おっぱいを大きくする方法をはじめ、胸・おっぱいを大きくするクリームやブラ、サプリメントをご紹介しています。おっぱいを大きくするツボ・マッサージ、筋トレ、食べ物・飲み物・食事などバストアップのお役立ち情報が満載です。

胸を大きくする方法として太るのはあり?なし?胸は大きくなる?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

小さなバストに悩む女性は多いと思いますが、胸を大きくする方法として太るということは効果的なのでしょうか?
太るとおっぱいが大きくなるという噂を聞いたことがあるけれど、本当かどうかわからない!という方のために、その真偽について調べてみました。

また、元々太っているのに、胸が大きくないという方はどうすれば良いのかについてもお話ししていきたいと思います。

バストアップを目指したい女性は、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

胸を大きくする方法として太るのはあり?

胸を大きくする方法 太る
太ることでバストアップに繋がるという噂を聞いたことがある方も多いと思います。

女性の乳房は、90%が脂肪で出来ており、残り10%は乳腺と言われる母乳を与えるための器官が存在します。

身体全体が太ることで、乳房にも脂肪がつき、胸が大きくなるというのは当然のことだと考えられるのです。

痩せているスレンダーな女性は、胸が小さい傾向にありますが、余分な脂肪がないのですから、胸が小さいのにも納得ですね。

ですから、胸を大きくする方法としてスレンダー体型の方なら、太るのはありだと言えます。

具体的に言うと、体脂肪率が20%以下の方ですね。

体脂肪率が20%以上の方の場合、胸を大きくする方法として太るよりも、胸を残して痩せる方が結果的にバストアップに繋がることがあります。

エストロゲンは脂肪でも作られている

乳房は90%の脂肪で出来てるので、太って脂肪を増やすことで胸を大きくすることが出来ますが、ただ太れば良いという話でもありません。

残り10%の乳腺がしっかりと発達していなければ、胸に脂肪がつきにくいのです。

なぜなら、胸の脂肪は乳腺を守る役割を担っていますので、乳腺が発達していなければそれほどの量を必要としないのです。

太っているのに胸が小さい女性は、乳腺があまり発達していないと考えられますね。

つまり、胸を大きくする方法として太るという選択肢は有効ですが、それには乳腺の発達も重要となってくることを忘れてはいけません。

では、乳腺はどのようにすれば発達を促すことが出来るのか、気になりますよね。

乳腺の発達にはエストロゲンという物質が欠かせません。

エストロゲンは卵巣で作られる女性ホルモンとして知られる物質ですが、実は皮下脂肪組織でも作られているのです。

つまり、脂肪の量が増えば、それに伴いエストロゲンの分泌量も増え、バストアップに繋がるというわけなんです。

バストアップには血行促進も大切

身体の脂肪量が少ない女性は、冷え性になりやすい傾向にあることをご存知でしたか?

脂肪は冷えから身体を守る役割を担っているので、脂肪が少ないと冷えやすくなってしまうのです。

身体が冷えるということは、血行が悪くなりやすいということでもあります。

せっかくエストロゲンの分泌を促す成分を摂取しても、それが身体に巡らなければ思うような効果を得ることが出来ません。

栄養や酸素を胸まで届けることはバストアップに欠かせないことなんですよ。

体重を増やし、エストロゲンの分泌を促す成分の摂取を意識し、さらに身体が冷えないように注意しなければいけないことを忘れないでくださいね。

胸だけを大きくする太り方ってあるの?

胸を大きくする方法 太る
おっぱいが大きくなるようにと太ったとしても、胸だけを大きくする方法があるのならそれに越したことはありませんよね。

お腹やお尻、足など、出来るだけ脂肪をつけたくない部位はあると思います。

しかし、脂肪は生命維持に大切な部分からついていきますので、胸だけに脂肪を付けることは難しいと言えます。

上でも少し触れましたが、脂肪には身体を冷えから守る役割や、エネルギーを蓄える役割があります。

ですから、胸よりも生命維持に関わるお腹周りから脂肪が付きやすくなってしまうのです。

胸を大きくしたいのならどうやって太ればいいの?

ここからは、胸を大きくするのならどのようにして太れば良いのかについてお話していきたいと思います。

バストアップを目指すスレンダーな女性の中には「食べたくてもあまり食べられない」「食べても太ることが出来ない」と悩んでいる方も多いと思います。

スレンダーな女性に共通するのは、冷え性なこと、栄養が不足しがちなこと、女性ホルモンのバランスが崩れがちという点です。

これらに当てはまるスレンダーな女性は、胸を大きくする方法として太るというよりも、まずは健康的な身体作りを目指してくださいね。

不足している栄養を補う

スレンダーな女性の中には、「普段から食欲がない」「たくさん食べるとお腹を壊してしまう」など、食事に関することに悩んでいる方も珍しくありません。

しかし、身体にとって必要な栄養が不足していると、エストロゲンの分泌が少なくなり、乳腺の発達も十分ではなくなります。

乳腺が発達していないと、胸に脂肪が付きにくくなりますので、おっぱいが大きくなるということが難しくなってしまうのです。

スレンダーな女性に積極的に摂ってほしい栄養は「酵素」です。

バストアップに繋がる成分もありますが、まずはこの酵素をしっかりと取り入れて、消化酵素の働きを促すようにしてくださいね。

食べたいのに食べられない」「胃腸が弱い」というスレンダーな女性は、食べ物を消化する働きが不十分である可能性があります。

食べたものを上手に消化できないので、食べたいという気持ちがあっても小食になってしまいがちなんですね。

酵素は生の果物や野菜に多く含まれていますので、普段のメニューに取り入れるようにしてください。

食べる順番も意識する

スレンダーな女性が太るために必要な栄養素は、たんぱく質炭水化物脂質の3つです。

この三大栄養素をバランス良く取り入れることで、健康管理をしつつ太ることが出来ます。

特に炭水化物を先に食べると、血糖値が上昇しやすくなり、脂肪が蓄積しやすくなるのです。

ダイエットをする場合は、野菜を先に食べることで血糖値の上昇を抑え、脂肪が溜まりにくくしますが、これはその逆の食べ方になりますね。

効率的な栄養補給にはプロテイン

太りたい!と思ったからと言って、その日からたくさん食べられるようになるわけではありません。

少しずつ量を調整しながら、胃腸に負担をかけすぎないように食事をしなければいけませんよね。

そんな時は栄養補給としてプロテインがオススメですよ。

プロテインの主成分はたんぱく質ですが、炭水化物や脂質も含有されていますので、栄養補給にはぴったりなドリンクなんです。

太りたい人以外にも、高齢者の方や、体調を良く崩す方にもおすすめなんですよ。

プロテインは1日3食以外にも、朝と晩に飲むとより効率的に栄養補給をすることが出来ます。

栄養価が最も高いプロテインは「ホエイプロテイン」ですので、栄養補給を目的とするのならホエイプロテインがオススメですよ。

おっぱいが大きくなる食べ物には何がある?

胸を大きくする方法 太る

大豆イソフラボン

女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることで有名な大豆イソフラボンは、おっぱいを大きくするためには欠かせない食べ物です。

大豆イソフラボンには乳腺細胞を増やす効果がありますので、胸に脂肪が付きやすくなるんですよ。

女性らしい身体作りをサポートするだけでなく、お肌にツヤを与えたり、髪を豊かにする働きもあります。

大豆イソフラボンを含む食材は、納豆きなこ豆乳豆腐味噌汁などが挙げられます。

どれもスーパーやコンビニで購入することが出来ますので、毎日の食生活に取り入れてくださいね。

ボロン

ミネラルの一種であるボロンという成分の名前は、あまり聞き馴染みがないかもしれません。

しかし、エストロゲンの分泌を促し、濃度も高めてくれるので、バストアップ成分として注目を集めています。

ボロンはりんごキャベツぶどう海藻類ナッツ類に含まれています。

一つ注意が必要なのは、ボロンが熱に弱い性質を持っているという点です。

特にキャベツは茹でたり焼いたり煮込んだり、汎用性の高い食材ですが、バストアップ目的で食べるのなら生の状態で食べてくださいね

アミノ酸

バストアップに欠かせないたんぱく質を合成するために、アミノ酸を補うことも大切です。

アルギニン、オルニチン、リジンなどの成長ホルモンにアプローチしてくれますので、おっぱいが大きくなる働きが期待出来ますよ。

アミノ酸を多く含む食材は、牛乳豚肉牛肉鶏肉鶏卵さけカツオチーズなどです。

ビタミンE

せっかくバストアップに効果的な成分を取り入れても、その栄養が胸まで届かなければ十分な効果が得られません。

そのためにも、血流を促す働きのある食品も積極的に取り入れる必要があります。

かぼちゃアーモンドアボカド赤ピーマンモロヘイヤなどの食材は、血行促進効果だけでなく、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌を促す働きがあるんですよ。

さらに老化の原因にもなる活性酸素を減らしてくれるので、アンチエイジング効果も期待出来るのが嬉しいところですね。

たんぱく質

私たちの身体にとって欠かせない栄養素の一つであるたんぱく質は、筋肉や血、骨を作り、女性ホルモンの分泌も促してくれます。

動物性と植物性と、たんぱく質には2種類ありますが、胸を大きくする方法として食べるのなら植物性たんぱく質が良いでしょう。

しかし、どちらもバランス良く食べることが一番ですよ。

たんぱく質は鶏ささみマグロの刺身紅鮭豚ひれ肉さんまに含まれています。

筋トレをして太ることも大切

胸を大きくする方法 太る
太ることで脂肪を増やし、バストアップに繋げることも大切ですが、ただ太っただけでは綺麗な形のバストを手に入れることが出来ません。

おっぱいが大きくなると、それを支える筋肉も必要となってくるのです。

筋肉が少ないまま脂肪だけを増やし、太ったとしても、胸の脂肪を支えることが出来ないので垂れ乳になってしまいます。

それでは、美しいバストとは言えませんよね。

筋肉量が増えると、血行も良くなりますので、スレンダーな女性に多い冷え性も改善出来ますよ。

バストアップに効果的な筋トレをするなら、しっかりと栄養を補給することも大切です。

スレンダーな女性は元々、栄養不足の傾向にありますので、必要な栄養素をしっかりと補ってから筋トレに臨みましょう。

食事だけでの栄養補給が難しいのならば、プロテインを取り入れてくださいね。

それではここからは、バストアップに効果的な筋トレについてご紹介していきたいと思います。

合掌のポーズ

バストアップ効果のある筋トレとして有名なポーズですので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

1.姿勢を正し、腕の前で手のひらを合わせ、合掌のポーズをする

2.ゆっくりと呼吸をしながら、手のひらを15秒間押し合う

(手の付け根を押し合うイメージ)

3.これを5回で1セットとし、1日3セットを目安に行う

壁腕立て伏せ

バストアップ効果以外にも、二の腕を引き締める効果があります。

特別な器具も必要ありませんので、誰でも手軽に行うことが出来ますよ。

【参考動画】

1.壁に向かい腕を伸ばし、腕の長さよりも少し離れた位置に立つ

2.肩幅の広さで足を開き、肩幅の高さで壁に手を付く

3.息を吸いながら肘を曲げ上半身を倒し、1秒静止

4.息を吐きながら元の位置に戻す

5.これを10回~15回繰り返す

踵が床から離れないように注意する
手のひらの付け根に体重をかけるように意識する
お腹に力を入れ、体幹を固定する

膝付き腕立て伏せ

通常の腕立て伏せとは異なり、膝をついた状態で行うので、筋トレ初心者の方にオススメのトレーニングです。

大胸筋が鍛えられますので、バストアップだけでなく、バストラインを綺麗に見せることが出来ます。

【参考動画】

1.腕を肩幅以上に広げ、肩の高さで両手を床につく

2.膝を揃えて床に置き、両足は床につかないようにする

3.上半身を下ろしながら息を吐き、腕を伸ばしながら息を吸う

4.これを10回~15回繰り返す

※お腹が前に出ないように注意する
※頭の先からお尻までが真っすぐになるように意識する
※上半身を下ろすときは、肩甲骨が寄るイメージを持つ

インクラインプッシュアップ

インクラインプッシュアップとは、腕立て伏せの一つですが、手を置く位置が床ではなくベンチなどの高いところになります。

大胸筋をメインに胸周りの筋肉が鍛えられるだけでなく、大胸筋下部が鍛えられるので、美しいバストラインを作り上げることが出来ます。

1.ベンチなど床よりも高い位置に、肩幅に広げた両手を置く

2.上半身を斜めに倒し、頭からかかとまで真っすぐになるように姿勢を整える

3.そのままの状態で、腕立て伏せを10回~15回繰り返す

まとめ

ここまで胸を大きくする方法として太るのはありか?なしか?や、バストアップに効果的な食べ物、筋トレ方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

スレンダーな女性は太って脂肪を付けることで、バストアップに繋げることが出来ます。

体脂肪率が20%以上の方は、脂肪の量はすでに十分ついていると言えますので、太ることでおっぱいが大きくなる方法を試すのではなく、胸だけを残してダイエットする方法がオススメですよ。

ご自身の体脂肪率や体型に合わせたバストアップ方法を試してくださいね。

スレンダーな女性が無事太った後は、胸の脂肪だけを残してダイエットしなければなりません。

太るときも痩せるときも、体調管理には十分に気を付けて行うようにしましょう。

栄養バランスの取れた食事を1日3食しっかり食べることが何よりも大切ですよ。

この記事を書いている人 - WRITER -