きくする効果を実感できなくなるので注意が必要です。

バストアップマッサージのやりすぎの危険性&副作用について

バストアップマッサージをやりすぎると乳腺の発達が阻害されたりクーパー靭帯を傷つけてしまうといった危険性がありますが、さらに次のような副作用のリスクを伴います。

脂肪燃焼が促進されて胸が小さくなる

バストアップマッサージを行う際「揉めば揉むほど効果がアップするのでは?」と期待して長時間マッサージを行う方がいらっしゃいますが、これはNG!揉む時間が長いとバストの脂肪が燃焼されてしまい、逆に胸が小さくなってしまう危険があります。

筋トレはバストアップを妨げるリスクあり

バストアップマッサージはやりすぎると逆効果

胸を大きくする方法としてバストアップマッサージと同じく人気なのが大胸筋を鍛える筋肉トレーニングです。大胸筋の筋トレには加齢と共に垂れるバストをリフトアップさせる効果がありますが、“胸を大きくする方法”としてはあまりおすすめできません。
というのも大胸筋を鍛えると筋肉の発達により乳腺の発達が阻害されるだけでなく、血行不良を引き起こしますます乳腺の発達を阻害してしまうリスクがあるからです。もしバストアップとリフトアップ両方の効果を得たい場合は大胸筋の筋トレを最低限の回数に止めておきましょう。

筋トレで肩や腕がムキムキになる

大胸筋の筋トレをやりすぎると肩や腕の筋肉が鍛えられ、その結果ムキムキになってしまうと肩回りがガッチリしているように見え、逆におっぱいが小さく見えてしまう原因となります。そのため大胸筋の筋トレは必要最小限に止めておきましょう。

バストアップマッサージを行う際の注意点について

バストアップマッサージはやりすぎると逆効果

バストアップマッサージのやりすぎによる危険性や副作用のリスクについて上記で紹介しましたが、続いて実際にバストアップマッサージを行う際の注意点も確認しておきましょう。

力いっぱいはNG!やさしく撫でるように

バストアップマッサージの効果を実感するには血液やリンパの流れを促進させて女性ホルモンの分泌量を促し、乳腺を発達させることが重要ですが、力いっぱいマッサージする必要はありません!血液やリンパの流れを意識して優しく撫でるだけでOK!マッサージは入浴中や入浴後に5分程行うと効果的です。

クリームやジェルを使うこと

バストアップマッサージはやりすぎると逆効果

バストアップマッサージは肌を擦るため、マッサージを行う際はクリームやジェルを使用しましょう。もしクリームやジェルを使用せずにバストアップマッサージを行うと肌が摩擦によりダメージを受け、肌荒れを引きおこす危険があります。

生理周期に合わせて

バストアップマッサージは女性ホルモンの分泌量が増加する生理終了後から排卵までの約1週間がベストタイミングです!逆に生理前や生理中は乳腺を発達させる女性ホルモンではなく、血液やリンパの流れを阻害してむくみを引き起こす女性ホルモンの分泌量が増加する時期なのでおすすめできません。このように生理周期に合わせてバストアップマッサージを行えばより高い効果と即効性が期待できます。

年代別バストアップマッサージ方法を実践!

バストアップマッサージはやりすぎると逆効果

バストアップマッサージの効果を実感するためには“年齢”も重要な鍵の一つです。というのも「胸を大きくするためには乳腺の発達が重要」と上記で紹介しましたが、この乳腺を発達させるために必要な女性ホルモンの分泌量が年代によって異なってくるからです。

そのためバストアップマッサージを行う際は年代別のアプローチ方法を頭に入れておきましょう。

10代のバストアップマッサージ

10代の頃は体が大人へと成熟する過程で女性ホルモンの分泌量も徐々に増えていく時期でもあるため、血液やリンパの流れを意識してバストアップマッサージを行い、おっぱいを締め付けないブラジャーなどを着用すると効果的です。

20代のバストアップマッサージ

20代になると10代の頃と比べて女性ホルモンの分泌量が減少するため、血流を促進させて女性ホルモンが胸全体に行き渡るように意識してバストアップマッサージを行いましょう。また20代は運動不足により血流が滞りやすくなるので、ヨガやストレッチなどを習慣付けるとより効果的です。

30代・40代のバストアップマッサージ

30代・40代になると乳腺の数そのものが減少するのに対し、脂肪が徐々に増え始める時期であるため、ワキや二の腕、背中の肉をバストに集めるように意識してバストアップマッサージを行いましょう。また補正下着や矯正下着でバストの形を整えるとバストラインの崩れ防止に繋がります。

バストアップマッサージの効果が現れない時、考えられる原因は?

バストアップマッサージをやりすぎていないしマッサージの際の注意点もしっかり守っている・・・なのに一向に効果を実感できない・・・という場合は次に挙げるような原因が考えられます。

ブラのサイズが小さい

バストアップマッサージはやりすぎると逆効果

本来のバストサイズよりも小さいサイズのブラジャーを着用するとブラジャーからおっぱいがはみ出しそうな視覚効果により胸全体が大きいように見せる効果がありますが、サイズが合わないと胸全体が窮屈になって血液やリンパの流れを阻害してしまい、女性ホルモンの分泌量が減って乳腺の発達を促すことができなくなります。さらに老廃物が蓄積してバストアップに必要な栄養素が行き渡らなくなり、増々バストアップに逆効果となってしまうので注意しましょう。

締め付けの強い補正下着や矯正下着を着用

垂れ乳や離れ乳などバストラインの崩れが気になる場合に効果的な補正下着や矯正下着ですが、一般的なブラジャーと比べるとどうしても締め付けが強くなりがちです。すると血液やリンパの流れを阻害してバストアップの逆効果になってしまいます。補正下着や矯正下着はあくまでバストラインの形成が目的であるため、胸を大きくするためにバストアップマッサージを実践中はなるべく仕様を控え、バストアップした後に使用することおすすめします。

生活習慣に問題あり

胸を大きくするために欠かせない女性ホルモンは生活習慣によって分泌量が減ったり働きが鈍くなることがあります。タバコを吸う習慣がある場合女性ホルモンの働きが鈍くなり、冷え性の場合はホルモンバランスが乱れます。また暴飲暴食・脂っこい食事が多い場合には血流が滞りやすくなり女性ホルモンの分泌量が減少してしまいます。さらにストレスや睡眠不足なども悪影響を与えるため、生活習慣が乱れている人はバストアップマッサージを実践すると同時に健康的な生活を心掛けるようにしましょう。

やりすぎによる危険性と注意点を守れば効果を実感できる!

バストアップマッサージはやりすぎると逆効果

バストアップマッサージはやりすぎによる危険性や副作用のリスク、実践する際の注意点などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
自宅でのバストアップマッサージは正しい方法を実践すれば効果的ですが、少しでも間違った方法ややりすぎてしまうと逆効果になります。

ただし今回ご紹介した内容をしっかり頭に入れてバストアップマッサージを実践すれば早い方の場合はマッサージの翌日には、平均すると約1ヶ月ほどでバストアップ効果を実感できるので、ぜひ参考にしてお試し下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -