おっぱいを大きくする方法をはじめ、胸・おっぱいを大きくするクリームやブラ、サプリメントをご紹介しています。おっぱいを大きくするツボ・マッサージ、筋トレ、食べ物・飲み物・食事などバストアップのお役立ち情報が満載です。

痩せ型でも諦めなくていい?胸が大きくなる方法をご紹介します!



 
この記事を書いている人 - WRITER -

ダイエットを頑張っている女性から見ると、スレンダーで痩せ型の女性は羨望の的かもしれません。
しかし、スレンダーな女性はふっくらとしたバストを羨ましく思っているのかもしれませんよ。

一般的にBMIが18.5未満、体脂肪率が20%以下の方が、痩せ型と判断されます。

スレンダーな女性の悩みの多くは、痩せすぎて肋骨が浮き出ていることや、おっぱいの大きさが小さいということです。

おっぱいの90%は脂肪で出来ていますので、そもそも身体に脂肪のない痩せ型の女性はどのようにしてバストアップすればいいのかわからないと悩んでいる方も多いと思います。

そこで今回は、痩せ型でも胸が大きくなる方法についてご紹介していきたいと思います。

ぜひ、最後までご覧になってくださいね。

痩せ型の人の胸が小さい理由とは?

胸が大きくなる方法 痩せ型
痩せ型でも胸が大きくなる方法についてお話しする前に、なぜ、痩せ型の人の胸は小さいのかについてお話していきたいと思います。

冷え性

痩せ型の人は身体を温める役割を持つ脂肪や、熱を発する筋肉が少ないため、身体が冷えやすいという特徴があります。

身体が冷えてしまうと血流の流れが悪くなり、バストアップに繋がる栄養素を取り入れても、必要な栄養がバストまで届かなくなってしまうのです。

また、身体が冷えると卵巣機能が衰え、女性ホルモンの分泌も滞りがちになります。

女性ホルモンはバストアップに欠かせない大切なホルモンですので、身体を冷やさないように意識してみてくださいね。

体質

痩せ型の人は何も好きで痩せているわけではないというケースも珍しくありません。

太りたくても太れないという体質的なものが原因の場合もあるんですよ。

例えば、すぐに下痢をしてしまう、胃腸が弱いなど虚弱体質の方は、たくさんの食事を摂ることが出来ませんし、身体にも吸収されにくい体質です。

ですから、太ろうと思ってもそれが難しいんですね。

ストレス

過度なストレスはバストアップに大敵です。

視床下部という女性ホルモンの分泌を指令する部分は、ストレスに弱く、その影響をダイレクトに受けてしまいます。

胸が大きくなる方法を試す前に、まずはストレスが溜まっていないか日ごろの生活を振り返ってみてくださいね。

痩せ型の方は心配性でストレスに弱いという特徴に当てはまる方も多いので、適度なストレス解消も大切ですよ。

生活習慣の乱れ

仕事が忙しいので食事を抜いていたり、食べるときはジャンクフードやコンビニ弁当だったり食生活が乱れていると、バストは大きくなりません。

栄養バランスの取れた食事を1日3食取ることで、バストアップに繋がる栄養素を行き渡らせることが出来るのです。

ジャンクフードなどはたくさん食べていたとしても、必要な栄養素が足りていないということもありますので、食事の栄養バランスは常に意識するようにしましょう。

また、夜遅くまで起きているのもバストアップには大敵だと言えます。

夜10時~2時までの時間を「シンデレラタイム」と言い、成長ホルモンの分泌量がピークになる時間なのです。

この時間に起きていると、バストを作るための成長ホルモンが分泌されにくく、むしろ貧乳の原因となってしまいますよ。

姿勢

胸が小さいことを隠したくて猫背になっている方や、スマホを見ていたりデスクワークをしているうちに姿勢が悪くなってしまう方もいらっしゃると思います。

バストの上にあるデコルテは、リンパ腺が集まっているところですので、姿勢が悪くなるとバスト周辺の血流が悪くなってしまいます

血流が悪くなるとリンパの流れも滞り、必要な栄養素が胸まで届けられません

また、老廃物の排出が出来なくなりますので、身体も冷えやすくなってしまうのです。

痩せ型の人の胸が大きくなる方法は?<食事編>

胸が大きくなる方法 痩せ型
痩せ型の人の胸が大きくなる方法で一番大切なことは「太る」ことです。

体質的に難しいという方もいらっしゃるかもしれませんが、いくつかのポイントを守れば健康的に太ることが出来ますよ。

太るには1日の摂取カロリーが必要カロリーを上回る必要があります。

女性の1日の摂取カロリーは1,800キロカロリー~2,000キロカロリーだと言われています。

太りたい場合は、このカロリーにプラス400キロカロリー摂取できることが理想です。

胃腸が弱く、たくさん食べられないという方は、プロテインを飲むようにすれば効率よく必要な栄養を摂取することが出来ますよ。

炭水化物から食べるようにする

ダイエットの基本は、野菜から食べることですが、太りたい場合はその逆で、炭水化物から食べるようにしてください。

インスリンの分泌を促し、糖を脂肪として溜めるように働きかけられますよ。

酵素を取り入れる

胃腸が弱い、すぐ下痢になってしまう方は、消化機能が落ちている可能性があります。

食べ物を胃に入れて、それを消化するには消化酵素が必要になります。

この消化酵素は食事から補うことで増やすことが出来ますので、ヨーグルトや漬物などの発酵食品や果物や生野菜、生卵、お刺身などの生の食品を多く摂るようにしましょう。

また、漬物やヨーグルトには腸内環境を整える作用もあります。

腸内環境が悪いとすぐに体調を崩してしまったり、免疫力が低下してしまいますので、発酵食品は特に多く食べるようにしてくださいね。

しっかり噛んで食事をする

食事の基本とも言えることですが、よく噛んで食べるということはとても大切です。

太るためにいつもより多くの食事をしていると、胃腸に負担がかかりやすくなりますので、しっかり噛んで胃腸の負担を減らすように心がけてくださいね。

運動不足を解消する

運動してしまったらもっと痩せてしまうのでは?と思われるかもしれませんが、運動をしたからと言っておっぱいが小さくなるということはありませんので、安心してくださいね。

健康的に太るためには、筋肉と脂肪のどちらも増やさなければいけませんので、適度な運動をすることはとても効果的なんですよ。

また、運動をすることで血行促進効果もありますので、代謝が向上し、ホルモンバランスも整いやすくなります。

痩せ型の方は冷え性の方も多いので、それを解消するためにも運動を取り入れてくださいね。

痩せ型の人の胸が大きくなる方法は?<育乳編>

胸が大きくなる方法 痩せ型
健康的に太ることが出来たら、おっぱいが大きくなるように育乳を初めてみましょう。

育乳とはその名の通り、おっぱいを育てるということです。

バストアップに繋げるためにはどうすれば良いのか、お話ししていきますね。

ブラジャーで綺麗なバスト作りをする

正しいサイズのブラジャーを正しくつけないと、バストアップに繋がるどころか、胸の形が悪くなってしまいます。

ご自身の胸のサイズは、お店で測ってもらい、身体にフィットするものを選んでくださいね。

胸を大きく見せたいと相談すれば、店員さんに補正力の優れた商品もおすすめしてもらえます。

また、育乳中はナイトブラを着用することも胸が大きくなる方法として非常に効果的ですよ。

痩せ型の方でも、寝ている間にバストの脂肪が脇や背中に流れてしまいますので、ナイトブラで綺麗なバストを維持しながら、眠ってくださいね。

安眠を妨げない優れたナイトブラもたくさん取り扱われていますよ。

痩せ型の人の胸が大きくなる方法は?<筋トレ編>

胸が大きくなる方法 痩せ型

筋力トレーニングでバストを支える身体作りをする

痩せ型の方の胸が大きくなる方法として、筋トレも非常に効果的です。

筋トレをするだけで、例えばAカップからCカップになった!という劇的な変化は期待できません。

しかし、筋トレをすることでバストに厚みが出ますので、それがバストアップに繋がるのです。

また、太ることが出来たとしても筋肉がなければ、だらしない体型になってしまいます。

理想は胸だけを大きくすることですので、そのほかの部位の脂肪は筋トレでしっかりと引き締めておきましょう。

筋トレを始める前にストレッチをする

いつもスマホを見つめていたり、デスクワークの時間が長いと肩甲骨周辺の血流が悪くなってしまいます。

姿勢が悪い状態が続くと、肩こりや手足の冷えに繋がるだけでなく、バストにとっても良い状態とは言えません。

筋トレを始める前に、まず肩甲骨をほぐしてくださいね。

肩甲骨ストレッチはとても簡単で、手で両肩を持ち、肘をぐるぐると回すだけです。

外回りと内回り各5回ずつでストレッチ完了ですよ。

合掌ポーズ

バストアップに効果的な筋トレとして有名な合掌ポーズは、ご存知の方も多いかもしれませんね。

大胸筋という、いわゆる、胸板を鍛える筋トレで、胸部の中で最大の筋肉です。

この部分を鍛えることでバストを支え、つんと上向きのバストを作ることが出来ますよ。

1.胸の前で両方の手のひらを合わせ、肘が水平になるように維持してください

2.押し合うように力を入れ、息を吐きながら10秒間キープします

3.リラックスします

4.これを1セットを15回として、2セット行ってください

膝付き腕立て伏せ

一般的な腕立て伏せとは異なり、膝をついて行いますので初めて筋トレを行う方でも気軽に行えますよ。

1.肩幅より少し広めに手を置き、床に四つん這いになります

このとき足は上げたまま

2.手と肘が同じラインになり、肘が垂直の状態のまま、上半身を下ろします

3.頭・背中・腰が一直線になるようにイメージして、固定しましょう

4.1セットを15回として、2セット行ってください

リバースプッシュアップ

ベンチディップスとも言われるこの筋トレは、小胸筋を鍛え、二の腕を細くする効果が期待出来ます。

小胸筋とは、肩から脇にかけてある細長い筋肉のことです。

バストを内側に引っ張っている役割を担っているので、小胸筋が鍛えられていれば自然な谷間や綺麗な形のバスト作りに役立ちますよ。

1.椅子の前に座り、手は肩幅くらい開き、椅子に手を置きます

2.体重を手の力だけで支え、お尻をゆっくりと下ろしていきます

3.10センチほど上下運動を繰り返してください

4.1セットを10回として、2セット行ってください

タオルを使った肩甲骨の筋トレ

肩こり解消にも役立ち、脂肪燃焼効果も期待できる筋トレです。

フェイスタオルを1枚用意してくださいね。

1.タオルを両手で持ち、肩の上あたりまで上げます

2.そこから息を吸いながら頭の上に真っすぐタオルを上げてください

バンザイをするような恰好になります

3.息を吐きながら、タオルを首の後ろに下げます

4.1セットを10回として、2セット行ってください

ダンベルフライ

1㎏~1.5kgの重さのダンベルを用意してください。

持っていなければ、ペットボトルに水か砂を入れて代用することが出来ますよ。

1.仰向けに寝転がり、肘が肩の横にくるように手を広げます

2.両手にダンベルを持ち、直角で両手を上げます

3.弧を描くようにダンベルを持ち上げ、両手を身体の上まで上げます

4.1の状態に戻ります

5.1セットを10回として、2セット行ってください

筋トレを効率よく行うためのポイント

仕事が忙しいから毎日筋トレが出来ないという方や、体力がないから続くか心配という方も多いと思います。

しかし、筋肉を作るためには休息日があった方が、筋力アップに繋がりやすいので、毎日続ける必要はありません。

筋トレをして筋肉痛になった経験がありますよね?

それは筋肉が傷付いているからなんですよ。

そしてその傷付いた筋肉が修復されたとき、前より強く大きくなるのです。

この回復期間を設けることで、効率よく筋肉をつけることが出来ますので、筋トレは1日おきのペースで行ってくださいね。

痩せ型の人の胸が大きくなる方法は?<マッサージ乳編>

胸が大きくなる方法 痩せ型
筋トレを並行して行いたいのが、マッサージです。

マッサージをすることで乳腺が刺激され、乳腺の発達が促される効果が期待出来ますよ。

おっぱいの脂肪は乳腺を守るためにありますから、乳腺が発達すればするほど、バストアップに繋がるというわけなんです。

また、乳腺の発達は女性ホルモンの分泌を活性化させる効果も期待出来ますので、さらにおっぱいが大きくなるのです。

血行促進効果もありますので、食事で摂取した栄養素がしっかりと行き渡りますので、筋トレがお休みの日でもマッサージはしっかりと行ってくださいね。

マッサージの方法をご紹介する前に、より高い効果を得るためのポイントをご紹介していきますね。

おっぱいが大きくなるマッサージのポイント

  • ・手順はいつも下から上、外から内へが基本
  • ・バストアップ用のクリームやオイルを使用すると、マッサージがしやすい
  • ・デコルテやわきの下は特に意識的に行う
  • ・マッサージのタイミングはお風呂上りか入浴中が良い。入浴中ならボディソープを使ってマッサージをすることが出来る
  • ・生理開始~排卵日までは女性ホルモンが多く分泌されるので、この期間は特に集中的に行う
  • ・バストはデリケートな部位なので、優しいマッサージを心掛ける
  • ・マッサージはそれぞれ1分~2分程度、1日1回の頻度で良い

谷間を作るマッサージ

1.手を胸の前でクロスさせ、胸の外から内へ、おっぱいを持ち上げるように円を描きながらマッサージします

2.胸のカップを潰さないように、優しくタッチしてください

おっぱいを中央に寄せ、ボリュームアップするマッサージ

横に広がったバストを、中央に寄せ全体的にボリュームアップするためのマッサージです。

胸が離れていたり、垂れている人にオススメですよ。

1.両手を脇の下に置き、背中から脇腹あたりの脂肪を中央へ流します

2.おっぱいを抱え込むように、持ち上げます

3.これを10回ずつ繰り返してください

乳腺の発達を促すマッサージ

乳腺の発達を促すことは、バストアップには欠かせません。

女性ホルモンの分泌が増え、おっぱいに脂肪が付きやすくなりますので、ぜひ試してみてくださいね。

1.左右どちらかの胸の下に手を置きます

2.両方の手を使い、下から上へ優しくすくい上げるようにマッサージします

3.おっぱいの下にある脂肪を引き上げるようにして、左右両方行ってください

4.手のひらが肌から離れないように、優しく行うことがポイントです

まとめ

ここまで痩せ型の人の胸が大きくなる方法についていくつかご紹介してきましたが、いかがでしたか?

まずは健康的に太ることを目標として、筋トレやマッサージを行いながら、しっかり脂肪を増やしていきましょう。

痩せ型の方にとっては、胸が大きくなる方法だけでなく、冷え性や胃腸虚弱を解消する方法にもなりますよ。

この記事を書いている人 - WRITER -